【木曽川流域 木と水の循環システム協議会にて 講演  】

【木曽川流域協議会にて 講演  】

木曽川流域 木と水の循環システム協議会
http://kiso-linetopia.com/

というところで、講演をさせて頂きました。


有馬孝礼(東大名誉教授) 代表理事のご挨拶がありましたが、
一部、私の解釈で拾いますと、

>>>
流域で考える、
その思想が、現代にとって極めて重要だということが、
多くの方に伝わって来たのでしょう。

国産材(地域材)利用を通し、
やろうと思っていたがなかなかやれなかったことの想いが
一つ一つ実現していく。

そして、
熊本の震災を思うに、
いま大事なのは、連携であります。

二つの連携が必要です。

まず、
平常時の連携は、地域との関係性が重要であります。
異常時の連携は、専門家の全国グループなんです。

この
木曽川流域がどういう意味をもつか
これからの活動と連携が
水源地から需要地までの繋がりの意味をなすでしょう。

>>>>

とお話しされました。

改めて、
流域単位で考える、
その流域思想とは何か。

この考えに出あったのが、
地域づくりインターン時代に、
川上村で、講演をしていた岸由二先生から教わったこと。

町田に源流がある鶴見川、
その流域思想とは何か
足元の自然を大事にすることを指導していただき、
その後、実家の街だのすぐ裏の、鶴見川源流での
ボランティア活動に参加したのが懐かしくなります。

話戻りまして、
講演では、
地域材(国産材)利用というだけでは、
なにもブランドではない、差別化にはならない、
と強く伝えるとともに、その、流域が持つ意味、
伝えるべく森林生態学、地域経済学、その文化とは何か。

自分の講演でも整理してまとめてみました。

講演後、
林野庁の林政審議会の会長もされた
有馬先生と、実は初めて、お二人だけで、色々な話が出来ました。

改めてこの機会を頂いたことお礼申し上げます。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply