スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【うちは他と違う!ほかの事例を持ってくるな!という人へのメッセージ 】

【うちは他と違う!ほかの事例を持ってくるな!という人へのメッセージ 】


このたび素敵な方にまた出会いました。

さて、一般に、いわゆる土建屋さんが林業に参入するようになったのは、
最近のことで、「林業には道づくり!」といった林業政策によるものであるのですが、
しかしながら、なかなかうまく参入しているところは少ないのが現状です。

しかし、私が出会った方々の中で
成功されている方のポイントは、

1.土木建築の技術のみならず林業(森林資源)への愛着がある。
2.本業(土建)と兼業(林業)との経営バランスがある。
3.行政と林業者とのパイプができる
   リーダーシップが取れる人がいる。

この3つによるでしょう。

今日は、欧州型林道を、総長6キロはすでに作ってきた、
土建業かつ林業の社長に出会いました。

Facebookではすでに友達でありましたが、やはり出会うと違いますね。
オーラ、熱意、行動力、将来性というか。尊敬致します。

以下、
その社長の新たな林道へのチャレンジという
「欧州型林業モデル林道構築への取り組み」という
文章より抜粋します。

>>
なぜ、ドイツの林業を学んだのかの理由についてですが、
まず、殆どの人は日本とドイツは違うといいます。
地形が、地質が、土壌が、雨量が、生態系がと。

そうではなく、なぜ、そうするのか、
そうしたら、どうなっていくのか、
なぜ必要なのかをしっかり考え、
実証してから評価してほしいと思います。

ただ言われた通り真似するのはではなく、
よく考えればこそ、本当の意味が分かるはずです。
この思想たるものを持つことが大事。
できない理由を一生懸命見つけて並べるのでなく
いまできることは何があるか、
いま何をすべきか、少しでもポジティブに考えるべきではないでしょうか。
そうしなければ、今の林業は何も変わらないと思います。

地域で努力する建設業が、その地域社会を守り、
盛り上げ、地域の安心、安全のために必要な公共事業
(道や森林)も担っていく必要があると思います。

今その時期に来ているのではないでしょうか。
「新しいことを始めるより、古い考えを捨てることの方が難しい」
だからこそ、今確実に考えて、そして進むのです。

株式会社長瀬土建 代表取締役長瀬雅彦
>>>

http://nmasa423.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
長瀬氏ブログ「異業種参入から学んだことは・・・」。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。