【ジャパンホームショーを終えて clubプレミアム国産材 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
3日間のジャパンホームショーを終え、一週間いた東京を離れ、吉野・川上村へ向かっています。いまは京都近鉄から橿原神宮へ向かっています。長文失礼します。

今回の来客数は、予想をはるか上回る盛況さで、アンケートや名刺を交換頂き興味を持っていただいた方は、3日間で500名をゆうに超え、大変嬉しくもあり驚いてもおります。たくさんの業種のお客様と出逢い、海外商社(外国人)の方とも出逢い、各種業界新聞の取材を受け、BSジャパンのテレビ取材も受けました。

産地のメンバーみなさまの熱意と実践、林業女子たちの浴衣の接客と女子視点のアドバイス、そしてブース設営や準備に掛る関係者のご協力の賜物です。改めて、林業再生、地域活性化、国産材利用という「言葉」ではない、新しい価値のある「言葉(世界観・価値観)」もたくさんいただきました。

今回のコンセプトは、「産地の名前を呈した国産材は、まるで欧州のワインのようである」というところにあり、山林(素材)品質から、製材(加工)品質、営業(人間)品質も含めてのブランドであること、そこには、情熱を持った地域の職人やリーダー的存在である経営者たちの「想い」が詰まっていることが伝わればと、研究会メンバーみんなで企画しました。ブースでは、メンバー各位が、自社の製品だけではなく、他社の製品を伝えるという他己紹介もすることが多くのニーズを拾うことにつながりました。

学びとしては、

1 商材
  →実需ニーズから開発ニーズまで幅広いヒントあり想像以上に多様であること。
   【加工力と内外共同開発】

2 商流
  →現況の流通の複雑さが関係業界の固定概念にあり、遠い存在に思われていた。
   【直需体制と受注効率の整備】

3 商圏
  →全国各地に異なる「立地」「規模」「ブランド」があることが伝わってない。
   【情報発信の強化】

等。

とにかくこの多種多様な声をまとめ、また私たちの経営実践研究会(国産材ビジネススクール)でシェアし、それぞれの自社課題と自社展開にお役立てできるように、準備したいと思います。

また、話が変りますが、今回嬉しかったのは、林業経営者たちの参画です。
いま研究会メンバーで林業者が増えています。
林業経営者側から製材加工をまとめていく動きがあるのです。

取材でも言われましたが、「何がプレミアム」ですか?
ということの1つに、「林業(山づくり)」をプレミアムにするという視点です。

現在の林野行政をはじめとするバイオマス至上主義、県産材(地域材)原理主義が過度に進むと「いい森を作ろう」「いい木を送り出そう」というモチベーションが生まれえない仕組みになっています。それをどう変えていくか、それがメンバー共通の命題でもあります。

プレミアムな森、木、人。

そこから始まって過去と現在、未来へと繋がる地域資産の共有化を基に、林業・製材加工業・販売流通業が三位一体であることが伝えていくことが肝要であり、おそらく「今までの業界の線引き」というものがどんどん再構築(リ・デザイン)されていく渦中に私達はいます。

club プレミアム国産材

不確実で明るい未来へ、また今日から新しいスタートです。

<フェイスブックより>

スポンサーサイト
編集 / 2013.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ