【メロン産地活性化 ブランド戦略策定】 


いや~、往復の移動時間が7時間強か。新幹線の中での仕事も
非常にはかどる。朝は、8時半に新大阪を出て、東海道新幹線、
東北新幹線と乗り換えて、移動する。非常に長い時間だ。しか
しプロジェクト報告会自体は、2時間半。そこにすべての「魂」をこめる。


消え行くメロン農家をなんとか奮起させて、活性化させたい。
そんな想いを具現化する仕事としてこのプロジェクト。我々はこう
伝えた。


「活性化というのは、
         ざっくりいうとようは利益を獲得することです」


農家がメロンをやめていった背景、担い手が減ってきて、持続
可能でなくなったのは答えは明快。利益がないからである。そ
んな単純なことへの解決策は、この業界特性を、消費者特性へ
という変換が必要ということだった。


「この業界、規格ありきなんです(流通ブランド)」

これを変えていくお仕事になる。とにかくいいものがあるのだ
から、それを表象化して、具現化して、文書化して、行動に移
して、売っていきましょうということである。チャネル(販売
先)別の戦略、価格戦略、商品戦略の落とし込みを行い、最終
的には、販促物の支援までも行う。1時間ほどの報告を行った。
担当のOさんは非常に勉強好きで熱心なかたで、報告会終了後
こういってくださった。


「いや~、この報告は、すごいね!」

お堅い方々に、消費者発想へということを様々な視点から説明し
た。すべてのJAさん側からの質問は「やったことないことによる不安」
なのである。それでも、「よしやろう!」という笑顔に変わっていった。

「古川さんの「想い」が凄く伝わったよ。
このプロダクトステートメントとか、メッセージとか、
筆文字のPOPとか、いい言葉出してくるよねぇ。
筆ぺんみると落ちちくし、愛着も感じるし、ほんと、
こちらがすごく情熱をもらったよ。」

まぁ売上が上がる、利益が取れる保証については今後の営業力
次第であるが、このJAの職員さんが、すこしずつ変わるというよう
な確信は得られた。これからである。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply