スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【なぜ、自分の給料の3倍を稼ぎなさいというのか。 】
カテゴリ: 理念と利益
【なぜ、自分の給料の3倍を稼ぎなさいというのか。 】



新入社員の初めての給与は、そろそろ
ATMに入ってくると思います。

そこで、


なぜ、自分の給料の3倍を稼ぎなさいというのか。

っていう点に、ついて。

こういうと、

①経営者側の勝手な都合では?
 と思うのと

②公務員には関係ないし。
 と思う事があります。

その2点について、ちょっと。


まず、
その3倍稼ぐという稼ぎは、売上ではありません。
当たり前ですが、粗利益(売上ー原価)です。

だから自分の給料が、その3倍というと逆に言えば、
その粗利益の3分の1が給料だということですね。

それを、労働分配率と言います。

粗利が100万円としたら
33万円が給与と賞与ですよということですね。

で、その内訳をみると、

・3分の1 給料と賞与 (社会保険等は含まず)33万
・3分の1 管理と環境 (運営経費、営業経費、サポートスタッフの給与)33万
・3分の1 信頼と担保 (会社信頼、開発投資、保険関係、配当、税金、利息)33万

ってことでしょうか。

だから、もし33%(3分の1)であれば、
1000万円の年収がある人であれば、
3000万円を3年連続にただき出せということです。

といっても大手コンサルティング会社等では、
実質は、3000万円で、700~800万くらいで、
33%もなく、25%くらいってことですね。

看板代(ブランド、のれん代)が高いということでもありますし。
都会の一等地のオフィスを使わせてくれる、会議ができると
いうところがそのくらいの比率となりましょう。

では、労働分配率をどう決めるかということであれば、
それは経営者の判断であることは確かに事実です。

社員からすれば、もっとくれ!となりましょうから、
他の色々な経費(環境と管理、信頼と担保)を削ったら、
いいのでは?と思いましょうが、おおまかな
今後のビジョンそして経費比率を伝えてくれば十分と思います。

で、個人事業で小さな商売をすれば、確かに
33%ということでなく、50%くらいまで行きます。

だけど、
それはそれで個人で経営をするということは、
不安もあり、リスクもあり、
サラリーマンとは違うということであれば、
サラリーマンは、リスクもかんがみて、3分の1くらいが
妥当だということです。

リスクを背負えるなら、
リターンもやや高いというだけですが、
労働分配率の1~2割アップは、
持続した幸せにはつながらず、
やはりどうやって新たな商品をつくり、顧客作りをするか、
持続可能な経営をどうしていくか、がテーマとなれば、
会計上よいお金の使い方を勉強するほうが得です。

例えば、
1万円の給料アップをするのであれば、
1万円の経費を社員に提供するほうがよく、
(なぜならば前者だと会社としても本人としても更なる税金(費用)が取られるので)
完全プライベートのお金ではありませんが、
自己啓発や会議費(懇親会)等を「ある条件のもと」提供するほうがよいわけです。

ちなみにタクシーの運転手など完全に個人による場合で
労働分配率は40~45%と高いです。

最近では、売上(ほぼ粗利)は1日、
3万円を行ったらいい方といわれていますから、
3万×20日=60万→24万円(月)くらいです。
それでも今は1日1万円だ2万円だと嘆くかたがいます。
タクシーに乗ったら、売上どのくらいですか?
と聞いてみてください。意外と教えてくれます。


(あくまでも33%は目安で、業界や会社によって異なります。
 25~50%の幅はあるというご理解でお願い致します。)

さて、
②公務員は?!
ということですが、
これも同じであるべきと考えて居ます。

1)歳入・税収・交付金等をはじめとして
  予算の獲得方法からその実効におけるもの。

2)行政サービスとして、
  付加価値を出し続けるということ。

3)住民や外貨を落としてくれる観光・企業
  などで活性化を支援していくということ。  


ただし、
行政は、短期的利益ではなく、長期的な利益(公益)
を考えるという点が大きく異なりますから
単純な利益では考えられませんし、
単純な比較はできませんが、
給与の3倍に相当するサービスを展開できているか、
収支管理ができているか、
どれだけ「外貨」を稼ぐ支援をしたか、
どれだけ住民から「ありがとう」といわれたか。


あと、やや話戻りますが、
粗利の根拠ですね。

先ほどの民間事業の粗利の話をしましたが、
コンサルタントであれば、
顧客から頂いたお金(ほぼ粗利)以上に
顧客が粗利を稼がねばなりません。

だから、
1000万円の年収がある人は、
3000万円の粗利をと言いましたが、
それは自社にとっての粗利で、
先方にとっては3000万円以上の粗利を
生み出していなければ、価値がありません。

短期的か中長期的かは別として、
2倍以上の価値を出さねば、仕事は続きません。

例えば、
月20万円という支払いをしてくださる方には、
毎月40万円程度の付加価値(粗利)を生み出すこと
をほぼコミットできるかどうか。です。

また、講演やセミナーで、
一人1万5千円でしたら、
顧客は一人3万円は生み出す
ヒントを提供せねばと講演しています。

それに自信があるかどうか、
コミットできるかどうかが大事です。

全てが
・企画
・実施
・費用対効果

の中に粗利があり、そして給与がある。

だから、
新人である間は、
社員の給与は、会社にとってみれば経費であり、投資であります。

それを3年で見るか、10年で見るか、
社員を、家族と一緒のよう、長期的に考えるか、
ひとりひとりの成長を共に確認できる組織を
色々と作っていくサポートをしたいと思う中、


改めて、
初めての給料は、
最初に勤めた会社で
「親にプレゼントしなさい」
と言われた理由もよくわかります。

色々な環境に、感謝です。
スポンサーサイト
編集 / 2015.04.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【人材育成なんてするな!?中小零細企業 人材育成4つのポイント。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【人材育成なんてするな!?中小零細企業 人材育成2つのポイント。】


久しぶりに
ビジネスパートナーA氏が弊社大阪オフィスに来客されました。

新入社員2人には、ある意味刺激的だったことでしょう。


世間話から、ビジネスの厳しさまで幅広く話題は多岐にわたり、
いわゆる「林業」「山村」にはない、ビジネスライクな人間関
係の怖さやお金の脅威。


「仕事は、入金まで」

組織に入ると、毎月当たり前のようにATMに給料が入る。
そういうものではないということ。

40分ちょっとの時間でしたが、普段に学べない視点を色々と
しったことでしょう。
Aさん、ありがとうございます。


よく人材育成、人材育成といいます。

会社で抱えた人材を「研修」「OJT]だと言葉だけ走り、
なんとか自前で育成しようとする。

それだけでは
足りません。

ある二人の社長の声を紹介します。


ある社長は、「人材育成だなんて、やるもんではない。」
殆どが、どう育ってきたかで決まるんだから、大事なのは、
素直、プラス発想で、能力があり(努力できる素地があって)、
気骨ある人材をいかに採用するかだから、
採用がすべてなんだ。

という。

ある社長は、自前で育成するという考えではなく、ある程度の
ビジネス基本を得てからは、顧客、仕入先、事業パートナー、
色々な人との出会いから、学びをえるように、自分だけに
染まらぬよう、色々な人に育ててもらうことが大事なんだ。

と。


2人の社長のおっしゃることと、
人材教育の大切さ等を含めると、



1)採用がすべてであるということ。
2)基礎研修(理念共有・基本マナー)は自前できちんと。
3)皆師匠、色々な方から学べる環境を用意する

といったことが肝要かと。

クライアント企業の兄弟会社で
Facebookに上げられた新入社員研修の
集合写真(約10名)はイキイキされていました。


私自身も船井総研で「○○やりたい!」といって入社し、
1年目で「お前はサル以下だ」と怒られ、基本から徹底して
厳しく育成していただき、色々なチームの仕事をみたり、
きいたり、外注先の営業担当に教えてもらったりして、
いまの自分がいるわけです。

そして、大事なことは、

4) この人材をこのレベルまでに仕立てたい、という
  キャリアプランに到達させるという経営者の覚悟。

これが示せないとなりません。

人罪 コピーを取ってきてと依頼してもまともにできない
人在 コピーを取ってきてといわれてもなかなかやらない
人材 コピーを取ってきてといってしっかりやる
人財 いわれる前に動き、コピーを取って、データベース化する等。

それでは、
自分自身も改善。改革の毎日を。
本日もよろしくお願いします。

編集 / 2015.04.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【うちは他と違う!ほかの事例を持ってくるな!という人へのメッセージ 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【うちは他と違う!ほかの事例を持ってくるな!という人へのメッセージ 】


このたび素敵な方にまた出会いました。

さて、一般に、いわゆる土建屋さんが林業に参入するようになったのは、
最近のことで、「林業には道づくり!」といった林業政策によるものであるのですが、
しかしながら、なかなかうまく参入しているところは少ないのが現状です。

しかし、私が出会った方々の中で
成功されている方のポイントは、

1.土木建築の技術のみならず林業(森林資源)への愛着がある。
2.本業(土建)と兼業(林業)との経営バランスがある。
3.行政と林業者とのパイプができる
   リーダーシップが取れる人がいる。

この3つによるでしょう。

今日は、欧州型林道を、総長6キロはすでに作ってきた、
土建業かつ林業の社長に出会いました。

Facebookではすでに友達でありましたが、やはり出会うと違いますね。
オーラ、熱意、行動力、将来性というか。尊敬致します。

以下、
その社長の新たな林道へのチャレンジという
「欧州型林業モデル林道構築への取り組み」という
文章より抜粋します。

>>
なぜ、ドイツの林業を学んだのかの理由についてですが、
まず、殆どの人は日本とドイツは違うといいます。
地形が、地質が、土壌が、雨量が、生態系がと。

そうではなく、なぜ、そうするのか、
そうしたら、どうなっていくのか、
なぜ必要なのかをしっかり考え、
実証してから評価してほしいと思います。

ただ言われた通り真似するのはではなく、
よく考えればこそ、本当の意味が分かるはずです。
この思想たるものを持つことが大事。
できない理由を一生懸命見つけて並べるのでなく
いまできることは何があるか、
いま何をすべきか、少しでもポジティブに考えるべきではないでしょうか。
そうしなければ、今の林業は何も変わらないと思います。

地域で努力する建設業が、その地域社会を守り、
盛り上げ、地域の安心、安全のために必要な公共事業
(道や森林)も担っていく必要があると思います。

今その時期に来ているのではないでしょうか。
「新しいことを始めるより、古い考えを捨てることの方が難しい」
だからこそ、今確実に考えて、そして進むのです。

株式会社長瀬土建 代表取締役長瀬雅彦
>>>

http://nmasa423.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
長瀬氏ブログ「異業種参入から学んだことは・・・」。

ありがとうございました。
編集 / 2015.04.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【地域おこし協力隊の多様性】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【否定しない。】

川上村の地域おこし協力隊の第一期生は、あと1年。
本年度で任期が終了します。

報告会とプレゼン会がありました。
総務省の外部アドバイザーとして、
2年間でここまでって思うと、すごい変化(行動力)と思い
脱帽します。

凄いと思います、ほんと。

その中で、

隊員A

「私は(周りから見ると扱いづらくて申し訳ありませんが)
 組織に縛られるというよりも、自分の手で動かし、
 自分で暮らしを紡ぎ、その自由さ(楽しさ)を
 求めてこの村にやってきた。」

ある隊員B

「私は、違う。
 組織の中で仕事をしていくのがよいと考える方で、
 そのほうがクリエイティビティを発揮して、
 地域に役に立つ人間になれると考えているから、
 一度、村を出て修行に出たい。」

という、
色々な価値観がある、多様性がある。

どちらも否定するのは間違っていると思います。

隊員Aは、楽ばかりしやがって?!という人もいますが、
自分のやりたいことに就いては、自分で責任をしっかり持っており、
リスクを背負って、自己投資をし、そのチャレンジ姿勢はすごいのです。

また
隊員Bは、だったら村から逃げるのか?という人もいますが、
自分の成長という点で、レベルアップして戻ってくると、
ここまで、積極的に自分で責任を持ち、
成長しようと努力している人は素晴らしいと思います。

もちろん協力隊がタイプA、Bというわけでなく、もっと
色々なタイプがいます。

色々と多様性を受け入れてこそ
村の価値が増えていく。

それを是とすべきで、
この日の協力隊の発表はその多様性と可能性を、
川上村側へ伝えるという日であったように思います。

私がよくマネジメントでクライアントに伝えていますが、
「仕事」の3づけの大切さ

意味づけ
位置づけ
勇気づけ

どのように、それぞれにしていくかは、
上司(雇い主)から頂くものでもありますが、
それぞれ個人次第で作っていくものでもあります。


このメンバーは天才的に面白いなと思う事があります。

ある意味、ソトモノであるからこそ言える
ストレートな質問や考え方をぶつけ合うこと。

「天然林、人工林どっち?」
「移住と定住のゴールで、永住か事業かどっち?」
「川上村の存続と、関わりの継続性とどっち?」

二元論ではなく多様性であるべきだが、
矛盾点に掛かる点には気付きが多いものです

しかし、
どこに集中と選択をしていくべきかは重要か。
とにかく、あとは、ライザップではないが
(自分で出した)結果にコミットする。ということ。

これは私にも言えることです。

もう「協力隊」というか「強力隊」になっていく年なのか。
間違いないのは、この7人、シンケンに川上村のことを考えて、
考え抜いています。

楽しみな、あと1年。

「やる人」の定義、期限、ゴール。さて、私も引き締まりました。

外野がとやかく言うことなく、
彼らはしっかり考えて居ます。

編集 / 2015.04.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【大きく考え、小さく始める。「好き」か「市場」かより、もっと大事なこと。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【大きく考え、小さく始める 】


その仕事をしている理由。

「それが好きだからですか?」
とか
「誰かに負けたくない何かがあるからですか?」

いやいや、

「(お金になりそう)
 マーケットがありそうだったからですか?」

この前者と後者、この2点は、スタートが異なります。

しかし、
何かが好きだからこそ、役に立つ人たち(マーケット)が喜ぶことも好きってのが
いいわけで、これが、融合することが理想で、
どっちスタートでも良いかと思っています。

ただし、大事なことは以下だと。
とある友人のFacebookをみて、強く思います。

「大きく考え、小さく始める。
小さな成功体験の積み重ね。
まだまだこれから。」

数少ない資源としての
「人」と「人」との組み合わせ。
止まってはならぬ。

編集 / 2015.04.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【地域ビジネスは、競争しながら、協奏(共創)する。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【競争しながら、協奏(共創)する。 】


多様性が市場を生むというところに、
成功の鍵がある
と私は思います。

色々な人を受け入れ、広げる。
協奏(共創)しながら、競争する。
競争しながら、協奏(共創)するといったほうがいいでしょうか。

田舎、山村、
とても小さい市場(マーケット)の中で、
ソトモノが新規事業を興す
または、地域主体に対するその支援事業を興すことにおいて、
重要なのは、その小さい市場でも、まだだれも手を付けていない、
誰もつけられないところから始めていくというのが、
礼儀でもありマナーでもあるのみならず、結果的に信頼を得ていく。

3つのしごとがあります。

① 既存組織(会社)支援型のしごと
② 既存組織(事業)横串型のしごと
③ 新規事業(商品)創造型のしごと


とあります。

で、いきなり③をやるとですね、

既存プレーヤーが
市場が小さい故に「私の仕事を奪うのか!?」となりがちです。

過去にはよくありました。

それは「役割」を明確にしないソトモノが悪い。
喧嘩したってしょうがないものです。

①の前に大切な「人間関係」をつくってかなきゃっていうのが大事です。

でもっ!!

やはり、
・協業と体験(一緒に汗かいて)、
・結果(理念と利益)の共有があって、
・その次に事業と雇用となるという順番が大事であり、

最初に、雇用だ!と突っ走っては、成功が遠のくものです。

動いて、動いて、結果出せばいいんです。
伴走して、同伴して、協働して、どんどん。

競争しながら、協奏(共創)する。
すると結果的に形になるんです
最初から形にしようとしたら個性が生きない。

もろんゴールの共有は大切なこと。

市場(潜在ニーズ)をつくる⇒事業(顕在ニーズ)をつくる

ってのは当たり前のこと。

長所伸展、力相応一番主義、時流適応。

どんどんとやってみることです。

で面白いことに、気付いたら、あれもこれもと進んでいる
振り返る暇はなくっ理想に向けて走りますよ~。

仲間が増えてきており、
内外問わず、とてもとてもいい感じです。
編集 / 2015.04.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【新年度のご挨拶】
カテゴリ: 理念と利益
【新年度(平成27年度)のご挨拶 】

3月末、人生2度目の腰痛、
まったく一週間ほぼまともに動けずでした涙。

3月24日(火)、「ギクっ」と来たわけではなく、
岩手県岩泉町からの帰り、なんだか腰が調子悪いなぁと思ったら
翌朝から激痛へとゆるやかに変化。

人生初めてのブロック注射で、なんとか仕事へ。
慢性疲労と体重増加による腰痛、本当に情けなく、申し訳ございません。

さて、そんなことよりも、新年度が始まりました!
平成27年度(2015年度)ですね。

弊社としては2名の新社員が入社です。

当初は3名増員の予定でしたが、
男性の研修生I君が、ご家族の事情で退社。
ただし、ビジネスマナーもしっかりされていた、彼も無念であったということで、
色々な提案を弊社に提出して頂き、ありがたき存在でした。

さて4年目に入ります。
4月11日が、会社の丸3歳の誕生日です。

改めて形を整え、
そして新しいチャレンジをしていく年としていきたいと思います。
4年目もよろしくお願い申し上げます。


編集 / 2015.04.01 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。