【東京ミッドナイトタウン】
カテゴリ: 理念と利益

ルイビトンをブイリトンとといったり、アルマーニをアニマー
ルといったり、まったくブランドに疎かった自分は、東京ミッ
ドタウンも東京ミッドナイトタウンといってしまう。失礼。

今日は以下に参加した。JDB(日本デザイン連盟)が毎月送
るデザイン演会と交流会。毎月、デザインに関する様々なテー
マで行われる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「東京ミッドタウンにとって、
  デザインはどんな意味を持ち、これから何を目指すのか」

プロジェクト起案から6年半
-責任者:市川俊英氏に中西元男が聞く

講師:市川俊英氏
三井不動産(株)執行役員、
   東京ミッドタウンマネジメント(株)社長
日時:2008年4月2日(水)18:30~20:30
場所:東京ミッドタウン オフィス棟5F. DESIGN HUB
会費:予約参加 3,000円
    当日参加 4,000円
    ※学生割引 いずれも1,000円引
お申込先:日本デザイン事業協同組合事務局 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本の地域、日本の森林を豊かにするために六本木へ足を運ぶ。
「六本木」の風を感じて、森林に活かすなんてえらそうなこと
いいながら、東京ミッドタウン初体験、笑。

ちょと迷子、ちょっと遅刻。Oさんに久しぶりに会って案内されれば、
あの人やこの人もと、中西先生の一派と久しぶりに出会う。

話しは本当に魅力的だった。

旧防衛庁の跡地を1800億円で購入した三井不動産の事業戦
略について、「まちづくり」「デザイン」(理念)「事業性」(利益)と
いう視点で市川氏が約1時間、お話をしてくれた。

最初に、現在の形になる前のコンペティションにおける各社の
「設計図」には、こんなもの、あんなものもあったのかとビル
好きにはきっとたまらないだろうモノを魅せていただく。

このプロジェクトはマスターアーキテクトの下に、アート専門、
ランドスケープ専門、照明専門、インテリア専門と各種の建築
設計デザイナーがバラバラであり、かつそれも同時に計画し実
行していったという。合意形成が一番難しいなか、投資家にと
って最大の効果たるべく「ビル収益性」について、あのリッツ
カールトンが何故、賃貸なのか、あのフロアが何故あの構造な
のか、そのあたりも詳しく話しを聞けた。

また隣接する都立檜町公園や都営地下鉄の地下鉄入口の建
物などすべてにわたって「三井不動産」が投資して、ランドスケー
プやデザインを意識した形で再整備を行った話をきき、10haの
ミッドタウン(公園含む)のうち4haが緑であるとは驚いた。

緑化面積は、旧防衛庁時代の2.7倍といっていたか、防衛庁
時代の木々も40本、大きな樹木は残して再植林している。ち
なみに江戸時代、毛利家の中屋敷があったところなので、その
庭に檜が多かったことから檜町公園ともいうらしい。また発掘
された毛利家屋敷の石庭の石組みを、現在の散歩道の石壁に使
われているというから、またシャレている。

そうはいっても若干「あそこは気に食わない笑」なんて社長が
いうあたり合意形成の難しさを知る。二点の調和、収益性とブ
ランド力に苦労されたように思えた。

収益性アップ
 ・賃貸面積を増やす
 ・工期を急ぐ(1ヶ月遅れるだけで○○億円の損失)
 ・建築コストを下げる

かたや

開発ブランド力アップ 
 ・デザイン、景観
 ・緑の面積
 ・テナント力

など、その部分での合意形成やプロジェクトの進め方、そして
そのために行った当初デザインからの変更のうえの3棟のビル
の床面積の割合など、ここにはかけない「なるほど」を頂いた。

結局こういう妥協点になりました、と計画と結果の「図」を見
せていただくと、なるほどだからこう変わって、こうなったの
かと学び多かった。

交流会で社長と名刺交換をして少しだけ話しをしたが、その時


「合意形成の難しさあったけど、
      収益性の担保(確証性)が一番大切ですからね。」

その中でブランド力、地域とのふれあい、緑、エネルギーコス
ト削減、電線の地中化、道路幅の拡大など、公的部分の改善も
やっていったのだから極めて理念美しく感じた。

機能(収益)とまちづくりとしてのデザイン(理念)。その実行。
そして賑わい。ミッドタウンの裏話をたった3000円できけたの
はありがたい。その後、何人かの知り合いに久しぶりに出会い
、ゆっくり話をした。

毎月やっているので、ぜひともこのJDB(日本デザイン連盟)
るデザイン演会と交流会

ちなみに
http://www.som.com/
コンペにマスターアーキテクトは
Skidmore Owings and Merrill, LLP- という会社。だそうです。

スポンサーサイト
編集 / 2008.04.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ