【無尽という信頼 今治市にて】

【無尽という信頼 】


無尽ってご存知ですか?
ラララ無人君じゃないです。
無人じゃなくて、無尽です。

この日(12日)、今治には、
「無尽(無尽講)」という相互扶助の地域活動を支える仕組み
があると初めて聞きました。

自治会のような規模でやる共済のようなものですね。
でも自治会とは違って、有志グループが融資するというか。

みんなでお金を集めて、弱いものを助けたり、事業者に貸し借
りをしたり、またそのお金で旅行や飲み会にいったりとするも
ので、情報共有をするグループそのもののことも無尽といい、
その仲間で行う飲み会(情報交換の場)のことも無尽といいます。

信用金庫、相互銀行、地方銀行の基となった金融形態でもあり、
愛媛銀行の前身は愛媛無尽(株)というとのことです。

日本では、
今治以外に、会津若松市と甲府市に残っているとのことですが、
今治では、割賦取引が初めて始まった場所とも言われ、つねに、
小さい事業者が真剣に生きてきた証があるといい、また瀬戸内
海の外へ向いていたこと、造船など世界に目を向けていたこ
となども地域特有の文化としてこの無尽が残っているとのこと。
など教えて頂きました。

ゆえに、今治市には、小さな居酒屋が町の至る所にあり、
チェーン店や大手が入りにくい場所とも。

この日(12日)は、地域づくりでお世話になっている法政大学
の准教授と、FC今治の取締役とで、情報交換&諸々の談義。

点が線に、線が面にと
地域スポーツの在り方、自治とは何か、農協の在り方まで
教育とは何かと、非常に楽しい時間を頂きました。

林業事業者はPL(損益計算書)で考え、
山林所有者はBS(貸借対照表)で考える。
しかし、山林所有者がCF(現金勘定)で考えすぎたから
林業はダメになったのでは!?という話題など・・・・。

サッカーでいえば、
地域クラブは、スポンサー集めと収益事業と、
その理念の共有は!?

あっという間に時間が過ぎましたが、
改めて、地方創生とかの一番が大切なことは、
自治とは何かという事。

①地域での活動とは 
②相互扶助の精神とは
③独自の共済(金融)とは

というところがあっての話しであること。もちろん暮らしの
中での、ビジネス話はもちろん大事だが、それだけでなく、
信頼とは何かを再確認しました。二宮尊徳の思想にもありますね。

まさに、
顔の見えない都市銀行にお金を預けることでもなく、
共感だけで共通の汗が見えないファンドの世界でもなく、
もっと身近な信頼とは何かということ。

今治の無尽から教えて頂きました。

そうそう、寄付金で集めて作った
ガンバ大阪、吹田市の新スタジアムも昨日(14日)、
こけら落としでしたが、
FC今治にいた、元日本代表の山田卓也選手は、今度は、
奈良クラブへ移籍ということで、近くになりますし、
面白くなりそうですね。

それでは、今週もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply