スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【作曲家リスト と 中川翔子は 一緒だった。  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【作曲家リスト と 中川翔子は 一緒だった。  】

土曜日、
NHKのEテレを見て、なるほどっというお話。

超絶技巧といった極めて難しい演奏方法によるピアノ曲を多数
生み出した作曲家(演奏家)リストの話でした。ベートーベンの
すべての交響曲をピアノに編曲アレンジしているリストは、
オペラも、バイオリンも気に入った曲は何もかもピアノで表現
するという演奏家でありました。

ドイツ語圏でしか広がっていなかったという当時の交響曲を
ピアノ一台でも聞いてもらえるために、また世界中に、気軽に、
この楽曲を聴いて欲しい、広めたいという理念のもと、ピアノ
に編曲をし、各国で演奏活動をされていたという話でした。


これを聞いて、ゲストの、しょこたんこと中川翔子。


「リストさん、かっこいい! もうメロメロです!」

といったあと


「そういえば、
私は、実は昭和のアニメソングを、
 アレンジして、よく歌っているんですが、
 あるファンから手紙が来て、

 『しょこたんの唄を聞いて、
 実は原曲を知ることができました!
 ありがとうございます』

 って書かれていたんです。
 
 なるほど、わたしはただ好きで自分が
 コピーして謳っていたのに、
 そういう原曲にたどり着くきっかけになっただんたと。」

うむ、深いな(by古川の感想)。

確かに、
なかなか難しい、原曲や原本へはいっきにたどり着かない。
そこに一段階を経て
到達するアレンジャーの存在。
コーディネーターの存在。

おそらくリストも、当時は、批判もあったことでしょう。
あんな風にアレンジしやがってと原曲の作曲者から
言われたこともきっとあったでしょう。

しかし、それでも世界中に、素晴らしい曲を広げたい。
という理念のもと編曲と演奏を続けられあt。

交響曲よりも、
小さな人数編成で行う交響詩というジャンルも
彼が作ったと学びを得ました。


すなわち、
地方創生、林業再生
色々な「伝え手」が、本当に必要だと改めて認識した次第。
です。

1 原本(現場)の歴史、理念をよくしる。
2 自分なりの翻訳した「何か」を創る。
3 演奏(発信)をし続ける定期的な機会を創る。

Eテレいいですね。
そのあとの、キン肉マンの声優神谷明と
俳優の鈴木亮平との対談もよかったです。

スポンサーサイト
編集 / 2016.02.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【自転車競技も 地域づくり と 一緒 】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【自転車競技も 地域づくり と 一緒 】


全日本実業団自転車協議連盟
http://www.jbcf.or.jp/

こちらのゼネラルディレクターに出会った。

パナソニック、シマノ(釣り具)、ブリジストンなど
大手境がが中心だった自転車競技が、
いまや、宇都宮や那須など地域チームが勃興しているのです。

競技自転車、
地域チームとしては1億5000万円もの売上(スポンサー含む)
があるところもあるほど盛り上がっていて、
最近、宇都宮では、12万人動員の2億円規模の自転車競技
イベントが開催されました。

地域×スポーツでいえば、
今治のしまなみ街道が良い例で、
一般市民も参加できるような「道」が出来ている。


Jリーグの理念を目標にしていると。

プロ野球とは違うものをつくろうと
Jリーグ100年構想が立ち上がってから20年以上。
ほかのスポーツがその背中を見るようになった。

今回であった方は、
本職は別で、
別の顔として自転車のゼネラルディレクター。

全然、
別件の林業関係のシンポジウムを主催するコンサルさんで
お会いした方。

話の流れから、「実は私こういうこともしていて」と。
サッカーの話しでも盛り上がったわけです。
色々なヒントを頂きました、まとめると以下です。


1. 諸々スポーツ(体を動かすこと)の余暇市場の広がりを実感し
2. 地域づくりとは、手広いかかわり方が大事であり
3.すべては教育とエンターテイメントの両立がポイント
4.スポンサーを巻き込む見せ(魅せ)方
5.コンテンツやツールの充実

さらにまとめると
山村人口、林業人口を増やすというより、
それ自体が面白いというところへ。
今日もよろしくお願いします。
編集 / 2016.02.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【無尽という信頼 今治市にて】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【無尽という信頼 】


無尽ってご存知ですか?
ラララ無人君じゃないです。
無人じゃなくて、無尽です。

この日(12日)、今治には、
「無尽(無尽講)」という相互扶助の地域活動を支える仕組み
があると初めて聞きました。

自治会のような規模でやる共済のようなものですね。
でも自治会とは違って、有志グループが融資するというか。

みんなでお金を集めて、弱いものを助けたり、事業者に貸し借
りをしたり、またそのお金で旅行や飲み会にいったりとするも
ので、情報共有をするグループそのもののことも無尽といい、
その仲間で行う飲み会(情報交換の場)のことも無尽といいます。

信用金庫、相互銀行、地方銀行の基となった金融形態でもあり、
愛媛銀行の前身は愛媛無尽(株)というとのことです。

日本では、
今治以外に、会津若松市と甲府市に残っているとのことですが、
今治では、割賦取引が初めて始まった場所とも言われ、つねに、
小さい事業者が真剣に生きてきた証があるといい、また瀬戸内
海の外へ向いていたこと、造船など世界に目を向けていたこ
となども地域特有の文化としてこの無尽が残っているとのこと。
など教えて頂きました。

ゆえに、今治市には、小さな居酒屋が町の至る所にあり、
チェーン店や大手が入りにくい場所とも。

この日(12日)は、地域づくりでお世話になっている法政大学
の准教授と、FC今治の取締役とで、情報交換&諸々の談義。

点が線に、線が面にと
地域スポーツの在り方、自治とは何か、農協の在り方まで
教育とは何かと、非常に楽しい時間を頂きました。

林業事業者はPL(損益計算書)で考え、
山林所有者はBS(貸借対照表)で考える。
しかし、山林所有者がCF(現金勘定)で考えすぎたから
林業はダメになったのでは!?という話題など・・・・。

サッカーでいえば、
地域クラブは、スポンサー集めと収益事業と、
その理念の共有は!?

あっという間に時間が過ぎましたが、
改めて、地方創生とかの一番が大切なことは、
自治とは何かという事。

①地域での活動とは 
②相互扶助の精神とは
③独自の共済(金融)とは

というところがあっての話しであること。もちろん暮らしの
中での、ビジネス話はもちろん大事だが、それだけでなく、
信頼とは何かを再確認しました。二宮尊徳の思想にもありますね。

まさに、
顔の見えない都市銀行にお金を預けることでもなく、
共感だけで共通の汗が見えないファンドの世界でもなく、
もっと身近な信頼とは何かということ。

今治の無尽から教えて頂きました。

そうそう、寄付金で集めて作った
ガンバ大阪、吹田市の新スタジアムも昨日(14日)、
こけら落としでしたが、
FC今治にいた、元日本代表の山田卓也選手は、今度は、
奈良クラブへ移籍ということで、近くになりますし、
面白くなりそうですね。

それでは、今週もよろしくお願いします。
編集 / 2016.02.12 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【戦略的に、とは何でしょう。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【戦略的に、とは何でしょう。 】


今日は、
別の場所で、3件も、ある意味、同じシーンに出会った。


井の中の蛙大海を知らず、っていうことだけでもないんだが。
藁をもすがる気持ちというのもわかるが。
なぜ、自らの価値をどうして自らに下げるのか。


たとえば、

ABCしか知らない中で、Aを選ぶならまだいい。

しかし、
Aしか出逢わずしてAを選ぶとは何事ぞ。

さらに、信じられないのは、
自らAに会いに行ったわけでなく、
Aがたまたま来てくれたといって喜ぶとはもっと残念なることか。

本当は、
ABCだけじゃなくDEFGを知れば、
EやGと繋がったほうがもっと幸せなのに。
たとえば、もっと交渉ができるのに。

適正価格とは何か。
需要と供給のバランスがうんぬんじゃぁない。
それは、最も高く買ってくれる人の示してくれる金額である。

だから、
もちろん
ABCDEFGHだけでもなくIJKも知ったほうがいい。

もっと知ったほうがいい。
地域の外を見ろ、全国を見て、世界を見て・・・

しかし、
残念ながら、時間は有限だ。
しかし、
残念ながら、実力ってものがある。

だからこそ、IJKまでと、線を引くのは必要だ。

よって、戦略的にっていうのは


1)想定する戦場(市場)をどこにして
2)想像できるライバルと比較をして
3)その中で、自分の強みを明確にし、
4)限られた資源(時間・資本・人材)を
5)いつ、どこで、そして・・・、
6)どのように攻略するか

っていうことが大事なのだ。

それって価格は安すぎないかい?
それって軽率に付き合いすぎないかい?
今日は3回そういうシーンがあった。

ある地域商圏で、
Aというレベルでビジネスが成り立つのは
その商圏内での顧客群が、
レベルが低いからである。
Aというケーキ屋が一番だと思っていればいいからだ。

しかし、
情報がこれだけ、簡単にはいってくれば、
井の中の蛙が幸せっていうことはなくなる。
あっちこっちうまいケーキ屋を知るから、
顧客は移動する。

レベルとは何か、
それは、都市か田舎か、
どこに住んでいるかではなく、
知っているか、知らぬか、
経験しているか、していないか、

いま、そこで満足してはならない。

もっと世界を知り、

井の中の蛙大海を知らず、ただ空の高きを知る。
という続きの言葉も後から作られたが、

最後の最後は、
イチロー選手のように、
自分との戦いの世界へいけたらいいなぁって思うが、
もっともっと勝てる試合を自ら負け戦にしている人が多すぎる。

で!

また気付いたのが、
もっと自信をもったらいいのに!っていうことと、
あとは。私の、足りない点でした。
なるほど、だから、これをしなくちゃいけないのか!
というのが明確認。

やります!まず、この3月までが勝負ですね。

編集 / 2016.02.09 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【四月は君の嘘(漫画) 】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【四月は君の嘘(漫画) 】


勧められた本を読む人2割
そのうち、その本の感想を書く人2割
そのうち、自分事化して自分に活かす人2割

2割×2割×2割は0.8%(約1%)

だから、
勧められた本を読んで、その感想を誰かに伝え、自分事にするだけで、
おおよそ100人の1人の人材になれると、
某経済評論家がおっしゃっていました。


「四月は君の嘘」

アニメ界、ネット界は、君嘘と略すその漫画は、
1~11巻で完結するもので、
その完成度が素晴らしいと絶賛され、熱狂的なファンが多い。
私は漫画本でしたが、
あっという間にその世界に取り込まれてしまいました。


川上村でのビジネスマッチング交流会で
ある参加者が、

「ビジネスをビジネスで学ぶことも大事ですが、
 この漫画は面白い!
 必ず、伝え方、感じ方、そのヒントになるから
 是非、皆さん読んでほしい。」

と。

それ以上のことは言わなかった。
詳細は知らなくてよかったと思っています。
さっそくすぐ買いまして、昨日、11巻をすべて読みました。


漫画本の帯にはこうある。
>>>
母の死をきっかけに、ピアノを弾けななった天才少年有馬公生。
目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色を失っていた。
だが・・・14歳の春、一人の少女との出会いが少年の運命を変えていく。
暴力上等、傍若無人、そして個性豊かなヴァイオリニスト・宮園かをり。
少女と過ごし日々は、少年の世界をカラフルに色づけていく
>>>

といっても文字で伝わらない。

漫画の描写力、過去と未来と現在の混ぜ方、
そして、誌的な言葉たちが素敵すぎでした。


「自分の足で、走り始める」とは何か?

「僕は旅に出る」

「音楽には、言葉が要らない繋がりがある」

親の教育とは何か、親のエゴとは何か、
親のレールを歩くことから、自分が走るとは何か。

何よりも、主人公が、

「君は自由だ」

と、その女の子にいうときに、

「いや、音楽が自由なんだよ」

と返すシーンは、
過去のトラウマ、常に規律や決まりを守る
生き方をしてきた少年にとっていかに解き放たれる瞬間だったのか。

モノクロな人生をカラーにするのは、
人のために思うことなのか、
過去からの呪縛から解き放たれる時なのか、

努力とは何か。
ライバルとは何か。
背中とは何か。もちろん、恋とは何か。

勧めてくださった方に感謝です。

11巻、アニメ動画をみるのもいいですが、
実写版は今年9月公開予定なんですね。
編集 / 2016.02.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。