【プロとかアマとかの、共有コミュニティからのビジネス発展】

【プロとかアマとかの共有コミュニティとは】

林業に限らず

1)プロ
2)アマチュア
3)素人(ボランティア)

という構造がある。

Jリーグ100年構想がなぜよかったかというと
この下層であっても
強くなれば、キッチリと上(J1)までつながっているということ

すべての層で、地域づくりの理念と共有しあうことは大きい。


J1のプロ(あるいは引退した人)がたまに
下層リーグで、オフで、
週末サッカーをやったりして息抜きをしたり、
たまに、コーチをしたりというのもある。
子どもから大人まで。

私は、
農林魚業において、
労賃根拠の曖昧性や上昇しないという問題があるが、

それは

1)地域の理念がよわい
2)プロの定義づけが緩いところにあろうと思っている。

昨日は、吉野チェーンソーアートの見学へ。
現地研修でお世話になっていた福本氏の
チェーンソーアートのすばらしさはしってはいたが、
現場の講習しているところに行くのは実は初めて。

ここのツリーハウスは面白い。

http://yoshino-shizai.com/

ここで、こう聞いた。

★林業のプロいわく「我々にとっての息抜き(楽しみ)です」
★都会の参加者いわく「素人にとっての元気の素(楽しみ)です」


2回目にしてだいぶ上手な情勢の参加者もおられた。


このゾーンが
プロと素人&アマの共有ゾーン
すなわち新しい場づくり、
今風に言えば、コミュニティ。

こういう接点があるから
プロはすげーってのがわかるし、
賃金は高いと納得させしめられる。
プロ野球も。

ちょー太い木を伐ることが
いかにプロフェショナルか。

○○親子は、圧倒的技術力がある 
プロの世界だけでなく、しっていくこと
それが、大事。

吉野チェーンソーアートの
理念については、また別の機会にお話しできればと思うが、
久しぶりに福本さん、そして梶谷さんとゆっくり
色々とお話が出来たのはよかった。

(吉野郡の全域で色々と若手&技術連携をしていくことで
 みえていくものがありました)

さて、林業との接点を、
小さなところから、
色々な形で、多数に増やしていく予定です。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply