スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【欲しいの?やりたいの?】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【モノが好き? ヤルが好き?  買うの?買わないの?】


あなたはどっち?

一級品のモノを購入する、
一級品のサービスを堪能する

それよりも

自分ができる範囲で、
自分でつくっていくのを愉しむ

どっちが好きですか?


最近の若い人には欲がないという。

高級車が欲しい、いい家に住みたい、
よい絵画をみたい、よい音楽を聞きたい。

そういう欲がない。


ワールドカップがどうなろうと、関係なく、
プロ野球とかを応援するよりも、
自分でやったほうがいい。

テレビでやっている他人の世界には全く興味がない。

その割には、インターネットの
はやりすたれといった二次情報には踊らされ、
知ったつもりの満足感という十分さにありふれた毎日を送る。


結論は、
どっち!?じゃなくて
両方なんですよね。


本当のプロを知らない、
本当の一流を知らない、

だから、それでいいやっておもっている
「自分がやる」の愉しさと


本当のプロを知り、あ
本当の一流を知ることから、

そこに自分では到達し得ない、ものを
価値交換としての金銭比較によるあこがれを持ちつつ、
自分ができるものを、

いつかそれを買いたい、
いつかそのサービスを体験したい、

そういうものを見せられていない
先輩たち(わたしたち)も問題なのだろう。


マドンナのマテリアルガールという歌を思い出しても
時代に合わないとはいえ、
では、
本当に物質的なものにも、

私もそうだった。
モノに興味ないなんて、いっていた。

やはり桜製作所の家具を見て、工場を見て
ホンモノって何ってのを知り、そしていつかは
この家具のある暮らしをしてみたいとおもった。

等。

量へのあこがれから質へのあこがれになったとしても
それは物質であるに違いないにもかかわらず
いいものはいいんだ。


A世代
 マテリアルガールというか、
 モノが好き!イイモノが好き!世代
 高度成長期的なライフスタイル世代。

B世代
 モノに憧れなどそもそもなく、
 情報に有り触れて、
 やっぱり自分がやる!がいいと思う世代。

C世代

 本物もしり、プロを尊敬し、いつかそれをとおもい、
 それで、自分でもやる!を愛しながら
 その美的さと、泥臭さを両立する世代

っていうのかな
次だね、次。

貴方はどのプロセス!?
スポンサーサイト
編集 / 2015.10.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【DNAか、環境か。 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【DNAか、環境か。 】

今日(15日)の川上村にて。
0才の吉野杉の種から、
200才の吉野桧の巨木まで、一度に現場から見えたものがあり、
永年の事業プランがみえた1日でした。

私も、
種取と種の育成方法など
あらためて勉強になりました。

この日、吉野かわかみ社中で、三重県の苗木生産業者と情報共
有&懇談会がありました。長い時代に渡って(紀伊半島の)老
舗林業産地を中心に川上産吉野杉の種からも実生苗を作ってき
た生産者。

吉野林業地においても植林地が激減している中で、吉野杉の
品種の価値を再確認。発芽率、成長性についてまず学びつつ、
土倉庄三郎という植林王(造林王)の想いも継ぎながら、現在
の事業者利益と両立しつつも、改めて林業は素材業と言える
とすれば、その差は、

①DNA(品種)
②土壌(気候)環境 
③計画的育成(競争環境) 
④人の手と愛と辛抱 によると、

改めて思った次第。


ブランド豚となったみやじ豚の話にも似ています。
人間の育て方も、DNAか環境かとも言われますよね。

で、500年の歴史を継承することに向けて社中メンバーが、
一つの目標を提示。そして、熱く語られた。本チャン吉野杉の
DNAを残すためにも、苗木生産と植林事業を3~5年計画で
まず始めていく予定で、
村一体となった社中のチャレンジはまだ始まったばかりです。

社中の中でも、
森林組合と行政が具体的には一緒に進めていくこと思いますが、
栗山村長も「どこでも同じ林業再生プランではなく、うち独自
でかつ、日本の国土保全と、世界にも例なき地域として、誇り
をもって進めたい」と。

やはりそれには
「種」と「撫育」にありと。
明日の利益も大事だが、未来への投資も。

とあれば、岐阜県と大手ハウスメーカー(林業会社)と
苗木育成を始めたばかりですが、ここ川上村も
計画的にやっていきたいところです。

DNAか環境か
両方ですよね・・・。

子育てアドバイスも含め、
改めて皆様今後ともよろしくお願い致します。
編集 / 2015.10.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【1.01の法則と0.99の法則 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【1.01の法則と0.99の法則 】


1.01^(365)=37.8

0.99^(365)=0.03


1.01の法則、こつこつ昨日より今日、1%の成長をすると
1年後は、37.8になり大きな力になります。

0.99の法則、逆にちょっとサボれば、0.03になり、
やがて力がなくなります。

って書いていある看板があり、写真を撮って、本日の講演で、紹介しました。


小さなことを積み重ねているうちに、
大きな結果になりますということはわかっていても
数字にされるとよりはっきり見えてきます。

明日やろうは馬鹿やろう

とはいったもので、いまの自分に一番言いたいことです。
編集 / 2015.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【「幸せ」の定義と再定義 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【「幸せ」の定義と再定義 】

行為には2種類ある。

自己充足的行為と
手段的行為。

この話は昔良くした。

それ自体をやっていることが楽しい(幸せ)というのと
何かのための手段的行為。

本を読む
小説を楽しんで読めば自己充足的行為。
受験参考書だったら手段的行為。

心地よく歩き汗をかくウォーキングなら自己充足的行為。
駅まで歩くだったら手段的行為。

という。

でももっと幸せとは、
目的をはっきりさせた手段的行為をやりきった瞬間にあったりする。

いやまたもっと別の幸せは、
手段的行為を自己充足的行為に変えていくことだったりもする。

さぁどう考えましょうか。

この日、
盛岡から岩手大学の学生が、川上村へやって来た。
インターン生(候補)としてだが、
「しかし、君おもろいなぁと
地域のリーダー上嶌さんに評価された」

そんな彼は、

盛岡→東京
東京→大阪

と夜行バスを乗り継いで関西方面にやって来た。
2泊3日かけるわけであるが、
こんな彼がこういった。

「2回連続の夜行バスの後、
 3日目、普通の布団で寝るのがすごく幸せなんですよね~」

と。

なかなか
幸せとはって、わかっとるなぁと思った私。


ヨーロッパの民話にこうある。
哲学者の先生と農家(畜産家)の話。

「先生、おうちが狭くて、広くしたいんです」

そうか

「家畜の牛を2匹家に入れなさい。また1週間したらくるから」

と、素直にそうした。

「先生!全然、家が広くならない、どうしたら!?」


「そうだな、次は豚を3匹入れなさい。また1週間したら来るから」

と、そして疑問に思いながら素直にそうした。


また1週刊がった。

「先生!やっぱり狭くなっただけです、次はどうしたら?!」

「そうだなぁ、次は鳥を5羽いれなさい。また1週間したら来るから」

と、そして怪訝になりながらもでも素直にそうした。


そしてまた1週間、3週間がたった

「先生!もう寝るところがないくらいです!もう我慢できません」

「そうかな?いまのままでもう1週間したらまた来るから」

と、彼は狭くなった家に工夫して住むようになった。

そして4週間となった、約一か月。

哲学者の先生はやって来た。

「どうだね?げんきかね?」と

「いや、もう精一杯なんです」っと農家。


「そしたら、全ての家畜を外に出しなさい。
 また一週間したら来るからと」


そして1週間後、
またやってきた哲学者の先生にこういった

「先生、家がとても広くなりました!!!!」

と。

幸せとは何かというときによく使われる題材(ストーリー)である。


さて、
皆様はここでどう思うか?


幸せとは「量」ではなく「質」でもなく、
相対的な「差益」を感じたときに産まれる脳の感じ方。

人の不幸は大好きさぁ♪
というボーイの唄もあるが、
他者との比較でもあったりするものだ。恐ろしいがね。
人間の本性。


であるとすれば、夜行バスの話もそうだが、
幸せの定義、いったん、そこまではいい。

では、その先に、皆が哲学者ならどう考えますか?


1)それを知ったうえで 
    幸せをコントロールした、人生を歩む。

2)幸せ(相対的差益)を得ることは、
   幸せの本質的ではないと考え、
     新たな幸せ(あるいは違う軸)を模索する。

3)自分の幸せより相手の幸せを考えたうえで、
   本当の自己犠牲ゆえの幸せを得られるかどうか。


みなさんはどうですか?
編集 / 2015.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【やっぱ利益でしょ?やっぱ理念でしょ?のよき成長スパイラル。 】
カテゴリ: 理念と利益
【やっぱ利益でしょ?やっぱ理念でしょ?のスパイラル。 】


利益至上主義の人がいる。
その人に対して、
「おまえここまでこいよ!」
と素晴らしい理念のもとにビジネスをしている人がそういう。

で、利益至上主義が飽きて、
あれ、確かに、何のために働いているんだ?
と社会的責任をもったビジネスに変化させ、
理念経営を目指す、すると、ついスピードダウンする。
で、また、
「おまえ、ここまでこいよ!」
という新たな大先輩に出会う。
それは、理念も利益もどんどん最高のスパイラルへと
なっている人からの声だ。

そのプロセスの中で
「別に、利益なんてどうでもいい、
 別に、自分が幸せであればいい、
 別に、相手からの評価は気にするな」

という考えに出会うこともある。
それも間違いではない、
しかしそれを妄信(猛進)しすぎると
負のスパイラルになる。
正のスパイラルになるにはどうしていくか。

若手林業ビジネスサミットというのがある。

全国から若者が集まり
毎年50人近い参加者が集まって、
学び合い、語り合う、2泊3日の若手林業ビジネスサミット。
今年で第5回で京都。

私は第1回の、@高知
の時にゲスト講師という立場で参加しましたが、
今回は、最後のワークショップとまとめの部分に
参加して、お疲れ会に参加。

私なりにまとめると3つの価値があるようだ。

「志のマジメント」

若手林業ビジネスサミットの価値をそういった
実行委員のひとり。

なるほど、
心が折れそうになったとき、改めて見直す場であると。
これは大きい。遠くの同志と集まって、語り合う。
また頑張ろう!と思えるのは大きな場づくりだ。

そして、もうひとつ、
林業に対する「多角的な喜びの発見の場」
持続可能な環境、地上資源の利活用、山林所有者の苦労、
地域ごとの歴史と文化、木材そのもの価値と触れ合い。
「理念」の醸成というか。


そして3つ目だが、
それぞれの特別な地域や場(高知→東京→北海道→高山
そして京都)という場にて、ビジネスの現場を知り、
自分なりの事業や、自分のいる組織での役割を再発見し、
仕事に活かす。


なかなかいいバランスである。
5回ごとにそのバランス(重きをどこに置くかが)
違うようだが、
それぞれの若手も、

3)ビジネスチャレンジ層

2)自発的PR推進層

1)林業興味層となっていて変化している。


それでも最近の若い子は、

「市場規模(事業規模)の拡大に価値はないという」

人が多い。

自分なりの規模、自分のやりたいスピードでやりたいと。

・そう言っている間に、世間はどんどん変わっていくこと。
・「私の方が先に知っている」ということに価値がないこと。
・顧客に評価されてこその価値であるということ。

林業は確かに広がりがある。
トータル林業、フリースタイル林業、キーワードはたくさん。

それが、
価値観のシェア、
価値観の拡大ということが目的化されすぎている
そこに事業化のプロセスをぬいては、

私はまだまだ
その背中を見せられていないという反省にもなった。

理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言

ということに対して、自分自身が気を引き締めて。

私こそもっと結果に拘らねばと
今週も頑張りましょう!!

ワールドカップラグビーだって勝ったから注目されたのだ。
仮想市場に、勝たねばならないのである。
編集 / 2015.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【朝日館という川上村の大切な場所。 】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【朝日館という川上村の大切な場所。 】


京都大学霊長類研究所の権威であった今西錦司 名誉教授は、
愛好家でもありました。

時は1985年、
彼の日本1500回登山の記念となる山を
実は、川上村の白髭岳を選んでき、
新宮の登山グループと共に白髭岳に登られて、
この朝日館に泊まられたのです。

今西教授のファンの方が、
その情報を聞きつけ、どこでもいいから寝床だけあればいいからと
取材に同行したいと熱心な記者も来られました。

今の女将さんが、
接客にあたられたそうで、
今西教授は、1985年当時ですでに82歳。
(現在は亡くなられておりますが)

そこで、こう話されといいます。

「私はね、京大の学生だったころ
  60年前にも、
   ここ朝日館に泊まったことがあるんですよ。」

といわれ、それはそれは、
嬉しかったものだと回想されたお話を女将さんから聞きました。

先代のころから朝日館にいらっしゃっていた。
60年ぶりのリピーター。

その今西先生の手書きのサインが、
朝日館には残されています。

女将さん、
地域おこし協力隊の子たちを可愛がっていて、
今年の9月、
協力隊のTくんと一緒に、
なんと、
ほぼ70歳にして初めての富士山に登られた。

「T君のおかげで、
 私は挑戦ができたし、元気もいただいたんです。」

と。

人のつながり、そのご縁が、ずっと続く形のために・・・。

またここでは足りない朝日館の魅力もありますが、
今日はここまでに。

編集 / 2015.10.07 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 Jリーグ100年構想は、確かに、進んでいるのか? 地方創生のヒント 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【 Jリーグ100年構想は、確かに、進んでいる。 】


>>>>
岡田武史オーナーのFC今治が四国リーグ制覇。
今季目標のJFL昇格がかかる全国地域リーグ決勝大会に駒を進めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00000005-nksports-socc
>>>>

おめでとうございます!


私は、前節の試合を今治まで見に行ったので、
その時、首位のチームを5-1と撃沈させ、
首位奪還をしたので、圧倒的な強さを誇っているので
最終節は余裕課とおもっていましたが、楽ではなかった模様ですね。
それがスポーツ。

地域から世界を目指すだけでなく、
地域自体を強くしていく。
経済的にも社会的にも。

そこに夢があるのですから。

私の大学サッカー部の先輩が
取締役となり、経営強化も大きなテーマ。
J1チームでも黒字企業は少ないなかで、
観客収入だけでなく、経営の多角化が必要なのです。

とはいえ、
私が高校生の時に始まったJリーグ。

小学校の時は、サッカーと言えばやっている人も少なく、
田舎では野球ばかりで、
テレビでなんてほとんどやっていなくて、
やっているとしたら深夜にダイヤモンドサッカーという
番組をやっていた程度。

日本リーグは、いつも閑古鳥。
海外サッカーをテレビで見るなんてもなったくない。
オリンピック出場も釜本時代以来なく、
ワールドカップ出場なんて夢のまた夢。

しかし、
たった、30年でここまで変わった。

ワールドカップも出て当たり前。
世界で活躍するプレーヤーも増えてきている。

地域リーグの活性化においては、
日本で、世界で、
結果を出した人が
地域に戻りという構図は変わらないが、
名もなき地域から始まって、それが社会福祉までつながる。

岡田さんの理念もそう。

「世界の人たちが、今治という町を訪ね
 おじいちゃんおばあちゃんたちがおもてなし、」 


Jリーグ100年構想というのは、
海外リーグというか、海外に根付いたサッカー文化
をそのまま日本に持ってきて大丈夫かとあったが、
サッカーとしての「勝利」を続けること。
経営としての多面的な「持続性」を追求し続けること。
そこに、暮らしと住民のつながりがドンドン可視化していくこと。

山村だとか木材とかも
30年でどうやってこの世界へと持っていけるか。
サッカーにたくさんのヒントがあります。
あと30年、生きて居られるかな、その時には、
地域資源を活かした林業ってものが、
Jリーグ並みのことができていればと、
今日、海外視察に行っている友人クライアントを思いつつ、
がんばろう!って思うわけです。

(結構、私の周りでは、
それに、近づいている気がするんですけどね。)


<まとめ>
Jリーグ成功の要因

1. J1、J2から地域へとプラミッド構造を作ったこと
2. 勝利を目指す高い技術力の追求
3. サッカー自体を誰でも参加しやすい魅力的なものに。
4. 地域文化に掛かる理念とその住民との密着性
5. サポーター、スポンサー、スタッフ、フロント、コーチング等の各参画者の関係性
6. 経営の多角化(収益性)

順不同。

林業の世界も、山村活性化の世界も
30年後は大きく変わっていることを願って。
いや、1年1年変えていけば。
自分がもっともっと頑張らないと・・・。

編集 / 2015.10.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。