【震災後10年 (中越地震) 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【震災後10年 (中越地震) 】

ちょうど長岡にいた。
今年は、中越震災から10年となる。

長岡花火も8月2日3日が土日となり、
イベントがたくさんあるという。

この日、
全国植樹祭前日事業として
全国林業後継者大会だった。

副知事のご挨拶を紹介したい。

====
みなさん、こんにちは。花角(はなずみ)です。
この度は、林野庁長官沼田様を始め、来賓の皆様、
全国各地の林業関係者の方、多数お越しいただき、
第65回 全国植樹祭
第43回、全国林業後継者大会を
ここ新潟県で開催できること、誠に嬉しく、
県民を代表しまして、主催者の一人として、
ご挨拶を申し上げたいと思います。

みなさん、ご記憶にあると思いますが、
平成16年に中越震災がありました。

それから10年の節目の年です。
震災で多くの山が傷つきましたが、全国からの温かいご支援があり、
現在、再び、ふるさとが豊かな緑に包まれており、
皆様に心からの御礼を申し上げたいと思います。

みなさん、ご存知の通り、森林は、水源を涵養し、
洪水や山崩れを助け、二酸化炭素を吸収し、そして、
人の心を癒すなど、大変大きな力があります。
それは、森林を整備し、残していくことで、
森林資源を有効に使い、そこで生きて、暮らし、
多様な機能を維持しながら、地域経済をつくり、
持続可能な社会を作っていく、これは大切な責務であります。

それには、林業を担う人たちが育っていくことが大切なのです。

「ひとの繋がり、森の力で、希望の眼を育てよう!」

これをテーマに、若い人たちが、
未来への林業の希望を共有できるように、
この大会が敢行されば意義深いと思っております。
========


そこで、
94才の祖母の家も
当時84才、実は、家に大きなひびが入り、裏の石垣が崩れた。

そんな祖母に今回も会ったが、印象的なことをいった。

「震災後10年経って、
 長岡は、色々なイベントをするようだが、
 まちおこしだかなんだか知らないが、
 まちは無理におこすもんじゃない、
 日常の暮らしがしっかりできること
 それが一番じゃないかね、大輔」


ちょうど7月、父の7回忌となる。

その父の母が、私の著書を読んでくれた。喜んでくれた。
その感想を書いた長文の手紙をいただいた。

毎週AERAを読む元気な祖母。
長岡はやはり特別な場所だ。

スポンサーサイト
編集 / 2014.05.31 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ