【あるゆとり世代の主張。~持続可能って何だろう~】

【あるゆとり世代の主張。】



3つの経済主体といって、
政府、家計、企業とはいったもので、
公民で勉強しましたが、
巡り巡るお金の動きと暮らしの流れを押さえねばなりませんよね。


・「政府(日本)」が持続可能であること
・「企業(事業)」が持続可能であること
・「家計(家族)」が持続可能であること

それに、加えて
もっと近いところでは、

・「地域(地方自治体)」が持続可能であること
・「集落(暮らしの単位)」が持続可能であること


これらも加わった
5つの視点の持続可能というものが大事です。

これらって相互関係があるんですけど、
別々に考えてしまいがちですよね。

で、その持続可能の法は5つとも同じようで異なります。


それは、

・愛着の度合い
・収益の度合い
・(お金を除く)資源の度合い
・持続可能の「時間」定義の違い
・好循環サイクルの速度の違い
・法律から家族のルールの違い

色々とあります。


「俺は地元に愛着はないんだ!」っていうひとでも、
使命感にはあふれ、地元(実家)の稼業を継ぐものもいる。

ある人は「地域には金だ!経済だ!」と叫ぶ。
ある人は「企業と地域の理論は違う、暮らし方をみろ」という。
ある人は「自治体や政府や税金の動きを見ながら、お金を考えろ」という。

今日はちょっと40代の先輩が、
20代に若いメッセージを送るということがあった。

<パターンA>

20代のX君「地元が疲弊しているのは、金がねぇからだ!
      儲けなきゃ!どんどんお金なんです!」

40代のYさん「いやいや。若いな、わかってねぇな。」

っていうのが一般的ですが、
正しい先輩としての対応は、そうじゃない。

40代のZさん「もう俺らの時代は終わった、あと5~6年だ。
      若いセンスが必要だ、ガンガンと挑戦してほしい。
      そのときに金だけじゃないというのもみえるけど、
      とにかく走って欲しい!」とエールを送る。


<パターンB>
20代のX君「地域の活性化は、自治と集落と暮らしであって
       お金じゃないと思うんです!」

40代のYさん「おめぇ、わかってねぇな。
       お役立ち=お金なんだよ。」

っていうのが一般的ですが、
正しい先輩としての対応は、そうじゃない。

40代のZさん「そうだね、いい意味での、ゆとり世代的考え方は大事だ。
      我々の世代は無理してまで、働いてお金にした。 
      だから違う価値観を創っていくという動きは大事だ。
      そのやり方で、どこまでお金は要らないんだ!?
      って走ってみればいい、子どもができたりして困った時また教えるから」という。


今日は、そういう時間がありました。

凄いこわもてなんですが、いつも愛のあるレクチャーをしてくれる。
クライアントがクライアントを育てるというか。

持続可能とかいうけれど、
結論、
それは、
すべては人と人との「信頼づくり」にあるということだった。

お互いに、厳しく。
いつも、ありがとうございます。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply