【渋谷ヒカリエに吉野杉カウンター  】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【渋谷ヒカリエに吉野杉カウンター  】


先日、土倉庄三郎翁没後100年記念で
林野庁・農林水産省から、来賓でお越し頂いた方へのご挨拶と
その他の情報交換のために、社中メンバーと林野庁へと参りました。


「改めて、川上村のファンになりました!」
とは、
直接は口では言っていませんがw、
歴史を学び、技術を知り、人と出会い、感動を得たという感想をいただき、
色々と応援を頂いた声はやはり嬉しいものです。

同じく、本日は、
渋谷ヒカリエB3階リニューアルで、
「いろは(株式会社結わえる)」の新店舗ができ、
船井総研時代の同期の荻野社長に会いにゆきました。
寝かせ玄米はもちろん、新商品カレー、西粟倉の割り箸もあります。

彼も吉野のファンです。

彼を一度、同期の仲間で、
川上村に来て案内したことがあります。
まさかそのとき、こうやって独立して、食ビジネスを展開するとは
思っていなかったのですが、いまや、
いつも店舗出展や店舗改装で、木材を私に頼んでくれます。

その時の
彼の言葉が忘れられない。

「80年間、
 日本の農業、
 そして、
 日本の森林・林業の面白さを知らないで死ぬ人が多い。

 こんなもったいないことはない。

 吉野でこれだけ自分は感動した、
 いわんや日本の至る所はもっと面白いだろう。」


一度、足を運ぶ、体験する、経験するその大切さをと。
そして彼はこういいます。


「よい食を考えたら、
 器を考えるでしょ?
 だから、箸を考えるでしょ?
 だから、机もこだわるわけよ、だから、全国の素材のこだわるのは
 食べ物だけじゃない。」

と。

なによりも農産物は出口が大事で、
その補完財のつながりが、大事だという彼、林業も同じだろう

その商品だけでなく、ひろく消費者が求めていくものを捉え、
サービス展開をしてくれています。

吉野杉の巾はぎカウンターと、什器棚の一部を
吉野杉工房(木工センター)から納品させて頂きましたが、

木を通して繋がる、
食文化と森文化は二人三脚である

と、かれといつも話しています。

こういう異業種パートナーこそ重要であり、
その可能性を広めるため、現地にいかに来ていただくか、
そこが勝負となり、そして製品拠点を明確にしていくことが内部では肝要でしょう。
それはまた次に。


スポンサーサイト
編集 / 2016.09.14 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ