【国会すら騒がす「保育園落ちた」 問題 を 自分事化すると・・・】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【国会すら騒がす「保育園落ちた」 問題 を 自分事化すると・・・】


3月3日、娘の初節句。
今年度初めて自分に子供が出来て、
絶対この子のために、どういう未来を作ろうかって
AERAでアレルギー特集を読みながら・・・

こんなニュース

「保育園落ちたブログ」

が巷を騒がしておりますね。


子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからw
って言ってて子供産むやつなんかいねーよ。
不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。
オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。
どうすんだよ会社やめなきゃならねーだろ。


ってので、
待機児童がいかに多いかって憤りを、
某ブロガーが問題提起をしていて、

それに対して、国会で安倍晋三首相が、

「匿名である以上、実際本当に起こっているか、確認しようがない」

などと述べたてまたさらに炎上してるという話。

それで、

#保育園落ちたの私だ と 

全国各地の働く女性の声が出ているという国民の声が出ているという話です。

↓↓

http://matome.naver.jp/odai/2145690034532170601


みなさん如何感想をお持ちでしょうか。

私の知人で、

「安倍首相は、子どもがいないからダメだと」

「産める、産めない、コウノトリ、色々とあるけれど、
本当に日本の将来、日本の子供たちのことに対する
気持ちがわかっているかどうかといえば、
それはNOでしょ・・・。」

そう
いった理由が最初はピンと来てなかったけれど、
わからなくもないかなと思うように。

って、
私は、それで、
安倍さんを批判してるなじゃなくって、
やっぱり、ホンキって何だろうって思うと、
自分事化しかないのかなっていう意味合いで考えてみたい
というわけです。


だから、
それでも、もちろん苦労人は多いですが
金持ちが多い国会議員に、
全部が自分の体験して、その気持ちをわかれ!というのも
限界があるわけですが、
それは、私の場合は、
単純に、「友達が少ない」んだなって思うわけです。


偏った人間ばかりの集合体である私の大学の仲間。


結婚式に出ると、二通りいます。


1地元の友達が来ている結婚式と
2小さい時から優秀な進学校の仲間しかいない結婚式と

後者の人が、霞が関に行って
日本の農業がどうこうって、農林水産省にって・・。
本当に農業のこと考えるわけがない。

仲間のことを否定するわけではないですが、
そういうヤツが多い。

でも、そいつも私の友人でしてね。

んで、彼は、
農水省いったけど、辞めて、
現場に近いところへっていって、某市町村の役所職員に転職した。

(あ、優秀な現場想いの霞が関人もいますので、
 ある一部の話とご理解くださいませ・・・)

で、まぁ何が言いたいかって、
自分が経験するってことがやっぱり大事だけど
疑似体験でもいいけれど、
その人(国民のマジョリティー)の声を本当に受けて、
未来を考える行動をしないと。

それってシンケンに思える
だいじな「友達」がいるかどうかじゃないかな。


林業もそうでね、
ソトモノが騒いでいるのには
3つの学派があるように思うのです。


1可愛そうだから助けよう派
2マイノリティーな自分を愛する自己陶酔派
3環境問題ラブのエコロジスト派


地方再生、林業再生、
可愛そうだから、助けなきゃってやつと、

なんか、林業が好きとか、木材が好きっていっている
マイノリティーな自分が好きっていうやつと、

環境問題が好きとかいって、エコロジストぶっているやつと、

そんな奴らが多い。

本当に、憤りと好きと両方をもって、
志が違うんだ!っていえるのはどういひとか。


「古川君、
 ほんっと市況が悪くなって・・・・」

とずっと林業をやってきた人に、

「いやいや、イケます!」って軽く言えるのか。

・伐採作業中に死亡(24歳長野県)
http://www.news24.jp/nnn/news8846265.html

こういうことがある中で、
もういちど、一億層活躍林業なんて軽く言うな、
って自分に言い聞かしてみたわけです。

だからこそ、しっかり儲けましょう。
スポンサーサイト
編集 / 2016.03.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ