【まちづくり と 父の日。 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【まちづくり と 父の日。 】

「今日は何の日でしょうか?」

夏至ですね・・・と季節の話から始まり、
では、

「昨日は何の日でしたか?」ということで、
「父の日」とは何か「父」とは何かというお話を
させて頂きました。

今日は、まちづくり協議会でのプチ講演でした。


カッコイイお父さんって

1 家族でのお父さん
2 仕事でのお父さん
3 地域でのお父さん

って色々な顔があるものです。昔は、仕事で、家族で居場所が
ないお父さんも、地域では大活躍で大人気だったり、それは、
自治活動はじめ、子どもへの遊びや野球を教えたりとか・・・。

私の原体験としては、
ひろっぱで遊んでくれたあの友人のお父さん
サッカーをおしえてくれたあのおっちゃん。
に育てたられたという実感があります。

高度成長期、昭和後期って、なぜか、お父さん(男)ってのは
仕事で大活躍しているだけがカッコイイという風潮になって、
仕事がうまくいかないと、家族での居場所もなくなって、さら
に「地域コミュニティ」が崩壊した地域社会では、ますます、
地域で活躍する場もなく・・・。

色々な「お父さん」があったんですよね。

私も、父の顔ってのは、何パターンも見てきたわけではなく、
で、葬式の時に初めて、色々な方が来て、「あなたのお父さんに
こうしてもらってね」なんて話が出て、あぁ、父にはいろいろな
コミュニティ(行き場、立ち位置)があったんだなぁって
気づいたものです。

話戻りまして、
それでは、いま「まちづくり」っていうのは、
どういう定義でしょうか。

いま、すぐ近くにある里山、広場、
そこで子どもにかっこいい活動、外の人がうらやむ活動って
何だろうか。

人生は思った以上に短い。

家族での立ち位置、
仕事での立ち位置を終えた後、

好きなこと!得意なこと!で地域での立ち位置(マイビジョン)
を作り上げつつ、地域での立ち位置を再定義。

それが、おっちゃん、おばちゃんたちの「まちづくり」

素敵な女性がいらっしゃった。
季節と共に、食と暮らしを作っていく。
今回の、運営委員会でも、ご自身が山からとって来た
サルトリイバラの葉で、柏餅を20個、人数分つくられて
お持ちされた。美味しかった!


「私(女性60代)はね、
 昔の お婆ちゃんに 教わったの。

 私は、仕事が忙しくて、忘れかけたけど、
 ようやく仕事を引退して、いま、
 また改めて、こういうことをやって、

 みんなにこの楽しさを伝えていきたいの。」


味噌をつくる、(トチ)餅ち・柏餅を作る、
叔父さんたちは、山を綺麗に、美しく、ツリーハウスをつくる等。

女性も社会進出し、新しい生き方が求められている中で、
男性も、女性も関係なく、
人生プランのうえで、
「家族・仕事・地域」でのかかわり方を
きっちり、マイビジョンが立てられているかどうか。


かっこいい60代が増えていくこと。

ビジネスにするしない、事業と雇用はその次の話。
まずは、さぁ、旗を立てよう。楽しもう。
スポンサーサイト
編集 / 2015.06.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ