【町田 タヌキ専用のトンネル 】
カテゴリ: 理念と利益
【タヌキ専用のトンネル 】 



東京都町田市成瀬の市道の真下に小さなトンネルがある。
両脇の山林をつなぐ「タヌキ専用トンネル」だ。
住民の要望で1994年に設置された。市によると、
「タヌキ専用のトンネルは世界初」とか。


まさに「平成狸合戦ぽんぽこ」の世界。
「町田に逃げるぞ~」という逃げたところも市街化されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141221-00000021-mai-soci


ちょうど1994年といえば、私が高校生の時。
同じく町田市の小山町では私の実家の裏山が
どんどん削られ、ノウサギ、タヌキの死骸をよくみた。

市街化調整区域とは、野生動物の
死骸化調整区域かとおもった。

いろいろな保護活動だけに目が向きがちだが、
そんな人も都市化にあやかった暮らしをしている。
共生のひとつのかたち、タヌキ専用のトンネル。



税金の無駄遣いといわれてきたかもしれぬが、あれから20年、
共生とは何か、いまになり評価されうる存在。

「今」も、もちろん大切だが、
20年後に評価される仕事。
そういう仕事(志事)をしてみたい。

自分にとってのタヌキはなんでしょうか?
自分にとってのタヌキ専用のトンネルってなんでしょうか?
皆さんはどうでしょうか?

スポンサーサイト
編集 / 2014.12.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ