【船井幸雄 会長(名誉顧問)が亡くなって 】
カテゴリ: ポエム(詩)
【船井幸雄 】


19日、船井総研創業者、船井幸雄氏が亡くなった。


私のビジネス基礎はここで築かれた。


「すべては船井総研から学んだ」と自信持って言える。


素直、勉強好き、プラス発想(必要必然)といった精神論。

長所伸展・時流適応・力相応一番 といった経営基本姿勢。

ランチェスター戦略によるシェア理論、マーケティング概論
といったビジネスナレッジ。

あとは、即時処理とかレター法といった行動基本。


結局すんごく基本的なことばかり。


27歳の博士課程で拾ってくれなかったらどうなってたろう。
社会人1年目で28歳だった。


地域再生・林業再生がやりたい!といって入った自分。


でも、最初の仕事は鉄骨マンション販売など・・・。

正直イヤだった。


だけど、まず「素直・勉強好き・プラス発想」
批判的合理主義だった自分がボコボコにされた。

船井総研の先輩にマネジメントして頂き、
川上村から始めて仕事をしたのは、2年目になってから。

いまは亡き、
川上村のFさんが
私を呼んで林業協議会でプレゼンをさせて頂いたことから、
広がりが始まった。

それは、
船井総研の力やナレッジのおかげであった。

船井幸雄、
銀座松屋、TORAY、ダイエー、イトーヨーカドーと
いった大手のコンサル事例も多いが、

基本は、地域一番店といった中小企業の味方だった。


「変身商法」「船井流経営法」は名著だ。

そうそう、彼が宗教っぽいって話がある。

それは、3つある。

1)EGOから始まるヒーローは必ず最後はFOOLになるものだから。
2)クライアント競合から、講演で刺されそうになった経験があるから。
3)経営コンサルタントの最大の敵が「占いや宗教」だったから。


ということ。


最後の3つ目は、なかなか興味深い。


どんなに客観的な提案をしても

「私は、神様を信じる」

といい、クライアントの社長が違うことを行ってしまう。
そこに勝つために、易学、占い、宗教を学んでいったという。

また、
経営コンサルという会社で、日本で初めて上場したのも、
隣にたまたま座った某銀行役員から馬鹿にされた「憤り」から
だった。

直接、
船井会長に会って話をしたのは3~4回だろうか。


その時の、ブログが出てきた。
これから、吉野が面白くなるというアドバイスを頂いていた。


http://daisukefurukawa.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html
 船井会長とのツーショット


そう、
いま自信を持って自分は
船井総研を卒業したけれど、船井流を踏襲していると思う。

それがあって、アミタ、トビムシという世界で仕事ができた。

5年間在籍して改めて思う。
あの時辛かったこともあったけど、船井に入ってよかった。

感謝しきれない。

そして、ご冥福をお祈り申し上げます。
やっぱりすごく悲しいです。

スポンサーサイト
編集 / 2014.01.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ