【4つのオフィス時間 】

【4つのオフィス時間 】


「た・け・や・み・そ♪」というジングル(音楽フレーズCM)
はみんな知ってるでしょうね。一度聴いたら忘れない。最近、
それと似てるのが、森高千里の最近のキッコーマンのCMでの
「う・ち・の・ご・は・ん♪」

うむ、似てる、じゃないな、同じだ。


たけやみそ
http://www.youtube.com/watch?v=inZfMEQv-LE


うちのごはん
http://www.youtube.com/watch?v=XlWKI3WsWCw


まぁいいや、これだったら5文字フレーズは何でも真似できるか。

今日のテーマ「オフィス時間」を、

「オ・フィ・ス・ジ・カン♪」って言ってみてください。


そのオフィス時間をどう有意義にするか。

オフィス時間、それは主に、

「作業」と「会議」

ってものがメインになるわけですが、
オフィス時間は主に、この4つの時間になってる。


目的なき作業(一人)
目的ある作業(一人)
目的ある会議(複数)
目的なき会議(複数)

ってのがあるとして、

よくいわれるのは、まず、
作業をやっているとき、
手段的行為から自己充足的行為に変えること。

同じ歩くでも、
駅まで歩く(手段的行為)→ウォーキング(自己充足的行為)
同じ本を読むでも、
参考書を読む(手段的行為)→小説を読む(自己充足的行為)
とあるように。

入力作業ってのも、単純作業っても、
で、目的なき作業をしないこと。

仕事=目的+作業ってていう、仕事ー目的=ただの作業。

いかに、自己充足的行為にするか
1)それ自体を楽しむ(タイムキーピング、小さな工夫)
2)目的を明確化する(意味づけ、位置づけ、勇気づけ)

ということ。


では、それ以外のオフィス時間。


今日は目的なき会議(フリートーク)っていうものの必要性について。


今日は、久しぶりの来客も含め、インターン生とのぷち勉強会も
含め、なんとなく雑談するっていうことが組織の活性化になる。

あれやこれやって妄想できたり、有機的につながっていったり。
6次産業化のゆくすえ、上質な文化ストーリー、林業のメディ
ア化、SNS全盛期(衰退期)時代の組織論などなど。

だいぶ多くの話ができたが、それは割愛。


・目的なき作業は是非無くしていくこと、
・目的ある会議(ゴールと時間)をきっちり決めること
・また目的なき会議(雑談)も行うこと楽しむこと

この3つがあるからこそ、持続的組織の活性化となる

じゃぁ、いつまで工夫しても、わからない、
それでも自分で目的が整理できない上司から言われるような、

・目的なき作業は?

うん、これって3年後にわかったり、10年後にわかったり
することもあるんですよね。その価値って。


結論、4つとも大事だったりするのですね。

おふぃすじかん♪

(出張が多い会社だからこそ大事にしたいものです)

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply