【10年 戦う。 】

【10年 戦う。 】


「○○のおかげだよ」

そのひとことだけで救われる。
いや、苦労のかいがあったと思われる。

一般的に、仕事には、色々な喜びや嬉しさがあるものです。

・自己(技術)の成長
・仲間(組織)の成長
・商品(サービス)の完成度
・顧客(業者・住民)からの感謝
・給与(賞与)の獲得

それには、
・夢とコンセプトやビジョンの共有があって
・日常の変化 を感じられるオペレーション
ということが大事です。

で、経営コンサルの仕事としては、
このバランスと重量感により、会社の現状に対しての処方箋を
どうだすべきか、事業計画をどうすべきかということのヒント
にしています。

それでも、
個々人のモチベーションというものが
組織を大きく規定します。

その中でも、やはり「ほんっとに君のおかげだ、君の会社の
おかげだ」といわれることが、次の原動力になり、そのため
にもっと努力しようと思えるものです。

とまぁ、ここまでは当たり前かもしれませんが、
最近思うのは、大事なのは

「どのレベルで」「いつ」言われるかというところです。

「ほんっとに君のおかげだ」

大して頑張ってないのに言われてもうれしくないですし、
毎度、毎度いわれても、重みがないし・・・。

そこで10年やり続ける、10年戦うということの大切さ。
あるいは10年前のことが10年後に評価されるということ。


林業編「10年前にあの間伐をしてくれれよかった」

仕事編「10年前のあの仕事、あの価値が今わかった」


みたいなことが社会人10年、
林業関係で同じことを
ずっとやってきた最近いわれるようになりました。

「あの頃からずっと議論と実践を繰り返してきて、今がある。」


評価とは何か。

今の評価?

私自身、ようやく(というかまだまだ)社会人経験で10年です。

この週末、道後温泉で、
10年の付き合いになるね!というお客様の社員旅行と
偶然に、松山に、いあわせ、語り合いました。

やり続けてこその感謝という世界がある。

だから
その評価は、いまでなく、
もっと先にあるかもしれない。
絵画のように死後かもしれない。


小さな実績(成功)の繰り返し、ブレナイ自分で突き進むこと。
顧客に対しての信頼を得ること。

10年戦う。
さぁ次の10年がスタートする。

28歳→38歳(船井総研、アミタ、トビムシ、古川ちいきの総研)
私は、社会人スタートが遅かった分、もっと貢献しなくちゃいけない。

今週も先週より成長していきます。
それは「明日やろうはバカやろう」で
きっちり毎日コツコツやることの積み重ね。

ですね。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply