【出会いの方程式。 】 
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【出会いの方程式。 】 

出会い=天運×地運
    =受入力(素直)×発信力(勉強好き)×展開力(プラス発想)

「最近、出会う人が、みな、旧知の仲のように思う事が多い」

なんてことありませんか?
40歳を過ぎてくると、もうそういう人としか出会わない。
といわれています。

ひとつに
自分と違うな~と思う人を拒否しない受け入れる力、包容力。
がありながら、発信力もないといけないとは思いますが、

まず、
人生を大きな転機となる「出会いの波」というのがあります。

それは、ある人がいうに人生で3回といいます。そしてそれ
は、今後の人生を大きく変えていくものです。

それって、人生にモテ期が3回あるといわれ、「そんな~(ち
がうでしょ)」って思う人がいるのと同様、自分でその運をカ
タチに引き寄せたかどうかが大事なのですが・・・。

確かに、出会いの波、ってのは、人物に出会い、またそれが
恐ろしいほど、畳みかけて、続いていく「時期」があります。

社会人になって考えるとして、
私の場合は、2000年川上村に行ってから後の1~2年間の1回。
そして船井総研から転職するかどうかのころに1回だろうか。

3回目は、まだこれからかなとおもって、いますが・・・。
いつ来るかなと思っていて、まだ、来ないように願っている笑。

もちろん、自分が素敵だと思った出会いの波に呑まれていて、
失ってしまう人物もいますし、また、大切だと気付かないで
素通りしてしまう人もいます。でも、魚とりの箱のように、
海面にはいっぱい泳いでいて、いま見えるひともいれば、
またヒュっとその硝子のフレーム(枠)の中に入ってくる
こともあります。

常に、一期一会を大切にということでもありますが、ただ、
40才を過ぎてくると、「昔から知りあいだったんじゃないか」
と思う人の出会いが多いと先輩から教わる。

さらにいえば、炭焼き職人であるH氏いわく
「もう、そういうひとしか出会わない」という
出会いの波を超えた、究極の必要必然なる「緩やか」で、でも
いたって普通の出会い。

技術でいえば、名人ではなく、達人の領域だということ。


私は人生には2つのステージとゲームがあると思っています。

1つは、発言権獲得ゲーム (攻撃体) 凡人⇒名人

1つは、求心力創造ゲーム (自然体) 名人⇒達人

で、先ほどの話は、
出会いが達人化するということなんでしょうけれど、
なぜそうなるか。

それには強烈な原体験が必要でしょう。

だから前世にも会ったことがあると感じるのは、
現世というか過去の共通体験がもとになっていることなのです。

しかし、
それは、「手放す」というフェーズにいっていないと
なかなか共感性が高次元に行かないのです。

5)手放すという領域。

それは、欲と主張の執着のゲームら、解放と手放しのゾーンへ。

実は、伝えたい、本を書きたい、弟子を作りたい、
そういうことは、ひとつの恐怖と欠乏感からきていると教わりました。

これは大切な感覚です。

Facebookであぁだこぉだと持論を展開する
でも、伝えようとして伝えなくても伝わる世界になった時
初めてマーケティングの不要論というか、無力感をしる。

そこの共通体験は、破壊と手放しであるということです。

みなさん、ゲシュタルトの祈りはご存知かもしれませんが、
それは、万人に伝える言葉でなく、努力から破壊、破壊から解放へ
向かうという領域にいる人たちのための言葉です。

http://www.ieji.org/archive/das-gestalt.html


結局ね、
欲や独占や
「努力の先にある破壊」そして解放ということ。

努力の先に報われるなんてウソですよ。
絶対、DNAで勝てない人がいるんだもの。

だけど、そしたら、現在に一生懸命努力している人に
努力しても無駄って、言えますか?

違うんですよ。

努力の先にある破壊があって、そこにおける執着から
解放された自然体という生き方にたどり着いたとき、
初めて「あぁ生きてよかった」というステージになるのだと。

ただね、
あんたそれで満足してるの!?
っていう弱い虚構の「悟り感」があるってのは、
やはり私は、努力と破壊、欲が足らないのであって、
感謝と尊敬ってのは、破壊を経験した人でなければ言えない。

時間軸で、まとめてみると。


1)共通の原体験がある

2)自分と意見が違うと思う人を受け入れながら出会う(素直:受入力)

3)自己形成が一つ確立してくる

4)発信をするようになったから似たものが集まる(勉強好き:発信力)

5)破壊から手放しの領域へ (プラス発想:解放力)

すると出会いの方程式が一つ完成する。
今日もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
編集 / 2015.01.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ