【原木市場の これから。 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【原木市場のこれから。】


この日は、
100年生の木が並ぶ、連合会の春季特別市と
200年生の木が並ぶ、年に2回だけ行われる北村林業のヤマキ市でした。

奈良県吉野郡川上村で、
100年前に
植えられた木の中から
100年生になれるのは約10%

100m×100m(1ha)に
1万本植えて1,000本だけ100年生。

うち次の101年以上になるものを山に残していくと、
1万のうちたった約3%くらいしか100年の木が市場に並ぶことはない。

同様に、200年前に植えた木の中では、
たった約1%しか200年の大マグロのような吉野杉が、ヤマキ市に並ぶことはない。
1万のうち100本。
更に川上村には400年の人工林もあります。

その時間軸。
大切な刻印は、
選ばれしものの証。
先達の技術と永年の愛の結晶。

それでも、
吉野林業全書の呪縛にとらわれることなく、
超長伐期の施業方法も大きく変えていく必要がありましょう。
速水林業の速水さんは、
文化遺産を未来につなぐ森づくりの為の有識者会議で、

>Facebookより

吉野は100年で1000本。

100年で1,000本か。。。昔はその通り、
でも今は私は檜ですが50年で1,000本で100年で400本以下とする。

目標は目の混んだ大径材ではなく、
細かく目がそろった大径材を狙っています。
昔の尾鷲からは、父の代から努めて変わろうとしています。

最近は(と言っても100年以上前からもやっていましたが)
100年過ぎれば、できれば残存木施業で1割の残存木で、
下に新植、それを100年、すると上木は200年、ここまでは現実にあります。

今後は100年ごとに同じことをその林分で繰り返し、
最初に残した残存木が、100年ごとに半分に減る計算で、
300年後は上木は100年、200年、300年、400年生が概ね60本、
その下にまた植える。

その方法について、その時私は生きてはいないで、
いま、皆に話しています(笑)


ということを
独自の超長伐期についてのコンセプトと
その施業について、教えて頂きました。

それでも、この日、
川上村の、ある若手の山守が、こういいました。

「古川さん、
古木(こうき)は、いい。
確かに、1本数十万円、たまには100万円、
それでも安くなったといわれるけれど、
やっぱり、ここにしかないから売れる。

でも、戦後植えた木々こそ売れねば意味がない。

今日、この柱材の木、1本、800円ですよ?

これらが売れないと、
100年、200年の世界はない。
新たな料理人をつくること。
社中でもこっちをどうにかしてほしい。」

と。

さて、原木市場の基本の機能は、主に5つです。

1.集荷機能(どれだけ集められるか)
2.ストック機能(どれだけ置いておけるか)
3.選別機能(どれだけ顧客のために分けられるか)
4.与信機能(どれだけ支払関係がスムーズ化)

これに加えて、

5.情報機能(色々な情報がどう集まるか、営業機能)

ということです。

ですので、仕入れ方は自由、売り方は自由ですが、
適正価格とは何かといえば、
それはいつも申し上げておりますが
最も高く買ってくれる顧客の示す数字です。

すると、

自社の強み
他社との比較
顧客のニーズに合わせて、

長所伸展、時流適応、そして力相応一番主義で、
経営の展開を実践していかねばなりません。

競合他社の脅威、
売り手の脅威
買い手の脅威
代替品の脅威

そろそろ、新規参入の脅威もありますでしょう。

5つの脅威を予測して、
さっと、常に、先を目指して動いていくことです。

ダーウィンの進化論。

奇しくも、この日、
吉野林業が文化庁の日本遺産というのに指定されました。

吉野林業にとってプラスです。

しかし、経済あっての文化であり、
四大文明のようにならぬよう・・・。

それにしても
200年クラスの木になると、
最後は、秋田の2つの業者が競り合うというのは、
吉野地域として寂しいものを感じました。

とにかく、
情報機能は多数集まりますが、
他地域と負けない付加価値化と営業力をもって、
日本遺産になった8町村の連携も必要ではないかと感じ、

購入した後のお客様の 

①製品 ②売り先 ③その声 

もっともっと代行して聞きにいかねば、見に行かねばと、
6次産業化にむけ、私自身も
料理力と提案力を高めたいと思った一日でありました。
スポンサーサイト
編集 / 2016.04.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【地方創生 戦略の守秘性について】
カテゴリ: マーケティング/営業
戦略の守秘性について。いま、地方創生の流れで、まちひとしごと創生総合戦略という名のもとで余多のコンサルさんが仕事をしていますが、その戦略書(報告書)をインターネット等で全部を公開するっていうっていうのは、いったい何を考えてるんでしょう。税金を使った事業なので監査のために信頼すべく外部機関に出すのはわかるんですが、そもそもそれは、地域特有の独自資源をどう活かし、どう優先順位をつけるかという重要なペーパーなはず。だって、戦いを略すから戦略というのだから。

すなわち、むやみやたらに戦わないってことであって、限られた経営資源(自然資本、歴史、文化、人材、資金、技術、時間、情報)をどう最適配分するか。戦場(市場)がどこで、敵(競合他社)がどこで、自分の強み(特徴)がどこかってことがわかって初めて戦いに出られるわけです。

だからお金も人も資源も無限にあれば戦略なんていらない。語弊があるかもしれませんが、どの部分は撤退するかをも考えながら、あくまで、これからを生き抜く、これからを勝ち抜くためにどうするかが戦略ではないでしょうか。大前提に、住民の幸せに資する地域経営とはどういうものか。産業だけじゃなく福祉や教育や自治活動も含め、それを地方自治体の中で真剣に練り上げた紙であるはずです。そんな戦略を、実践・実行・実働する前に「ぜんぶ公表しま~す」ってのは、簡単に手の内を明かすっていうようなもんで、自決するようなものではないかと。桶狭間もバルチック艦隊も、「いまからこういう戦略でいきま~す」だなんてありえない。戦略なんてのは、後からいってみてあれが戦略だったといってもいいくらいなのに。

それか、まぁ誰に見られてもいいペーパーをつくってよしとするのか。それか、報告書はこっちだけど、首長(船長)!こっちが別の本当の戦略冊子ですって渡すかな。それか、戦略って言葉をそもそも使うなかれとするか。誇りを持とう地方自治体。誇りを持とうコンサル集団。まぁ、地域型住宅ブランド化事業の時も思ったんですが、補助事業だからって、会社名とか年間棟数とか材積量とかのWEBに載って流通情報とかビジネスモデルがダダ漏れってどうなんでしょうね。オープン化というのが基本であってもいいけれど、ここだけはってのはあると思います。

私のような仕事をしていると、あいつは右から左へ情報をもって流用しているだけの市場活性化罪(ライフサイクルプロモーター)だと揶揄されるかもしれませんが、「この情報だけはこの地域(顧客)だけ」というのがあってこその仕事をしています。だからオリジナルな情報を輸血するし、ユニークな情報へと料理するんです。単なる右から左へのアービトラージ(地域差ビジネス、温度差ビジネス)だけじゃダメなんですよ。求められたクライアントだけに価値のある情報を提供すること。
だから、守秘は守秘。

補助金なき異業種のビジネスからしたらこの世界オカシイが多すぎます。それに地方創生の戦略には、3Cの概念等もちろん必要だけど、競争と協創の両方が必要で仮想敵の設定をいつまでも隣の市町村とか東京とか言っているんじゃダメだし、また田舎は幸せ論だけでも金カネ経済論だけでも駄目だから、利益と理念の両立していく航海図(ベクトル)が大事なんです。

また私の場合は、共に帆走していく伴走型の支援をしていくのが仕事のメインであり、絵を描いたけどやれるの?っていうのを「やる」ということが仕事です。他社が描いた素晴らしい絵を下請けで実行支援を受けることもあります。絵すら描きなおすこともありますが、そんな自分であってもやっぱり「情報」は大事だということを伝えたく、そしてそれは民間と行政は違うとかういう次元の話でなく、プロフェッショナルとは何かってことを思ったことです。長くてすみませんでした。
(4/21投稿のFacebookより) 
編集 / 2016.04.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【熊本/大分地震 とメディア。】 
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【熊本/大分地震 とメディア。  】


今回の地震。

阿蘇地域、大分南西部には、
小国杉、日田杉との産地があり、
林業仲間のことが心配だ。

グループメッセージでの連絡があり
私の周りは、一安心というところ。

しかし、
14日から18日午前0時までに観測した震度1以上の地震は
492回に上り、
うち震度7が1回、6強と6弱が各3回、5強は1回、5弱は6回、
震度4は66回も・・・・。


テレビを通して聞こえる
ちゃらんーちゃらーん、っていう、
緊急地震速報のおどろおどろしい音が鳴ると、
こっち(奈良)でも、来たか!?と思って反応してしまう。

で、今何をすべきだろうって思っていた。

で、テレビを見た。
2つの憤りを覚えた。

「乗客に日本人は居ませんでした~!」のイエモンじゃないが、
死者がどうとか、レポーターが、大げさに演技して、
ヒドイ現状ですというだけ伝えるひどいメディア現状。
かえって冷めてしまう。

2つめ、
こんな時期に、
どっかの大学の先生が地震のメカニズムを解説していた。
なぜ、いま?それって必要?
無理やり出されているか、
自分で出て行ったか知らんが、大学の先生もどうなんだろうかと。

正直、どうでもよくって、
今困っている人に何をすべきか。

阪神大震災性では圧死が多く、
「だれかいませんか?」「大丈夫ですか?」という声が、
メディアのヘリコプターにかき消されて、
声が聞こえないという二次災害で死者が増えたといいます。

で、いまこの非常時、
その対象は以下5つくらいある。

1.まさに当事者でテレビも見れない人
2.当事者の周辺でテレビは見れるが、何か直ぐしてあげなければならない人
3.当事者の親戚・友人で遠くから何かしてあげなければならない人
4.当事者はいない、親戚もいないが、遠くから何かしなければならない人、
5.日本国民が、国民として、何かしなければならない人

時間軸で見れば

・今すぐ伝える情報
・今だから伝えらえる未来のための情報
・今じゃなくていい情報

ってある。

他の地域にいて、
無関心だった人に、どんな興味を持たせ、
今後自らの動きを変えるかももちろん大事。

しかしそれは、テレビよりも、
インターネットはそこが断然、早い(速い)し、重要な情報が多い。


インターネットでは

・川内原発止めてください!

・ネット民泊のAirbnbの 緊急宿泊場所 提供
https://www.airbnb.jp/disaster/southernjapanearthquake

・本田技研が、熊本地震被災エリアで自動車が通行できた道路を表示

等。

また、民泊の場合は、民泊提供をした場合、
ただちに行政に避難場所登録をせよというのもあり、
必要物資が受けられる、うんぬんという情報もあり。

インターネットなんですね。

ただ、最大の欠点があります。

それは、興味がある人が見るんです。
一段階、二段階、経て、リンクを飛んで、
その情報にたどり着くんですよね

電気・ガス・水道というライフラインが切れたとき
テレビどころでないと言えど、
やっぱり、何らかの情報を手にすることができれば、
テレビ、ラジオからの情報は、大事であり、
「正しい」情報は、自治体がさっと出すべきであるというのもあるなかで、
何が大事かを、考えさせられます。

ちょうど、週末、川上村の友人と
4年前の紀伊半島の台風と大水害の話をしました。
山が完全に抜けて、道路が寸断され、そのときどうして、そのあとどうしたか。

私は、熊本や大分に今できることは
少し落ち着いてから、別途支援しようと考えていますが、
では、いま、間近でまた起きたときにどうするか。

たった30~40年で、
阪神淡路大震災
中越震災
東日本大震災
そして熊本・・・

さて、いま、ここで、何が起こってもおかしくない。
準備と、未来と丁寧に。
自社(自者)メディアに対しても優先順位を考えねばと思った一日でもあった。
編集 / 2016.04.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【夢って何だろう。  】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【夢って何だろう。  】


香港から帰り、
土曜の社内打合せを経て、
日曜はオフィスで作業デイ&買物デイでした。

それでもちらっとテレビを見る時間もあって、
夜、行列ができる法律相談所を見ていました。

サッカー日本代表でガンバ宇佐美の奥さんや
三重県知事鈴木英敬の奥さん(元シンクロ選手、オリンピックメダリストの武田さん、
39歳でしたね)等の特集も非常に面白く
人生の出会い、あれやこれやの好きや嫌いも含めて
色々なドラマが我々を勇気づけてくれる、
いや、夢をまた作ってくれるという番組でした。

三重県知事は、
三重の製材所への仕事のとき、その懇親会で
偶然に同じお店にいて、うちの社員と写真を撮ってもらった気さくな方で、
官僚→コンパ→結婚→衆議院選挙落選→県知事選当選という流れでは、
奥さんの武田さんのご苦労を察するとともに、
「家族」の大切さを改めて感じた次第です。

で、一番、今回一番刺さったのは、
女性ピン芸人で
R−1ファイナリスト横澤夏子さんが、
故郷の糸魚川へ凱旋するというものでした。

「トゥーマッチな音楽の先生」
「悪口を言わないと言って言う女」
とか、ちょっとイラっとくる女の
細かすぎる物まねをして、
なかなかの観察力とそれを引き出す表現力がとにかく人気です。

知らない方はこちらからw

https://www.youtube.com/watch?v=QAGHwFvJel0&nohtml5=False
(youtubeの動画です)

で、今回、その糸魚川で北陸新幹線でおり、
うちでは、ご家族が待っているというのですが、
まぁお母さんが彼女そっくりで。
とにかく、明るい、笑わせる、動きもチャーミング。
というか、そりゃお母さんがそっくりというより
夏子さんが、お母さんに似たということなんですけれどね。

で、
番組制作のADがこう聴くのですね、

「お母さん、
 お父さん、
 娘さんが芸人になるっていって、どう思われましたか?」 

「娘がこんな、品のない芸をやるなんて、
 いやでしたわ・・・・」

とステレオタイプの答えを求めていた
視聴者やお茶の間は、どうみたのでしょうかね。

その、チャーミングなお母さんの言葉が印象的でした。

(多少、古川が、加工していますが)

「いま娘は有名になったけれど、
 大事なのは、夢を掴んだかどうかじゃないんです。

 人は皆、
 あれやこれやってうろうろするもの。

 夢を見つけるまでが大変なんです、

「夢を掴むかどうかというよりも、
 よくその夢を見つけたねってって言ってあげた」


と応援していたお母さま。
なんかすごい深い言葉に感じました。


「電話ボックスで、忘れたカセットが・・・
(略)  夢が見つかるまでは、
ソバにいて欲しいから~♪
(TMネットワーク The Point of Lovers)」
の唄を思い出しました。


夢って何だろう。
あなたの夢は何ですか?といわれて
即答できなければ夢ではないと、
船井総研の当時の社長がよくいっていた。

・夢はすぐ言えるから夢である。
・夢は掴むからこそ意味がある。
・いや、夢なんていらない
やりたいことなんてなくていい、
今を一生懸命であればいい、
・夢と人とかいて儚い。

そんな中で、

・夢は掴むより見つける方が大事

というのは刺さりました。

みなさんの夢持論はどうでしょう。
編集 / 2016.04.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【89歳シャキっとおばあちゃん×地域おこし協力隊@川上村  】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【89歳シャキっとおばあちゃん×地域おこし協力隊@川上村  】

川上村、高原。
89歳のY さん。

急斜面の畑を耕していながら、
そのシャキっとした背筋と独特のトーク力に引き込まれた。

地域おこし協力隊として3年目となる
神保君と岩本君との野菜収穫の現場へ。

そして弊社の社員やインターン生が
協力隊の支援隊として写真撮影などのサポートへ。

Yさん、ソトモノにも慣れているようで、

「あなたはどこから来たの?」

「新潟!」
「青森!」
「広島!」
「京都!」
「大阪!」
「東京!」

ってみんな全国の違うところから川上村に来た。
こりゃ、すごい。

(交流人口が増えて、
そういうことも慣れてきたのか)

でも、そんなとこにも驚かず、

「私は、殆どの県に行ったことがあるわ!
いってないのは○○県だけだね!」と返す。


神保君はもとより
まだ1年経っていない岩本君のことも名前も覚えている。
「A君も可愛いわね!」と元気な様子。

元気でいられること。

・体を動かすこと
・人と出会うこと
・頭を使うこと(ちょっと小銭が入ること)

よく
「村のために」とかいうが、
そういう抽象物を相手にするのでなく、
具体的な誰それのためにと頑張る彼らは、
最大限の収益性と生産性というゴールを計算しつつも、
福祉的社会的な支援活動として集中する。

そして、
Yさんがこんなに元気。
急斜面のおばあちゃんの生き様。

素晴らしいね。

(久しぶりに
学生時代のインターンの気持ち、
 原点を思い出したのでした。)
編集 / 2016.04.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ