【 価格が高すぎる?安すぎる?の加工現場から。 】
カテゴリ: マーケティング/営業

【 価格が高すぎる?安すぎる?の加工現場から。 】


「どうしてこの値段なのですか?」

そう、その質問の意図は、

高すぎるという場合と、
安すぎるという場合とがあると思います。

例えば、この絵画、
確かに素晴らしい!でも、300万円もするんか!

なんてことはありますが、
この作品を作り上げるのに、
約半年もかかるという作品の現場を知った時、
その人の技術料を思えば、そのくらいしますよな、と思えます。

例えば、
「この木工品1万円もするんだ!」
なんて高いんだって、思っていると、製造現場にいくと、

手間暇のかかりようが半端ない。一日2~3個しか作れない。

原価を差し引いて、人件費を見たら、
これくらいの金額は当然だろうって思えるし、
逆に安く買って、彼ら木工作家の経営が、
持続可能でなくなってしまうことに不安を覚え、
それに加担していたらどうしよう想いになります。

あるブランドセレクトショップは、
一度も、
仕入先の木工現場に来たことがないという。

先日、初めて担当者がやってきたそうです。

「うちは、この値段で(安く)仕入れて申し訳ない。
  こんな(素晴らしい)工場だとは知らなかった。」

これは、何も情に訴えて、安くしろというわけではありません。

価格を決めるのは、原価積み増しではない。
あくまで、マーケット(顧客)が判断するものです。

もちろん、品質と納期対応あってこその価格です。

ただし、この商品に、
職人の現場の時間軸は知るべきであり、
知ってもらうべきではないかと思うのです。

もうひとつ。


逆に、安すぎる!ということもあります。

ご支援先の地域の、ある木工品ですが、とても安い。

今日は初めて、
木材の仕入れや乾燥、加工についても、
加工場にて、お話を伺ったのですが、


私が

「安すぎます、もっと高い値段で買うので!!!」

と懇願しても、

いや、うちはこの金額で出し値を統一してますから。

と、

その後、理由を2つ説明をされました。


1.流通さん、営業さんがしっかり利益を上げなければなりませんから。
  (ただし過剰な中抜きは徹底的に管理する)

2.商品力としては、そもそも高いものではなく、
   保存性のあるものでなく、食品と共に数回、楽しむものだから。
 
ということでした。

そのあとは、
林業の現状について情報交換をしながら、
仕入先がつぶれていくということも聴きつつ、
それでも目指す未来の共有がどうできるか、
目指す未来の数値設定がどうできるか、

お話をさせて頂きました。


「東京(海外)ではこれはいくらで売れますから!
   もっと高く売れますから!」

って、ただただ言うのは、結果的には、
製造現場の何かを壊すことにもなるという不安。

詳細の考察は別として、
定期的に安定した受注量の先にあることが
経営の持続性となるものであります。

私自身、
そういう「気持ち(本音)」が一致してこそ、
商売ってのがあると思います。

まだまだ自分は足りない。

価格は、納得性と明朗性。

いつも「学び」を頂きます。
本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
編集 / 2016.06.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 イチロー の情熱方程式  】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 イチロー の情熱方程式  】


4257安打の大記録を達成!
相変わらずクールでしたね。

これに対して、「自分事化」をどのように、されましたか。


イチロー選手は

「ここにゴールを設定したことがなかったので、
実はそんなに大きなことという感じはしていない。
ピート・ローズが喜んでくれれば(自分の気持ちも)全然違う。
でもそうではないと聞いていた。
だから僕も興味がない。
ただ、チームメートやファンの方々の反応がすごくうれしかった」

とコメントされていましたね。

それが、
極めて謙虚に感じてましたが、
今後に、この記録を抜くとしたらどうだろうかという
メディアの問いに対して、
この3つの答えは、さすがのイチロー節でした。


1)「今後、日本だけで、この記録を出したら一番凄いと思う」

2)「今後、ジーターのような人間性の高い人が出したら凄い」


極めて、秀逸だなと。
何と比較していったのかは明確ですが、あえて出さない。
ウィットに富んでいる、いやただの皮肉か、わかりませんが。

それと、3つめ。

50歳までの現役を目指すかというイチローのメディアへの返答が
印象的でした。

3)「私はずっと笑われて来た」

ってやつですね。

イチロー選手の憤り(コンプレックス)は、
幼少時代からずっとずっと、あり続けることが凄いです。

プロ野球選手になると言った幼少時代、
あいつ、プロ野球選手になるのかと、馬鹿にされた。

でもプロになった
MLBにいって首位打者になると言ったら、
誰も真に受けなかった。

「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、
僕の中にあるので。
これからもそれをクリアしていきたいという思いはもちろん、あります」

こういう憤り(なめんなよ!)っていうところが源泉になる、

多くの人はそれから逃げてしまう。

で、色々な学びがありましたが、
私事に、自分事にするとしたらどうとらえますか?

どんなに、馬鹿にされても、同じことをやり続けていこうって
そう思いました。

それが今回の自分事化ですね。

あと、まったくの余談ですが、
いわゆる、「量の林業」っていう事に対して批判されたりしますが、
やっぱり、間伐5000本とか、1万本とか、それはそれで、
表彰などしたらいいのに・・・・。

巨木ホームランばっかり見る林業ではなく。
丁寧にコツコツと。


編集 / 2016.06.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【そのデザイン(ロゴ、エンブレム)に、将来があるか。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【そのデザイン(ロゴ、エンブレム)に、将来があるか。 】


日本代表サッカーは
ボスニアヘルツェゴビナに負けましたが、
オリンピックエンブレムの話でも。

佐野氏作成のオリンピックロゴがやり玉にあがり、
結局、野老(ところ)朝雄さんの市松文様になったのは
つい最近のことです。

名古屋駅前の新名古屋ビルジングの外装のガラスの模様も
彼の作品で、よく似ています。

で、今回、
私が約10年前、
六本木ヒルズのビジネススクールで学んだ、
ブランド戦略(CI戦略)の巨匠であり、
NTT、小岩井農場、INAX、TORAY、ドトールなど
名だたる企業のCIを策定されてきた中西元男先生の
4つのブログから、学ぶことが多かったので整理してみます。

(ちなみに農林業業の6次産業化とかを学びをいかに業界から学ぶより、
素材会社、部材会社でも、どうやってブランディングしてきたかという
TORAY、INAX、 ブリジストンのブランド戦略を中西先生から学ぶほうが、
極めて意味があることと思っています)

さて、話戻りまして、4つのブログからです。
その4つのブログは以下です。

お時間がある際に読んでいただいて、
いまは飛ばしてください。


http://designist.net/blog/archives/2015/09/2020.html
■2020東京オリンピックと「日本デザイン界の大きな時代遅れ」
2015年9月1日


http://designist.net/blog/archives/2015/09/post_151.html
■オリンピックエンブレムデザイン、ますます秀作生まれ難い方向へ?
2015年9月25日


http://designist.net/blog/archives/2015/12/post_152.html
■思いがけず「東京2020大会 エンブレム委員会」の委員に
、2015年12月4日 


http://designist.net/blog/archives/2016/05/post_155.html
■2020東京大会 エンブレム委員会顛末
2016年5月27日 


で、
この4つしっかり読めば、
ロゴマークって何?企業デザインって何?
何のためのロゴ(エンブレム)っていう、思想や技術の本質がわかると思います。

デザインというのは、
見た目のデザインだけではないのです。

で、
そのブログの話ですが、
私なりにまとめますと、

9月1日のとき、
佐野氏のデザインがやり玉にあがり、
それについて、中西先生は、日本のデザイン文化度が低いことに
問題を掲げています。

それは、なんと14万人ほどのアクセスがあったそうです。

そして
9/1ブログより抜粋


そもそも、
デザインでどのような目的を達成しようとするのかの理念や戦
略が存在していなかったことだけは、次々と明らかになってい
く関係者の皆さんの発言を聞いている限り確かのようです。

そして、また
肝心のエンブレムが脇役か背景(サブシステム)に見えてしまい、
主客転倒のデザインのように私には思えます。
企業ロゴのほうが目立つような出し方には辟易します。
(中西)



とありましたよう、


1)デザインにメッセージ(将来性と目標)を持たせること
2)主役と脇役のバランスを意識したシステムをもつこと

ということの基本の考え方があり、
日本人のデザイン文化度が低いということが書かれています。


続いた
9月25日のブログには、

>「優れたシンボルは思想の凝縮」とか「総員賛成の傑作無し」
と言われてきましたし、私の約50年に及ぶこの分野でのデザ
インワークのキャリアを振り返っても、全くその通りだと言えます。
その意味で、今回のエンブレムデザインの現状の開発プロセスは、
一層「秀作が生まれ難い道」へと歩みつつあるとの危惧の念を
拭いきれません。
ともあれ、オリンピックのエンブレムデザイン問題は少しでも
早く開発を正道に戻し、文化的に
世界の笑いものにならない状況への軌道修正を期待いたします。


とあります。

そんな中西先生が、
2015年12月4日 思いがけず

「東京2020大会 エンブレム委員会」の委員になる、のです。

で、またブログに続くわけですが、

それでも、中西先生が、不安になっておられます。

抜粋しますと、、


大体、
子どもから一流プロまでが参加しての競争など前代未聞です。
しかも、前回の失敗騒動で明らかなように、現代のネット社会では
誰でもが、「好き・嫌い」と「良い・悪い」を混同した上での、
匿名の言いたい放題の状況であり、「選考は国民投票で」などと
いった意見すら飛び交う事態ですから、本当に先が読めません。



これはプロとして
デザインの誇りを強く意識された内容でした。


そして、最後です、

そして、東京五輪エンブレムは、
市松模様になりました。

で、
2016年5月27日 
つい最近のこのブログは、
「2020年東京大会 エンブレム委員会顛末」
という記事を書かれました。

抜粋しますと


委員会で討議された内容につきましては、一切外部に漏らしては
ならない旨の約束書に最初にサインをさせられて
スタートしましたので、私も口を閉ざさざるを得ません。
「単にエンブレムだけ決めても、むしろ決まったものを
今後どう展開し育てていくのが重要でしょう。その問題は?」
と尋ねても、どなたからも一切の応答はありませんでした。


結局、「顛末」っていう言葉があるように、
中西先生が思っている文化をデザインし、将来の展開を
考えていくことは達成されなかった模様です。

私は、中西先生の教え子の一人です。
(先生がどう思ってらっしゃるかは別としてw)

それは、社会人2年目のとき。
10回にわたるビジネススクールで、
塾生と共に学び合ったあと、
卒業課題で、林業のリデザインビジネスを発表し、

「理念をデザインすること、
 森林をデザインすることとが共鳴する」

という卒業発表をし、チームで表彰され、応援されました。

そして、以下3つが、中西先生からの教えで、最も印象に残っています。

「これからの教育は、
 読み、書き、算盤、そしてデザイン」

「(プロダクト)デザインは、1に安全性、
2に快適性、そのうえで、3に審美性、6に個性である」
~戦闘機も農林業も一緒だ~

「経営者がデザインを決める」

ということでした。

また、どこかで本件にかかる勉強会を
自分でも、出来たらとも思います、遠慮なくお声掛けください。


編集 / 2016.06.08 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【優しさとは何か。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【優しさとは何か。 】


「ねぇ○○ちゃんって、どんな男性が好き?」

「そ~ね、優しい人が好き!」

なんていう会話はよくありますよね。

で、よくそういうのを聞くと、「男の優しいなんて下心がある
もんだ」なんていって返したり「優しい人に限ってウラがある」
とかいっちゃう。

うーん、確かにって思うのですが、
かつてこういうことを聞いたことがあります。


「○○ちゃんって優しいけど、
  そういうやさしさってなんか違うと思う、
   人のためにならない優しさってあると思う」

と。

衝撃でした。

1 私は人に嫌われないようにしよう
   →だから(表面的に)優しい

2 私は他人のことホンキで考えてない
  →だから(表面的に)優しい


「本当の優しさって、鬼と仏と両方いる人」

っていう人がいました。

昔大学の講義リストに教官の評価があり、鬼教官、仏教官って
いて、単純な学生は、仏教官の講義を受けたがる、けど、仏教
官の授業ってあんま覚えてない。単位だけもらえればいい。

星野監督がいっていた。

「俺はベンチを蹴っ飛ばしたり、
 審判に怒ったりするが、
 あれは、ホンキだからだ。
 
 野球が好きだから、真剣だから、
 審判がおかしいとか、コミッショナーがおかしいとか
 いう、

 最近の若いヤツはは怒っていない

 
 本気であれば、
 シンケンに動き、実践し、
 その中で、世の中の矛盾、法律の壁、人間関係の膿など、
 憤りに出会うはずだ

 
 それは、本気で好きなことを追求してないのでは?と 」


人間関係、無関心ほど辛いことはない。

無責任客体という媒体存在として、
責任あるやさしさとは何か。

コンサル業、プロデュース業として「やさしさ」とは何かを
考えさせられる一日でした。
編集 / 2016.06.06 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【何に”悦”を感じるか。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【何に”悦”を感じるか。 】


この日、今年度の
川上村の地域おこし協力隊のA君の
先輩にあたる木工職人と会い、村内をご案内しました。

この日は、カフェをしつつ話をし、
村内を案内し、吉野かわかみ社中の紹介をしました。

私自身が案内するのは久しぶりで、やはりたまにでも
自分が案内しないとと思うのが、

1 古い知識が摩耗していることにきづかない
2 現在の顧客の渇望感にきづかない

ということもあり、改めてインプット(勉強)が足りないと
思った次第です。

その木工職人からは、
素材力、加工力、そして営業力、総じて合計の商品力とは何か
国産木材の6次産業化に至る多数のヒントを教えて頂きました。

そこで、
お互いに、

「何に喜びを感じるか?」

ということになりまして、

それに、対して

「私は、治具(じぐ)をつくるとき、それが
できたときに『悦(えつ)』を感じる!」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

「治具」は、英語の"jig"に(ジグ)に由来する当て字。
英語の"jig"が「工具の位置合せ/案内機構」だけを意味しているのに対して、
「治具」は工具の位置合せに加えて工作物側の位置決めと締め付け
固定するための道具。ジグソーパズルのジグ(jig)もこれ。

というものですが、

「今まで、働いてい、一番嬉しかったことは何ですか」

この質問の答えはは、たいてい、5つにまとまるのですが、
そのうちのひとつ、商品(サービス)を作ること自体に喜びを
感じるという職人タイプの熱き話を聞き、改めて、
色々なプロフェショナルがいてこの木材の世界が新しく
リデザインされていくのだと、川上村の歴史を整理しつつ、未来を想起しました。

改めて私「何に悦を感じるか」を正直に自分の視点で捉えて、
今の仕事を邁進していこう。

色々な「悦」を感じる仲間がいるから、
一つのゴールに行ける、それでチームなんですね。

編集 / 2016.06.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【「強い」とはなにか 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【「強い」とはなにか 】


「あれは、強い」

そうおっしゃったのです。

それは、あるビジネスのことを、ある方がそう評したのです。
なんだかそれが、妙に納得というか、深いなと思ったのです。

その強いには、
まず二つの理由があると、話しながらでてきました。


一つは、
唯一無二であるということ。
(敵がいないということ)

そして、
もう一つは、
粗利率(付加価値額)が高い
ということです。


これは強い。

私は、サッカーがうまいと言われたことはない。
サッカー「強い」といわれたことがあります。
へたくそだけど、点数を取るという選手でした。

でもそれは長くは続かず、変化に順応せずに、
スタメン(レギュラー)が取れなくなったという苦い経験もあります。


それは本当の意味で強くなかった。

そう、
もしそのもうひとつがあるとしたら、

三つは、変化への対応力がある

ということでしょう。


強いというのは、
力があることでもなく、
喧嘩して負けないことでもなく
いわゆる負け続けないことなんですよね。

本日、
お客様の声、

「あれは、強いよな」

製材会社のあるの事業者さんの言葉です。


・唯一無二
・高収益体質
・変化対応力

そう言われる生き方を、ビジネスモデルを、
シンプルにできるように、努めていきたい、
そう思った次第です。

編集 / 2016.06.01 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ