【世代ギャップというのでなく、仕方ないことなんです。】


先日、Facebookやtwitter上でにぎわっていたのが、
タモリ司会の某音楽番組で、Xjapanが、テレビ出演し、
「紅(くれない)」を謳ったことについて

「これって、野球の応援歌だと思っていたら、
 Xの唄だったんだぁ~」

ってビックリした人たちが多くいたんですっ。。

いやいや、
ビックリしたのは僕ら世代で、
10代20代とのギャップに驚いた。

おいおい野球応援歌ってそっちはあとからだってのに
Xに失礼やないかって!?


そういえば、思い出しましたね、
僕の目の前をある家板、
ランドセルしょった小学生たちが、


「清原って知ってる?
  西武ライオンズで大活躍してたんだって?」

「えぇ、ホント!?知らなかった~!」


っていう会話を耳にして、
ビックリした、っつぅ話をしたら、
うちの社員(22歳)が、きょう

「え!清原って西武の選手だったんですか」

ってもう、驚きを隠せません。


いや、ようするに、
ジェネレーションギャップっていうことなんですが、

永作博美が、ribonってのにいたって知ってる?
とか
田中好子が、キャンディーズって知ってる?
いや、そもそもその人知らないし?!

なんてのも・・・。


「知らない」「知ってる」って
確かに、興味があるかないかということでもあるが、
確実に、時代(年齢)によるものも多いんですよね。

いや、

興味がある、なし、でなく。
知らないんです、知ってるんです。
それは、世代(年齢)なんです。

だからね、

林業関係のおっさんたちが、

「昔はこうだったんだ、
   和室が木が売れなくなってねぇ」


なんてのを聞くとね、

あぁこれもひとつのジェネレーションギャップであって、
キヨハラやXジャパンへの「認知」と一緒だなと。

そういうおじさんたちに、

「最近の子供は、
 キヨハラが西武にいたこと知らないんですよ?」

「へぇ、そうなんかぁ」

「ほかにもこういうことがあって(いくつか事例)」


「だからね、
 林業が昔こうだったとか、
 もうおじさんたちの世代では、
 そういうもんだってのでしょうがないんですよ。

 認知として、世代(年齢)が違いますから・・・・」


っていって、笑ってもらえれば価値(勝ち)です


私自身にもいっているんですよね。


知っているか知っていないかでなくって
そういう世代かどうかっていうことなわけですが、


若い世代のことを知ってるんだ!
って、強がったりせず、もうそれはそれで、
仕方のないことですから・・・。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply