【トータルフットボール⇒トータルフォレストリーのススメ 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【トータルフットボール⇒トータルフォレストリー  】


日本で唯一の、
林材ライターK氏が
初めて弊社オフィスにいらっしゃって
色々な話題を頂きました。

仕事として、
文章を書くことで大事な視点は、
とは何かという議論がありました。

私なりにまとめると2点ありました。

1)科学的根拠が多いか少ないか
2)プラス発想が多いか(否定的マイナス発想か)

この2軸は、とても大事だということを、
思い出させていただきました。
2)に対しては、合理的であればよいと考える人もいますが、
合理的な批判によって事が好転するかどうかは、
読み手の属性(性格や業界気質)によるものですが、
マイナス発想は、なかなか広がりが得られません。

理想は、科学的根拠もあってプラス発想。
でも、批判的だったりする人が多いよねっていうのは、
非常に多い、林業業界(涙)。

で、たとえば、
「なぜ国産材が売れないのか」という論調は多いが、
「なぜ、あの2割の業者は国産材が売れるのか」というのが私の仕事だろうな。

基本的にはそういうもんだと思うし、
そういう仲間(顧客)と一緒に戦うのが楽しい。

そういう意味では、
私は、トータルフットボールがモデルです。

当時、1974年のワールドカップで、フォワードは攻撃、ディフェンダーは守備って
しっかり分けられていた時代に、「ポジションが流動的で、
且つ全員攻撃全員守備」を生み出した、オランダ代表のサッ
カーは世界を震撼させた。

「美しく勝利せよ(ヨハンクライフ)」は有名だ。

すなわち、
理念(指針)も利益(勝利)も大事という中で、
例えば
雨で林業ができないときは雇用をどう確保しようって考えるんじゃなくて、
トータル林業でいけばいい。
6次産業化とかいうんじゃなくって、
守備も攻撃もする。
(もちろん専門はあるが)
調査も積算も加工も販売もする。
トータルで戦い、美しく勝てばいい。
トータルフォレストリーとでもいおうか。

そして、最近もう一つ思う事。

○○式とか、○○型とかって、つくるから思考停止になる。
あくまでも、一つの仮説。その仮説を自分なりに加工して、
新しい「自分型」をつくるのが王道。

さらにいえば、○○式とか、○○型とか、そんなんで派閥
を作るなって思うのことが多い。
手段が目的化している。

なんとも小さい。

もっと、広い視野で、高い理念をもって
そして目の前の利益をきっちり上げていきたい。
結局、いつも自分への喝なんですが・・・。
スポンサーサイト
編集 / 2015.03.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ