【持続可能な森林】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
朝、東京は雨だった。電車が遅れて飛行機15分前に羽田空港
着。ギリギリだ。飛行機内でもノートパソコン広げて仕事をし
ながら、あっという間に空港へ。電車、レンタカーとわたり、
コバルトブルーの海を見ながら途中からドンドンと山へ。

4年前の台風で死者が出た土砂災害の現場は、まだ家屋が潰れ
たまま残されていて痛々しかった。

九州の某森林組合。
今日から5箇所廻る。


今日はさすがにレベルが高かった。国際基準の持続可能な森林経
営を認証するFSC認証制度を前提にしてつくったオリジナルの
森林経営診断表にもとづいて現状ヒアリング。


経済面、社会面、環境面、法令面、そして経営管理、組織面に
おいてとにかくレベルの高さを目の当たりにした。全国の森林
組合のなかでこれだけの経営力(利益も理念もある故の持続可
能性)は、今日の一箇所はここが大学だとすれば他は小学校で
あるくらいの差があった。


例えば、環境において、生物多様性や外来種の取り扱いについ
て聞くヒアリング項目があるのだが、それに対しても意識&知
識が深い。一般の森林関係者は「まず、カネありき、そうじゃ
なかったら環境のためだなんていえないよ!」という人が多い
なか、ズバリ経営の中で「環境意識」が高く、その形式知化(
文書化)とその伝達ができている。そのトップから二つの言葉
をご紹介。

「私たちは、たくさん
          外のいろんな人のご意見を取り入れています。」


「いまのそれでもプロだと思っていない、
           経営力においては民間に比べたら
                    全然レベル低い」

「ようやく産業としての林業だけでなく
         環境としての林業が
          利益ともつながることが見えてきています」

素直
勉強好き
プラス発想

もちろん後継者問題、担い手問題、台風による土砂災害、木材
需要の低迷、価格低下、すべてがマイナス要因がやってきてい
ても最後は、素直、勉強好き、プラス発想が勝っていく。


民家

今日宿泊した民家
スポンサーサイト
編集 / 2008.03.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ