【林業のライバルはパチンコ!?】
カテゴリ: 理念と利益
【 パチンコと林業  】

本州で、東京からもっと遠い場所ともいわれるこの島根県西部。

時間距離が遠いという意味だが、私は広島周りで入り、広島か
らバスで3時間、ようやく益田に到着。


本流にダムがひとつもない美しく川、高津川が流れる。ここに
は西日本で5番に入る規模の林業素材生産会社もある。


高津川流域林業活性化センター主催で開かれた講演会に呼ばれ
た。過去は、遠藤先生(鹿児島大)、赤堀氏(林材ジャーナリ
スト)、山下社長(チルチンびと)などが毎年よばれていると
いう中で、若輩者ながら私はマーケティングの話を中心に、森
林資源の活かし方、地域連携のビジネス論などを話した。


懇親会は10名ほどの人数であったが、とても嬉しい収穫があ
った。今日初めてであったとは思えないぞ林業会社、製材会社
の若(セガレ)さんたち。私と年齢も近い。ビジネスも色々と
面白いつながりが見えてきた。


そんな彼がこういった。


「古川さんのいう、
 地元の林業を3Cで考える競合ライバル視点って
 なるほどって色々思いました。」

「そういう視点でいえば、
 うちらの ライバルは パチンコなんですよ!」

「え!?」

「確かに、最近、林業は注目されている。
 うちは広葉樹が多いので、チップも含め
 仕事量も多いし、色々な販路がある。
 これほど忙しく、面白いがいまは人が足りない。
 それでもね、いま地元に大きなパチンコ屋ができて、
 そっちにいってしまうんです」

「なぜですか?」

「簡単ですよ、
 バイトは時給がいいし、
 正社員になれるっていって、そっちにいく。
 パチンコで正社員ですよ!
 僕らは、パチンコに負けるんかと思うと悔しくて。」


そう、地域雇用において若い人、優秀な人材というのは少ない。

林業4000億円、パチンコ30兆円の市場規模の差。


今日は市場規模は何かということでパチンコや裏経済の話も
講演では行ったが

利益なき理念は寝言
理念なき利益は犯罪

とはいうが、個人の目指す理念と利益の方向性(ベクトル)や
その嗜好にあれこれいうことはできない。時給の開きがどれだ
けあるか(ここでは割愛する)、契約社員か正社員か。

それは、大きいのである。


ライバルについての考え方。

「お寺」の競合は、隣のお寺ではなく、他の宗派だったり、
他の宗教だったり、いやいや(心の相談をマスコミや芸能人に
求める)細木数子やマツコデラックスであるということ。

それに近い。

だから林業にいかに「必要性、欲求性、物語性」を生み出す
ことが大切であり、会社としてマーケティング発想をしっかり
取り入れられるかがポイントである。

安定した仕事を創ること、よき会社を作ること、
それが何よりも第一だ。


だから、
きっちり誇りに想える収入源がある
カッコイイ会社を林業・木材業界でプロデュースする。
そんな仕事をしているのである。

スポンサーサイト
編集 / 2013.11.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ