【トマトと林業の 粗利率】 林業マーケティング
カテゴリ: マーケティング/営業

さて、
スーパーで売っている1個100円程のトマトは、
JAでいくら、農家でいくらになっているでしょうか。


農家→JA→卸→仲卸→小売店舗


という流通があるとすれば、
農家からJAへの卸し価格はだいたい30円。


農家(30円)→JA(~35円)
→卸(~50円)→仲卸(~60円)
→小売店舗(~100円)

といったらいいだろうか。ざっくり。

JAが一番高い利幅かと思えばそうではなく、
そこから流通・問屋は、1~2割程度、
小売店舗が一番に価格が上昇するところであり、グっと上がる。

いわゆるJAが一番の利幅を取っているわけではない。

ただ、小売店舗というのは、八百屋、スーパー、百貨店などと
圧倒的な集客率が高いのである。

だから単純に、
農家は、もろもろの在庫リスク、与信リスク、販路開拓の投資をして、
直売せよ、というのはわかるが、チャレンジしても、成功するのは数%
で一握りの実力或る者たち。

あくまで、諸々のビジネスパートナー(ビジネスフレンド)と組んで、
長所伸展しながら、時流に適応して、力相応一番でいくしかない。

餅は餅屋もある。

だから、
農業は農業としての本質、
良いものを作るということをしっかり専念し、
まず、自分の粗利率をどう高めるかが、第一ポイントある。


それは、ようするに30円でJAにトマトを売るならば、
1個いくらで製造するかということ。

それは、おおよそ10円~15円であるから、
粗利率は30~50%。

そこで農業の粗利率(生産性)とは
何かということでもある。


で、そこで、陥るのが単純な比較病です。

平均はどうだろう?
とか
他社はどうだろう?
とか
考えるのですが、

はっきりいって農業の粗利率は、3割~6割ほどに幅があり、
露地の高原レタス系はむちゃくちゃ高いが、稲作はもっと低い。

など作物によっても違うし、農業の方法によっても異なる。

当たり前のことだが、規模によっても違うのですから、
単純に比較などできません。


またさらに言えば、きっちり数字を取っている人も少ない中で、
原価の定義も異なるので、単純比較などは、ほぼ無意味。

とはいえ、一般にキッチリしている業界では

1 同業他社と比較する
2 過去の自社と比較する
3 モデル企業と比較する

というのが鉄則であるが、そこで「粗利」とは何かを、
自分なりに定義し、自分なりに遠くの同業種や近くの異業界と比較しながら、
学び、改善している人がもうかっている。


では、林業事業における粗利率とは、どんなものだろうか。

むろん、
農業同様、そもそも数字がなかなかない、比較しようにも、
施業の形式、原木の所有権(売買)の有無によって大いに
異なるし、補助金の形式によってもちがう。

殆どそんな話はされない。
年収の話はよく出る。

某森林組合では、年収700万円近い人もいる。
うちの林業会社は年収1000万円を目指す!とか、
方や、年収200万程度の林業マンが多いなかで、
ただただ年収ではなく、林業の粗利益という共通指標で、
何が見えてくるか。


たいせつなのは、
まず、粗利益であり粗利率である。

集約化施業の共通見積もりで、やってみて終り、では意味ない。

もっと大切なのは、
1人当たりの付加価値額(粗利-外注費として)である。

この林業会社のキャッシュポイントは何か。
その価値の瞬間は何か。

さらに、
大事なのは言われたままの金額で仕事を請け負い、
終わってみたら経費がどれだけかかっていたかというところ
からの「計画的脱却」をすることである。


最近、森林と林業が好きな理念派のインテリ林業家が増えてきたが、
そのあたりが全く弱い。

まず粗利益とは何か、
その付加価値とは何か、を徹底して説明する。

そこで以下の3通りを提案し実施する。

1)売上ではなく、見積もり交渉権での粗利率アップ
2)原価ではなく、予定原価と結果原価の差での粗利率アップ
3)粗利、販管費、3分法
4)プロジェクト管理法


これでだいぶ収益が変わる。

原木の価格が安いとかいう前に、確実にこれでまず大幅に変わる。
詳細はいつかまとめて公開できるようにしてみたい。

たまたま儲かってラッキー、
たまたま儲からず悲しい、ではなく、
あくまでも、予測値に対して、超えるか、超えぬか。


ビジョン→戦略→具体的アクション


遠くの同業種とは比較しあえる仲間がいることも大切。
近々、暑苦しい林業経営者の、垂直連携イノベーションや、
新規サービスへの参入についての粗利率アップについても、
もちろん、まとめてみたいと思う。
スポンサーサイト
編集 / 2013.09.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ