【人材育成なんてするな!?中小零細企業 人材育成4つのポイント。】

【人材育成なんてするな!?中小零細企業 人材育成2つのポイント。】


久しぶりに
ビジネスパートナーA氏が弊社大阪オフィスに来客されました。

新入社員2人には、ある意味刺激的だったことでしょう。


世間話から、ビジネスの厳しさまで幅広く話題は多岐にわたり、
いわゆる「林業」「山村」にはない、ビジネスライクな人間関
係の怖さやお金の脅威。


「仕事は、入金まで」

組織に入ると、毎月当たり前のようにATMに給料が入る。
そういうものではないということ。

40分ちょっとの時間でしたが、普段に学べない視点を色々と
しったことでしょう。
Aさん、ありがとうございます。


よく人材育成、人材育成といいます。

会社で抱えた人材を「研修」「OJT]だと言葉だけ走り、
なんとか自前で育成しようとする。

それだけでは
足りません。

ある二人の社長の声を紹介します。


ある社長は、「人材育成だなんて、やるもんではない。」
殆どが、どう育ってきたかで決まるんだから、大事なのは、
素直、プラス発想で、能力があり(努力できる素地があって)、
気骨ある人材をいかに採用するかだから、
採用がすべてなんだ。

という。

ある社長は、自前で育成するという考えではなく、ある程度の
ビジネス基本を得てからは、顧客、仕入先、事業パートナー、
色々な人との出会いから、学びをえるように、自分だけに
染まらぬよう、色々な人に育ててもらうことが大事なんだ。

と。


2人の社長のおっしゃることと、
人材教育の大切さ等を含めると、



1)採用がすべてであるということ。
2)基礎研修(理念共有・基本マナー)は自前できちんと。
3)皆師匠、色々な方から学べる環境を用意する

といったことが肝要かと。

クライアント企業の兄弟会社で
Facebookに上げられた新入社員研修の
集合写真(約10名)はイキイキされていました。


私自身も船井総研で「○○やりたい!」といって入社し、
1年目で「お前はサル以下だ」と怒られ、基本から徹底して
厳しく育成していただき、色々なチームの仕事をみたり、
きいたり、外注先の営業担当に教えてもらったりして、
いまの自分がいるわけです。

そして、大事なことは、

4) この人材をこのレベルまでに仕立てたい、という
  キャリアプランに到達させるという経営者の覚悟。

これが示せないとなりません。

人罪 コピーを取ってきてと依頼してもまともにできない
人在 コピーを取ってきてといわれてもなかなかやらない
人材 コピーを取ってきてといってしっかりやる
人財 いわれる前に動き、コピーを取って、データベース化する等。

それでは、
自分自身も改善。改革の毎日を。
本日もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply