【のだめ作者の漫画~農家のヨメになりたい~ 】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【のだめ作者の漫画~農家のヨメになりたい~ 】


「GREEN~農家のヨメになりたい~」
という漫画を読んだ。4巻で完結。

のだめカンタービレで有名な二ノ宮知子作。

2000年ごろなので今から10年以上前なのだが、
単身で若い女性が、農家(とある青年)に入り込むという姿は
、土と共に戦う姿のみならず、ちょっと淡くそして切なく、そ
してロマンティックな恋物語と、そして農村での暮らしの波乱
万丈さが面白い。

実は、この漫画本の最後に、
番外編というのがあり
作者自らが「徹底的に取材しよう!」と決めて
農家(プロ)の取材に回ったシーンが回想されている。


それゆえに、この漫画も、農家の気持ち、農村に暮すあれこれ、
そして農作業のディテール、細かいところまでしっかり描けて
いる。

結局は、二ノ宮知子の故郷である秩父を背景にすることにした。
三浦しおんの神去なぁなぁ日常もそうだ。自分の父の実家の
三重県美杉地域を舞台にした。


いずれも徹底的な「取材」というのがあった。

漫画や小説といったアウトプットを最大限にイメージしつつ、
プロとしての取材があるわけだ。

GREENという漫画の林業版があったらどうだろうか。
そういう見方をして読むことが多かったが
今回、その漫画を読んで、自分の「取材力」とはそもそも
足りているのか。現場をもっと緻密にみる力は足りているか。

ちなみに漫画や小説の背景(いや主役
にはやっぱり「男と女」の「愛と恋」っていうテーマは
永遠なものですね。

改めてどこまで「取材」できるか、
しっかり落とし込んでいきたい、本日も現場に行ってきます!
スポンサーサイト
編集 / 2013.12.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ