【四月は君の嘘(漫画) 】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【四月は君の嘘(漫画) 】


勧められた本を読む人2割
そのうち、その本の感想を書く人2割
そのうち、自分事化して自分に活かす人2割

2割×2割×2割は0.8%(約1%)

だから、
勧められた本を読んで、その感想を誰かに伝え、自分事にするだけで、
おおよそ100人の1人の人材になれると、
某経済評論家がおっしゃっていました。


「四月は君の嘘」

アニメ界、ネット界は、君嘘と略すその漫画は、
1~11巻で完結するもので、
その完成度が素晴らしいと絶賛され、熱狂的なファンが多い。
私は漫画本でしたが、
あっという間にその世界に取り込まれてしまいました。


川上村でのビジネスマッチング交流会で
ある参加者が、

「ビジネスをビジネスで学ぶことも大事ですが、
 この漫画は面白い!
 必ず、伝え方、感じ方、そのヒントになるから
 是非、皆さん読んでほしい。」

と。

それ以上のことは言わなかった。
詳細は知らなくてよかったと思っています。
さっそくすぐ買いまして、昨日、11巻をすべて読みました。


漫画本の帯にはこうある。
>>>
母の死をきっかけに、ピアノを弾けななった天才少年有馬公生。
目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色を失っていた。
だが・・・14歳の春、一人の少女との出会いが少年の運命を変えていく。
暴力上等、傍若無人、そして個性豊かなヴァイオリニスト・宮園かをり。
少女と過ごし日々は、少年の世界をカラフルに色づけていく
>>>

といっても文字で伝わらない。

漫画の描写力、過去と未来と現在の混ぜ方、
そして、誌的な言葉たちが素敵すぎでした。


「自分の足で、走り始める」とは何か?

「僕は旅に出る」

「音楽には、言葉が要らない繋がりがある」

親の教育とは何か、親のエゴとは何か、
親のレールを歩くことから、自分が走るとは何か。

何よりも、主人公が、

「君は自由だ」

と、その女の子にいうときに、

「いや、音楽が自由なんだよ」

と返すシーンは、
過去のトラウマ、常に規律や決まりを守る
生き方をしてきた少年にとっていかに解き放たれる瞬間だったのか。

モノクロな人生をカラーにするのは、
人のために思うことなのか、
過去からの呪縛から解き放たれる時なのか、

努力とは何か。
ライバルとは何か。
背中とは何か。もちろん、恋とは何か。

勧めてくださった方に感謝です。

11巻、アニメ動画をみるのもいいですが、
実写版は今年9月公開予定なんですね。
スポンサーサイト
編集 / 2016.02.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ