スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【集落単位から学びあう。灯台下暗し。  】

【集落単位から学びあう。灯台下暗し。  】

「灯台下暗し」というのはこういうことをいうのでしょうか。
近いところに宝がある。

今日は、役場職員から夕方に勉強会があるから、時間あったら
出てみてよ。とお声掛けをいただき、足を運びました。

第3回、川上村歴史講座

内容は、

・吉野林業の遺跡~木馬道(きんまみち)と割滝(わりたき)
・礫石経塚(れきせききょうづか)

について、(森と水の源流館 主催)N氏がプレゼンター
N氏の踏査と文献調査の結果をレクチャーいただき
ました。1時間ではもったいないくらい、未知なる世界へ
いざなわれた感覚となり、私の知らなかった村のあれこれを知ることができたとともに、
吉野林業についても吉野林業全書以外の、古い書籍を
コレクションされていて、これはこれは面白い!ということで、
「知ってるつもり」というテレビ番組を思い出しましたが、
まさに関口宏にやられた状態(古いかw)。

出会ってから16年になる川上村でも、
色々な人からもっと身近な人から色々な学びがまだまだある。
いわんやおや奈良県、他の全国や。

と思っていたら、
ちょうど3日(土)に、「NHK ええとこ」で、
高野山の特集をしておりました。
録画を見たのですが、それも高野山の山内ではなく、
いかに周辺集落が高野山(金剛峯寺や塔頭寺院)を支えてきたのか、
高野槇、野菜、和紙、・・・
お大師さまのために、お供えをしてきた地域。

いわゆる、旅番組のような、
観光的要素の強い光が当たり過ぎる部分ではなく、
歴史、文化、地域の成り立ちを脚本に取り入れているところが、
興味をそそられます。

http://www.nhk.or.jp/osaka/program/eetoko/past/20160903.html#now_program
(9月3日の内容はWEBでこちら)

実は、㈱トビムシ時代に、そのGENプランニングの
奥村氏とともに、その周辺地域の活性化の仕事をしました。
彼らを吉野・川上村にもご案内したのは5年前か。

集落、大事、地区、垣内(かいと)
色々な単位や名前がありますが、そういう灯台下暗しの
足元の自然、暮らし。

今日の川上村勉強会の資料でも、
右側に26の地区(大字)の立てに列挙されて書いてあり、
紹介した関係地区を黒塗りにして整理されていました。
そういう紹介の仕方も勉強になりました。

なお、
県民性なんて言葉ありますが、
市町村によって全然違う、
また
市町村だって
集落・地区によって文化が違う、

何も違いをつくることだけが取り出されるのでは
本末転倒ですが、
ブランド化、差別化にやっきにならず、
差異性とは何かという地域再生。

あしもとに、ちかくに、
もっと気づきがいっぱいです。

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。