【やっぱ利益でしょ?やっぱ理念でしょ?のよき成長スパイラル。 】
カテゴリ: 理念と利益
【やっぱ利益でしょ?やっぱ理念でしょ?のスパイラル。 】


利益至上主義の人がいる。
その人に対して、
「おまえここまでこいよ!」
と素晴らしい理念のもとにビジネスをしている人がそういう。

で、利益至上主義が飽きて、
あれ、確かに、何のために働いているんだ?
と社会的責任をもったビジネスに変化させ、
理念経営を目指す、すると、ついスピードダウンする。
で、また、
「おまえ、ここまでこいよ!」
という新たな大先輩に出会う。
それは、理念も利益もどんどん最高のスパイラルへと
なっている人からの声だ。

そのプロセスの中で
「別に、利益なんてどうでもいい、
 別に、自分が幸せであればいい、
 別に、相手からの評価は気にするな」

という考えに出会うこともある。
それも間違いではない、
しかしそれを妄信(猛進)しすぎると
負のスパイラルになる。
正のスパイラルになるにはどうしていくか。

若手林業ビジネスサミットというのがある。

全国から若者が集まり
毎年50人近い参加者が集まって、
学び合い、語り合う、2泊3日の若手林業ビジネスサミット。
今年で第5回で京都。

私は第1回の、@高知
の時にゲスト講師という立場で参加しましたが、
今回は、最後のワークショップとまとめの部分に
参加して、お疲れ会に参加。

私なりにまとめると3つの価値があるようだ。

「志のマジメント」

若手林業ビジネスサミットの価値をそういった
実行委員のひとり。

なるほど、
心が折れそうになったとき、改めて見直す場であると。
これは大きい。遠くの同志と集まって、語り合う。
また頑張ろう!と思えるのは大きな場づくりだ。

そして、もうひとつ、
林業に対する「多角的な喜びの発見の場」
持続可能な環境、地上資源の利活用、山林所有者の苦労、
地域ごとの歴史と文化、木材そのもの価値と触れ合い。
「理念」の醸成というか。


そして3つ目だが、
それぞれの特別な地域や場(高知→東京→北海道→高山
そして京都)という場にて、ビジネスの現場を知り、
自分なりの事業や、自分のいる組織での役割を再発見し、
仕事に活かす。


なかなかいいバランスである。
5回ごとにそのバランス(重きをどこに置くかが)
違うようだが、
それぞれの若手も、

3)ビジネスチャレンジ層

2)自発的PR推進層

1)林業興味層となっていて変化している。


それでも最近の若い子は、

「市場規模(事業規模)の拡大に価値はないという」

人が多い。

自分なりの規模、自分のやりたいスピードでやりたいと。

・そう言っている間に、世間はどんどん変わっていくこと。
・「私の方が先に知っている」ということに価値がないこと。
・顧客に評価されてこその価値であるということ。

林業は確かに広がりがある。
トータル林業、フリースタイル林業、キーワードはたくさん。

それが、
価値観のシェア、
価値観の拡大ということが目的化されすぎている
そこに事業化のプロセスをぬいては、

私はまだまだ
その背中を見せられていないという反省にもなった。

理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言

ということに対して、自分自身が気を引き締めて。

私こそもっと結果に拘らねばと
今週も頑張りましょう!!

ワールドカップラグビーだって勝ったから注目されたのだ。
仮想市場に、勝たねばならないのである。
スポンサーサイト
編集 / 2015.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ