【実行玄人、発想素人で、地域の組織は発展する。 】

【実行玄人、発想素人で、地域の組織は発展する。 】


「うちの会社は、新人を入れられない」
「うちは即戦力(中途採用)しか入れられない」
「人を育てるには手を止めねばならないし、
教えることで経費がかさむ。」

といいます。
しかし、それゆえに儲けられないということもあるということ
を気付かないとなりません。


儲かってから人を雇うのではなく
この人を雇いたいから儲けていく。
(こんな人と一緒に仕事をしたいから、儲けていかざるをえない)
という感覚か。

たとえば、
プロジェクトチームを作るとき
以下4人をいれるべしといわれています。


・大局でマネジメントできる人(リーダー)
・時間をマネジメントできる人(タイムキーパー)
・知識(技術)のプロフェショナル(実行玄人)
・発想(着眼)のプロフェショナル(発想素人)

もちろん零細企業であると、これすべてができる
リーダーがいることが理想などいわれるが、まぁ難しい。

だから4番目のいわゆるアホという新人が入ることで、
発想素人からの気付きが多く得られ、教えていく中で
改めて停滞した組織にいた人が実行玄人になる。

という好循環です。

経営の根本。
「人」です。

即戦力もいいですが、
色々な人が出入りする組織を受け入れること。

業界がテータイしているのも
発想素人を受け入れる勇気がないだけなのかもしれません。


業界って言っている時点で
その定義をしているから古いんですけれどね。


とある人(ワカモノ、バカモノ、ソトモノ)が

「○○というプロばかりの前で、
講演の依頼があったんですがどうしましょう」

と、ありましたが

「私は素人です。素人発想しかしてません。
 この素人の話が皆様プロの息抜きと何かに一部でもお役に立てればと
 幸甚ですと、いい切ればいい」


素人、玄人、
ビジョンを基にあれば、どっちも大事と思います。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply