【信州唐松のプレミアムな森づくり。 】




日本の在来種で、唯一、落葉する針葉樹「唐松」
秋は黄色の色づきが美しく、信州の風景を作っている。

落葉松とかいて「からまつ」と読む。

北原白秋の落葉松(からまつ)という詩がある。
http://hakusyu.net/Entry/8/

  からまつの林を過ぎて、
  からまつをしみじみと見き。
  からまつはさびしかりけり。
  たびゆくはさびしかりけり。

(続く・・・)


松本市に統合された「上高地」は、多くの観光客を呼んでいる。
アルプスの美しい姿に色づく落葉松。

さすが10月10日、
旧東京オリンピック開会式の日、体育の日。
確率で晴れの日を選んだという。
やはり、いまだ、この日は、いい天気だ。


今日、

このあたりの鬱浮くしい風景をつくる林業会社3社が任意で集
まり、唐松を中心とした素材提供を強化しようと、一次製材、
二次加工流通会社とを呼びかけ共に集まった。


平均密度は、
杉が0.35g/cm3程に対して、唐松は0.50g/cm3程 と 重い。
特に、冬目(晩材)が太く、濃く、重厚感がある。

某二次加工会社は、唐松の間伐材をオリジナル「外壁材」を
そして、高齢樹の唐松で柾目取りをした「階段材」を開発。
既に様々な丸太の仕入れ先があったが、改めてしっかりと顔
を合わせる機会は少なかった。


ゆるやかな連携が始まった。

最終ビジョンは、
プレミアムな唐松の森、唐松の木を作り出したい。
そして、美しい信州の風景を残したい。


林業者側が間伐を繰り返し、
製造者側がその材を塗装・加工し、
地場のブランド工務店が利用する。

そこまではいま完成している。

地域経済の担い手となるよう、
また地域風景の担い手となるよう、
共通のビジョンと実業実務の役割分担を鑑みて、
唐松の新しい「詩」を生み出そうとしている。

clubプレミアム国産材に急きょ参戦する。

林業事業者のKさんに久しぶりに出会えてよかった。


「他地域の視察に行けばいくほど、
    自分達の森林が一番いいと思える!」

と言っていたのが印象的。

東京の富裕層の避暑地、
なにさ、
九州の寝台列車ななつ星、3泊4日で50万円近いものがもう
半年先まで予約一杯という時代。


丁寧に、日本の地域のよさを、伝えていこう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日の学び
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・北原白秋 落葉松(からまつ)
 http://www.youtube.com/watch?v=l9ksY1pHokc

・落葉松
 http://www.youtube.com/watch?v=eBw6_Hzblco
 合唱 (作詞:野上彰、作曲:小林秀雄)
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply