【現地研修会@飛騨高山  国産材ビジネスセミナー&国産材ビジネススクール】

【現地研修会@飛騨高山 】

2日間の現地研修会は、東京国産材ビジネスセミナーと大阪の
国産材ビジネススクール(経営実践研究会)の合同で行われ、
今回で5回目

平成21年度(1回目)岐阜県恵那
平成22年度(2回目)高野山
平成23年度(3回目)新潟県新潟市/南蒲原
平成24年度(4回目)愛媛久万/高知嶺北
平成25年度(5回目)飛騨高山 

と続いています。

写真の報告と詳細は会社ブログへ
http://chiikino.jp/?p=2161


何事も継続は力なりという言葉がありますが、5年連続に参加
している人も、新規の人にも、常にビジネスのヒントと感動を
与えねばというところですが、改めて「実践」の連続において、
この今の関係があるということですね。



今回は、特にクライアントの協力のもとに、準備に時間を掛けず
に進められましたが、この1年、弊社のコンサルティングによっ
て劇的に変化した「理念」と「利益」においてのプレゼンテーシ
ョンも頂き、大変充実した時間が過ごせました。


オークビレッジの稲本正代表にもゆっくりとご案内を頂きました。


高山で操業して40年、「100年かかって育てた木は100年使える
モノに」「お椀から建物まで」「子供一人、ドングリ一粒」とい
った理念はずっと変わっていない。尊敬の領域を超える。理想主
義的な現実主義的人生。

私の父と同い年の昭和20年生まれ、肌もツヤヤカで、元気がいい。
私とも二人で話す時間を少し頂いたが、私の未来もちょっとだけ
示唆いただいた。「こうしたらいいよ」嬉しいアドバイスだ。


現地研修会。

1年に1度、みんなで集まり、頭をかち割るくらいの刺激と明
日への活力を頂くためにも、続けていきたい。

参加者のレポートが楽しみです。


 現場視察→メモ→戦略の見直し→見える化→実践

 の繰り返し。

 まさに「自分」にも言い聞かせて。


ところで、
今回の視察先のある担当の方(60代)が、最後、こういった。



「あれやこれやってやること一杯あるんです。

 そして、もう60歳を過ぎて
     私(の人生)は、先がみえています。

 だけど、動ける間に何とか、これはやりたいんです!」


という熱き言葉が一番刺さりました。

ありがとうございました!
 
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply