【 誰かへの林業ツアー(旅案内)は、自分軸の再確認。】
カテゴリ: 未分類
【 誰かへの旅案内は、自分軸の再確認。】

村にずっと住んでいた住民は、
自分たちの地域を「こんな田舎、不便」だという。

しかし、移住者の多くは、
コンビニまで車で20分、
大阪まで車で90分、これは「近い、便利」という。

比較とは、相対的なモノ。

そして、過去何処で暮らしてきたかという「自分軸」に寄りますよね。

そんな中、日常だけに埋没すると、
色々な発見や気付きが失われてきて、軸がずれてきます。
自分軸が揺らいでくる。

都市と田舎に対して、重心をどう置くかということです。

暮らし、仕事、子育て、医療・・・

金曜、土曜と
川上村、高野山と案内をいたしました。

そのお客様の感想は様々でしたが、

いままで
私自身が、
川上村の欠点だと思っていたことが、
長所と解釈でき、それをどうプラスに活かすかを頂きました。

いままで
高野山の長所に慣れ過ぎてきたことの反省も頂き、
次のアクションへおしりを押されました。

わたしたちの案内は、
必ず地元の方(技術者、役場職員、最近では移住者)を
紹介し、より深い話がお互いにできるように努めていますが、
一番大事なのは、顧客への提案、顧客の具体的アクションのヒントの提供、
掛け算、加工した情報の提供です。
あくまでもこれが大事で、フィードバックがあってこそ、
視察、体験、ツアーの意味があります。

しかし、何よりも自分自身のカイゼンにもつながるんです。

1.忘れそうな知識、新しい知識
  (あれなんですか?次は、答えられないとはいかない)

2.客観的な気づきをいただく。
  (自分軸を見直せるようになる)

という2点です。

もちろん

1)林業ツアーの位置づけ 【戦略的4つの事業】
2)林業ツアーのタイプ 【コンセプト】教育啓蒙型/営業促進型・・・
3)林業ツアーの品質  【戦術】集客/企画/運営/接客/アフターフォロー
4)林業ツアーのコンテンツ  【戦闘】体験/食べ物/学習(クイズ)/お土産…

とあるのですが、
そのあたり詳しくはまた研究会やセミナー等で・・・。
スポンサーサイト
編集 / 2016.09.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ