【地域ビジネスは、競争しながら、協奏(共創)する。 】

【競争しながら、協奏(共創)する。 】


多様性が市場を生むというところに、
成功の鍵がある
と私は思います。

色々な人を受け入れ、広げる。
協奏(共創)しながら、競争する。
競争しながら、協奏(共創)するといったほうがいいでしょうか。

田舎、山村、
とても小さい市場(マーケット)の中で、
ソトモノが新規事業を興す
または、地域主体に対するその支援事業を興すことにおいて、
重要なのは、その小さい市場でも、まだだれも手を付けていない、
誰もつけられないところから始めていくというのが、
礼儀でもありマナーでもあるのみならず、結果的に信頼を得ていく。

3つのしごとがあります。

① 既存組織(会社)支援型のしごと
② 既存組織(事業)横串型のしごと
③ 新規事業(商品)創造型のしごと


とあります。

で、いきなり③をやるとですね、

既存プレーヤーが
市場が小さい故に「私の仕事を奪うのか!?」となりがちです。

過去にはよくありました。

それは「役割」を明確にしないソトモノが悪い。
喧嘩したってしょうがないものです。

①の前に大切な「人間関係」をつくってかなきゃっていうのが大事です。

でもっ!!

やはり、
・協業と体験(一緒に汗かいて)、
・結果(理念と利益)の共有があって、
・その次に事業と雇用となるという順番が大事であり、

最初に、雇用だ!と突っ走っては、成功が遠のくものです。

動いて、動いて、結果出せばいいんです。
伴走して、同伴して、協働して、どんどん。

競争しながら、協奏(共創)する。
すると結果的に形になるんです
最初から形にしようとしたら個性が生きない。

もろんゴールの共有は大切なこと。

市場(潜在ニーズ)をつくる⇒事業(顕在ニーズ)をつくる

ってのは当たり前のこと。

長所伸展、力相応一番主義、時流適応。

どんどんとやってみることです。

で面白いことに、気付いたら、あれもこれもと進んでいる
振り返る暇はなくっ理想に向けて走りますよ~。

仲間が増えてきており、
内外問わず、とてもとてもいい感じです。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply