【わが未知をいこう 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【わが未知をいこう 】

コトラーのマーケティングコンセプト。

もう古いし、これが100%正しいわけではないが、
あらためて、林業とか古い業界体質があるところは、
十二分に学ぶべきだろう。


今日のビジネス界が直面している中心問題は、商品の不足では
なく、顧客の不足である。すべての企業が10%の売上増を目
指したにもかかわらず、市場全体の成長率が3%であれば過剰
生産という結果になる。続いてこの過剰生産がハイパーコンペ
ティションをもたらす。競合各社は、何としても顧客を引き寄
せようと価格引き下げや景品の付加に走る。この手の戦略は、
最終的に利ざやの縮小や利益の減少につながり、企業倒産を招
いたり、合併、買収を加速させたりすることになる。

価格に頼ることなく競争するにはどうすればよいのか。

その答えを教えてくれるのがマーケティングだ。マーケティン
グの理想は、販売活動が不要になるところまで標的顧客を知り
尽くすことだ。
>>>

ということ。

どうも
全国の森林・林業ビジョン等の概要を見て思うに、チャレンジ
プランやそのアクションプランにおいて、資源量や生産量、自
給率や県産材シェアなどの数値しかなく、本来あるべく、マー
ケットボリューム、シェア、売上目標、粗利率、労働分配率、
雇用数、目標年収、といった基本がまったくなくて、悲しくな
ることがあります。

あらためて
普通の「経営」をする体質にしたらどうしたらよいか。
そこだけに尽きると。

で、
世の中の企業(組織)には、以下4つがあります。
これもコトラーのマーケティングコンセプトに書いてある。


(1)新しく事を起こす企業(組織)

(2)事が起ったのをみて反応する企業

(3)事が起ったのを見ても反応しない企業

(4)事が起ったことに気づかない企業



あなたは、どうでしょうか。
行政においても一緒でしょう。


新しいことを興す
というのを、

儲かっていることとしてもよいでしょう。

私は、以下のように分類していて、


①アイディアがまったく浮かばない、考えられない組織

②アイディアはあるが実行していない(実行できていない)組織

③アイディアを実行しているが、軌道に乗っていない組織

④アイディアを実行しており、軌道に乗っている組織

とわけて、
みなさんどうですかと尋ねます。

アイディアを事業計画としてもよいでしょう。

①の場合、殆どが、プラス発想・勉強好きではないことが多い。

②の場合、殆どが、勇気がないだけのこと。
      やらずに悔やむよりやって悔やめ
      でも、資本がないということもありますね。

で、③の場合は、いろいろあって
 1)実力不相応である
 2)あきらめが悪い
 3)そもそもアイディアが間違っていて、
    他人の意見を聞く素直さがないパターン
 
等などいろいろあるんですが、

殆どのケースが、②のまんまで止まっていることが多いのです。

だったら、

A)その背中を押してあげる
B)(阻害要因)摩擦を取り除く

それをやってあげなければ、我々のような仕事は意味がない。
そして、自分自身が、変わらなきゃ、

やっぱり
保証のある人生の何が楽しい!?

って、そう思っていたら、いいCMをたまたまみました。

吉野かわかみ社中の代表が乗っている車、

スバルのLEVORGの CMでした。

(参考)youtube CM
 https://www.youtube.com/watch?v=XoH7r7-yc4A

>>

「一緒ならどこまでもいける気がする」
そして
「わくわくすること、あきらめない子供達へ」

さぁ、

「わが未知をゆこう」

スバル レボーグ

【安心と愉しさを スバル】
>>>

ぐっときました。
さぁ、9月になりますぞ!
がんばりましょう!
スポンサーサイト
編集 / 2015.08.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【会議じゃないとこでの会議を。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【会議じゃないとこでの会議を。 】


会して議せず
議して決せず
決して行わず

これが、ダメ企業、イナカもん会議だって、と某ビジネス
スクールで教わったことがありました。


改めて、きっちり会合を開き、議論をし、決定し、そして実行
していくこと、という当たり前のことができるかが、それが、
優良企業となり、脱いなかもんとなると。

都市部に暮らす
農村部に暮らす

という基軸ではありませんと。

それでもたまには、ただただフリータイムってのも必要だ!
ということが都市部ビジネス界でも広がり、
ランチオンミーティングとか
夕方飲み会(立食形式)をしよう!
とかも広がったりもしました。

あと喫煙所、
これもまたよい話が出たりします。


まぁ
堅苦しい会議とか、ワークショップ形式とかいうより、
大事なことがもっとありますよね。

ぎっちりした会議が苦手なら、
 コミュニケーションの場は
 もっと色々な形、色々な場所につくっていこう!

<会議場以外で話題が進むランキング>

1 居酒屋
2 喫煙所
3 喫茶店
4 雀荘
5 夜の街
6 バーベキュー
7 温泉(スーパー銭湯)

ってこういうのだとね
いいんですけれどね、

話を、殆ど覚えてないってなるw。
せめてちょっとしたことだけはメモをとる。


1 集落のまちづくり自治活動
2 スポーツ(野球)
3 自然散策

ってのもいいですよね。

もちろん、作業の現場現場ってのが最も大事ですけれどね。

井戸端会議と入ったもので
皆様にはどんなしゃべり場がありますか?

気軽さ、楽しさ、面白さで。
編集 / 2015.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【もう営業なんてしないなんて言わないよ絶対。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【もう営業なんてしないなんて言わないよ絶対。 】


営業が大切ってわかっていて行動している人には
読む必要がありません。

でも、営業って必要って思いながら、
なんとなくしっくりきていない人に向けて書いてみました。


とあるビールメーカーの営業マンの漫画で「営業の牧田です!」
という漫画があります。

とあるシーン。

若手のビール営業マンは、営業に対して強い思いがなく、
販売先の小売店の店長さんからこういわれました。


「店の棚は戦場なんだよ!

 日々、どんな商品が売れるか考えて置いている。

 なのに、そこに何の営業もしてこねぇメーカーのものなんて
 置けるかっての!」


とドヤされるのです。
そのあと奮起していくわけですが、
これに対して私が思ったことがあります。


林業・製材業の方々に例えれば、
木材流通店の店長にこういわれるでしょう。

「ストックヤードってのは戦場なんだ。
 日々、どんな建材が売れるか考えている。 
 なのに、そこに何の営業もしねぇ国産材なんて
 おけるかっての!
 外材の商社のほうが顔よくだしてくるわ!」

あるいは、
工務店/設計士の社長にこういわれるでしょう。

「住宅建材ってのは戦場なんだ。
 日々、どんな住宅が売れるかを考えている。
 デザイン?間取り?快適性?エコ?
 だのに、そこに何の営業もしねぇ、
 木材なんて使えるかっての!
 LIXIL等日々商品が進化してるっての。」


っていわれるでしょう。

吉野かわかみ社中の開所式で、
販売マーケティング部門への期待を込めて

「世界のトヨタは、
技術力あってこそと思われるが
世界に誇れる営業マンがいるからだ。
吉野林業のセールスマンがいない!
ぜひもっともっと売っていこう!」

とご来賓の方から応援メッセージを頂きました。

同じように、
移住定住など促進するという自治体にも言えるでしょう。

こういう田舎にすみたい!っていう人はいっぱいいる、
本当の情報に届かない。

A村のほうがすごい村なのに、
営業上手なB村のほうに人が来る、
で人がきちゃったら、結局、B村の中身がよくなってくる。
で逆転される。

なんてことよくある。

営業っていうと、すごくギスギスしたイメージだったり、
数字だけ、自分の利益だけっていうイメージがありますが、
それこそ、
自らの営業活動をしないやつには、
顧客の喜びもないし、自らの成長もありません。


その前提には、
もちろん自分の商品を愛していること。
で、それで終わらない。

これは、大前提ですが、


1.顧客ニーズにあわせ、商品ニーズをきっちり伝える。

2.売っていくための対面営業の行動を惜しまない。

3.(           )


この3つが大切です。

3つ目はわかりますか?

受身の人間(業界)の人を変えるのは大変なことです。

しかし、受身の人間でもできることが3です。

そして、
2の対面営業が得意な人にとっても、
チームとしての安定した受注につながるので、
どっちのタイプでも必要なことです。


それが、
理念反響型営業(見込み顧客づくり)です。

それの組み立てには、
いくつかのポイントです。

将来どんな顧客に出会いたいか。
市場、モデル、ターゲティング、理念発信、
反響型ツールをどうするか。

事業計画など立てる時、将来顧客リスト、見込み顧客、見込み
市場はどこにいて、そのリアリティはどのくらいあるか。
それがないと銀行はお金を貸してくれません。

山林所有者に対する集約化も同じです。
見込み顧客に対する反響型営業です。

見込み顧客×反響率×商談率×受注率 です。

で、どこにそういう顧客がいるの!?
から一緒に考えて、商品サービスを展開します。

最後にもう一度。

営業なんてくだらないと思っている人へ。

だったら自分の商品サービス力に自信をもっているとはいうが、
あなたがホンキにならないから、
自分よりも低い商品力、低いサービスが、市場を席巻するんです。

それを手にした顧客は不幸だと思いませんか?

本当なら、あなたの商品サービスに出会っていたら
もっと幸せになっていたかもしれない。


もう営業しないなんて言わないよ絶対~。
 
って頼みます。

継続的な情報発信、見込み顧客づくり、
商品サービスの向上。

中身あっての営業力ということですが、
やはり、「戦場」ってことば、
ありましたが、あれはさぼってしまう、
自分の心の中にあるものです。

自分に負けぬよう・・・。
編集 / 2015.08.24 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【囲い込みたい気持ちの次にあるもの。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


とある工務店が、仕入先の、イケイケな「木材流通店」に対し
て、こう苦言を呈していた。


「あそこは、囲い込みがひどい。」

と。

他にはない、モノだけではない、色々なサービスを提供しているから
いいんじゃないか。愛と情熱があるし。
すごく熱心な木材流通店だから、
私はそういう声があるとは
まったく気づかなかった。

何故、囲い込むのか。

それは、不安の反対でもあると。

依存や束縛からの脱却こそが、
本当の「愛」であるということは、
恐れおののく程の大きな「破壊」を経験せねば、
その意味は理解し得ない。

かつて、そう教わった。

そして、
その後、こんなポエムを頂いたことを思い出した。


「ゲシュタルトの祈り」
http://www.ieji.org/archive/das-gestalt.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

http://www.ieji.org/archive/das-gestalt.html

何度も紹介しているが、
破壊の時に読む言葉。

で、
私のとあるお客様、衝突もあった、自分の思うような顧客像では
なく、自由、自立、微妙な距離感にもなった。

でも、それが本当の顧客像。
自分が思うようなっというのが驕りだ。

しかし、最近、突然に、連絡があった。

「新たなプロジェクト始まるんで、一緒にやらないか。」


執着から、手放しなさい、解き放ちなさい。
難しいけれど、そういうフェーズって、どこにでもある。

執着したからこその次のステージか。


それでも、執着しちゃうのが人間か。

好き×憤り(コンプレックス)

福山雅治(46歳)も、まだまだコンプレックスという執着が
いっぱいあるって、テレビでいってたなぁ。
あんなすごい人でもそうなんだなぁっとか。

みなさんいかがですか。
編集 / 2015.08.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【フリーである強みと弱み。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【フリーである強みと弱み。】


フリーランス(コンサル的立ち位置)である強み。

1.自活の力はどこでもいきられる
2.既存コミュニティーを横断できる
3.「作品(サービス)」の瞬発性が高い
4.広く浅い話がすぐ入る
(特定の利害関係がないと関係性が柔和である)

フリーランス(触媒的立ち位置)である弱み。

1.組織で大きくなかなか動けない
2.既存コミュニティーに入りにくい
3.「作品(サービス)」の永続性が弱い
4.本当に深い話は聴きにくい
(特定の利害関係があると関係性が変化する)

結局は、
解釈次第であり、
その中で一番いえることは、
いまの場が如何にチャンスのある環境であるかということ。


その時にその弱点を長所に変えられるかは
周りの意見によるということ。


それがなにがしかの
組織であるかどうかは
行動と結果を共有した関係体であって
理念や旗だけで集まっても
それは組織として体を成さない。

たとえば、
オフィスにいてPCに向かっている時間が多すぎないか?


私自身が、フリーランス的に生きている立ち位置だが、
自分には気づかなかった(届かなかった)情報(誤解)を
得ることができ、次のアクションを明確にすべくことができた。

すなわち
「思っているだけ」ではだめ
「伝えなくては」伝えているだけではだめ
「うごいていかねば」ということなんですよね。

いつも私に色々とご指導ご鞭撻を頂いている皆様へ、
改めてお礼申し上げます、ありがとうございます。

編集 / 2015.08.11 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ