【政策と政務 (猪瀬氏から学ぶ) 】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【政策と政務 (猪瀬氏) 】


町田に住んでるといった猪瀬氏。

最後(最期)に、こう話されましたね。


「政策に精通していればよいと思っていた。
 政務を行うのは私はアマチュアだったと思う。
 反省している。」

そう伝え、そして辞職されました。


辞職の理由をうまく論理のすり替え的な話で持っていくことは
おいといて、ただ、詫びて、辞められるっていうのは、なんだ
か羨ましいものです。

経営者は、そう簡単にやめられることはないものです。


本日のコンサルご支援。


グループが集う全体の戦略会議。

1年間で企業というものがこうも変化し、
新たなにデザインされていくのかと、
私も嬉しくもありました。

次のステージ、次のステージと課題も一杯ではありますが、
この日の、忘年会にて、


「戦略は、
あればよいと思っていたが、
それは戦略ではなかった。

理念があったようだったが、
それは理念ではなかった。

それらは、すべてが、
浸透して、実務として、結果が出て、
そして初めて、意味がある、
それを実感した1年だった。

今回のプロジェクトを、
多忙を理由にやらない、ではなく、やってよかった」

と、大変、有難きお言葉を頂き、
林業関係において経営視点を第一にやってきた
現場コンサルとしての仕事冥利に尽きるものでした。

森林資源を活かし、
皆様の想いをデザインする。

地域における、ここでしかできない、
経営の強みが発揮されていくのです。


話を戻しますが、
経営者とは、失敗したって辞められないものです。
度の方々だって、過去の分裂、喧嘩、色々とあるのです。


「好きや嫌いだけで商売はできない。」

それを私が教わりました。

この日、
射殺された餃子の社長も5年前のテレビでそう言っていましたね。


改めて、
経営トップとは何か、


1 戦略と理念を作る力がある
2 それを実行していく力がある
3 好き・嫌いではなく人を愛する
  (すなわち真摯であり逃げないこと)


自分自身が経営者であるようになってからの
経営のご支援は、少しずつ、変わってきました。

それは、政治屋とは違う、
言い訳のできぬ上記3つをやり抜くことです。

顧客と共に戦っていきたいと強く思えた
2013年最後の某ご支援先との1日でした。


~参考 猪瀬氏 ネットニュース原文引用~
「政策について、自分はかなり精通していると思っておりました
が、いわゆる政務ということについては、大変アマチュアであ
ったというか。政策をちゃんとやればいいだろうというところ
で、ややそういう、生意気なところがあったというふうに反省
してます」
スポンサーサイト
編集 / 2013.12.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ