【ステージにあった持続可能。 】

【ステージにあった持続可能  】


研究会の懇親会で、
若手営業部長のAさん → 別の地域の別の会社の社長のBさんへ、

「理念とかCSRとか言えるのは、利益が十分にある大手こそ。
儲からないうちから、言ってられないはず。それで社長(親父)とぶつかってます。」

と話し、

それを受け、Bさんは、

「分かります。でも、理念とは、社員のためにあるとも思えます。
どうやって人を束ねるか、その事を考えています。」と。


持続可能とは何か。

みなさんそれぞれに定義があることでしょう。

1 物理的な環境。
2 社会的な仕組(しくみ)。
3 経済的な金繰(かなぐり)。

どれもが(変化しつつ)永続性を持つことです。

どれもが欠けてはならないし、ざっくり利益と理念のバランス
が大事です、とはいいますが、では、ベンチャー時は?第二創
業時は?安定期は?そして、息子等への事業継承の時はとなり?

どこに力を入れるかは難しいものです。
いや、それが経営の楽しさです。

小さな会社は、人材の癖に合わせ、一人一人を見ながら組立て
いくものですが、会社が大きくなるにつれ、社会的な仕組みを
事業関係者、顧客、地域住民等とどう作っていくか。

毎月一度の経営実践研究会では、
やはり親戚経営とは何かという議論によくなります。

土曜は、弊社も含め第二創業期とは何かという議論になりました。


「定住しなくていいんです。」
(西粟倉村、協力隊募集メッセージ)
http://nishihour.jp/events/challenge

これは西粟倉だから堂々といえる言葉。
これをすぐまねしようとする人がいてビックリしたのです。

ある意味、
これは第二創業期な定住促進のメッセージです。

経験者と非経験者とが融合していくと
次のステージになるが、単に真似することはなく、
あらためて
「自分たちの強み(特徴)」とは何か。
「立ち位置」とは何か。

自分たちの地域に即した持続可能とは何かを考えて

理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言

さぁ、チャレンジ!
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply