【山から、最終製品までの送る旅 吉野杉 ぐい呑み 】 

【山から、最終製品までの送る旅 】 

本日は、
川上村⇒連合会⇒大阪オフィス⇒京都の桶屋近藤という
動きを取りました。


http://oke-kondo.jimdo.com/


「吉野杉のぐい飲み!」というのをfacebookを通して、
吉野中央木材の石橋氏から教えて頂いていたので、
彼の提供した連合会(川上村)の吉野杉の材から、とても
オシャレで可愛らしい商品、いや作品。

川上村⇒連合会⇒吉野中央木材⇒桶屋近藤

ということで、本日、京都の仕事が夜に入っていたので(結果、
雪で延期)、さらに京都市北区役所のすぐ近くでしたので、
実際に、会いにゆきました。

四畳半の工房には、
見たこともない工具がたくさん広がっていました。

近藤さんは、大学卒業後、ご縁で、すぐこの世界へ。

約10年の修行の元、独立されたということですが、
杉、椹、高野槇などを使った、桶を、
文化的歴史ある商材として作り続けるのみならず、
現代風にアレンジして、新しくデザインしたものまで幅広い。

とても、優しく、丁寧に、素晴らしい方でした。

吉野杉がこういうところに使われているということで、
ぜひとも、杉の湯等で、贈答用に扱ったらどうなるかなど 
たくさんの妄想。

せっかくのご縁、一つ買わせて頂きましたが、
美味しいお酒と丁寧にゆっくり飲んでみたいものです。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply