【流通を飛ばせばいいのですか?  】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【流通を飛ばせばいいのですか?  】


メーカーの直接取引が増えると
流通の取引領域とのバッティングする。

自分の顧客の顧客を開拓することで、
自分の顧客を食うことになるといったこと、
カニバリズムとかいうが、

「俺の仕事を奪う気か!」というところです。

いつも思いますが、

・価格が不透明なまま
・努力なき意味不明な領域争い

それでは市場の活性化はありません。

いまだに
木材の世界でも、日本酒の世界でも、古い体質が残るところは
メーカーが販売をしてはならない。
流通を通すことというルールはありますが、

背に腹を変えられないという理由で
メーカーが直接取引をするのではなく、

そもそも

・価格の不透明さ
・サービス展開の努力のなさ

を変革するとすれば、
必然の動きであるわけです。

ただし、いつも思いますが、
ただ、流通を飛ばせばいいというのは間違いです。

与信管理は?
ストック機能は?
在庫調整は?
運送に関することは?

等など絶対に必要な仕事があります。
それは、どこかでやらねばなりません。

直接取引が増えました、
コストが下がりました、

そうじゃなく、

意味のない、市場に撤退すべく、
努力をしない、流通を飛ばすべきですが、

改めて、


1.仕入れ(原価)+調整費用
  ⇒ここの金額の「納得性」と「明朗性」

2.流通事業者として
  与信、ストック、物流のサービスの充実化

3.顧客と共に「仕入れ」と「見込み顧客」づくりを
   サポート&同行する。

ということを
しているかどうか。

それを全くしていない人は、撤退して頂きたい。

ある流通店の販売先に、
とあるメーカーが直接販売し、
今までの取引を脅かされることがありました。

それに対して、結果、
流通店の強みを改めて見出し、
サービス強化をすることができた、という
経験がありましたが、

やはり、
適切な競争が起こることで
サービスが進んでいく。


流通がどう、
業界がどう、とかでなく

市場についてサボっているところは撤退されるべきです。

林業などは、
弱きものを助けるという補助事業があることで、
本来は、
撤退すべくプレーヤー(事業体)まで市場に残っている。
これが大きな問題です。

もういちど
横綱に立ち向かう力士のように、
戦う素地を作っていきたいと思っています。
スポンサーサイト
編集 / 2015.07.23 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ