【林業における水平連携、垂直連携 まとめ研修&ワークショップ】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【「連携」をワークショップ。 】


岐阜県林業・製材業・木材販売業に係る経営強化研修。


本日は3回目。


大きなテーマは「1分スピーチ」と「各種連係事例」という2つ。

1分スピーチに関しては、任意の議題からどれだけ顧客との
距離を縮められるかという営業テクニックと、社会的なニュー
スといった具体的事象から、如何に話題性を富ませながら、そ
こからの抽象化(ルール化)し、その仮説を、業界や自社や自
分に置き換えてみるという瞬時の瞬発力を鍛える練習。

・あまちゃん
・半沢直樹
・まーくん
・バレンティン
・消費税増税

さぁ、ここから話題を1つ選んで、1分スピーチしてください。

と始める。そのあとのレクチャー方法は割愛。ビジネススキル
の向上とアンテナの高さやアウトプット力を高めるこの「1分
スピーチ」自体のやり方のルール化は、またいずれまとめたい。


2つめのテーマ。

各種連携の事例の紹介から、岐阜県の林業の連携ビジョンにか
かるワークショップを行った。

各種連携とは水平連携、垂直連携、異業種連携という3つの
テーマに分けたときに、どのような連携があるかという具体的
な「林業・木材業界」の他地域の事例、古川がコンサルティン
グで係わった具体的事例などは特に具体的に紹介。

兄弟連携
独り連携
女子連携
産直住宅連携
外部資本連携
設計士連携
デザイン連携
一気通貫連携
FSC森林認証連携
山守連携
大学連携
若手経営者連携
林業主導型連携
母船方式連携
研究会方式連携
営業権買収連携
農商工連携

等。

<いずれ書籍化してまとめたいが・・・。>


「地域材の水平連携加工システム推進事業」の具体的な方向
性も示しながら、結局の課題は、

1)共通ビジョン(哲学)の策定
2)仮想敵の設定
3)強烈なリーダーシップか第三者の利用


この3つであると話したのち、ワークショップ。初めての方もい
れば、慣れてらっしゃる方もいましたが、各種連携のイメージ
も、

1)実需連携(現況事業内における必要性)
2)開発連携(将来の商品サービスの確立)
2)交流連携(見込み顧客の確保)

という3つにまとまってくる。

131005gifukenshuworksshop.jpg



とりあえず、大いにディスカッションし、日本の林業界でも、
ここまで熱心な時間が交わされるのは珍しいと思う。

岐阜県によるこの機会に少し明るい未来が見えてきた。
スポンサーサイト
編集 / 2013.10.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ