【町田 タヌキ専用のトンネル 】

【タヌキ専用のトンネル 】 



東京都町田市成瀬の市道の真下に小さなトンネルがある。
両脇の山林をつなぐ「タヌキ専用トンネル」だ。
住民の要望で1994年に設置された。市によると、
「タヌキ専用のトンネルは世界初」とか。


まさに「平成狸合戦ぽんぽこ」の世界。
「町田に逃げるぞ~」という逃げたところも市街化されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141221-00000021-mai-soci


ちょうど1994年といえば、私が高校生の時。
同じく町田市の小山町では私の実家の裏山が
どんどん削られ、ノウサギ、タヌキの死骸をよくみた。

市街化調整区域とは、野生動物の
死骸化調整区域かとおもった。

いろいろな保護活動だけに目が向きがちだが、
そんな人も都市化にあやかった暮らしをしている。
共生のひとつのかたち、タヌキ専用のトンネル。



税金の無駄遣いといわれてきたかもしれぬが、あれから20年、
共生とは何か、いまになり評価されうる存在。

「今」も、もちろん大切だが、
20年後に評価される仕事。
そういう仕事(志事)をしてみたい。

自分にとってのタヌキはなんでしょうか?
自分にとってのタヌキ専用のトンネルってなんでしょうか?
皆さんはどうでしょうか?

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply