【ホウレンソウは、間違いです!! 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【ホウレンソウは、間違いです!! 】

最近、林業ビジネスでインターンしたいという方がすごく多く、なぜか弊社に毎月のように問い合わせがあります。弊社にも、社員、研修生、インターン生と増えておりますが、ビジネスという前に、すんごく基本(私はすべて船井総研で教わった)的なことを、色々言いたくなるシーンがあり、ここで、ひとつ、人生の後輩諸君に伝えておきたいと思います。

ビジネス界で、「ホウレンソウ」という言葉がありますが、ウソです。

ホウレンソウってのは、報告、連絡、相談の、頭を取ってのことです。
ようするに、きちんと、報告、連絡、相談しなさいと。

しかし、これ、
本来は、ホンレンソウではなく、ソウレンホウであるべきです。

報告→連絡→相談
ではなく、
相談→連絡→報告
というのが正しい順序です。
まったく、ホウレンソウって言葉は、よろしくないですよ。

なぜ、いきなり「報告」するのか。おいおい!

というシーンが、色々なところであったので・・・。

「昨日から体調悪かったので、今日は体調不良で仕事に行けません」
 (おい、前日の健康状態で相談しなさい。)

「明後日の○○の地域づくりイベント、行くことにします」
(いや、行くな、とはいわんが、まずいってよいか相談しなさい。)


社会に生きる一員として、組織に生きています。

その組織に生きている中で、信頼関係があってこそ仕事ができるのです。

顧客との関係性、会社の信頼性、地域の信頼性、築くのには何年も何年もかかるが、壊すのは一瞬・・・・。

例えば、ご縁があって、出会った人に、次にアクションを取るには、必ず、まず、繋いでくれたひとに、事前に相談し、連絡していくこと。

人間関係の基本です。当たり前です。

名刺を、貰ってすぐ直接連絡して、自分が得た人脈のようにふるまうワカモノ(バカモノ)がいますが、最低限、必ず、ccにて紹介してくれた人にも共通に連絡すること。

それができない人は、どんどん嫌われていきます。
気づいたら、つきあいがすごく小さくなっています。

それと、もうひとつ。

出会った人すべてに対して、
相手の人の気持ちの立場に立ち考えること、
それができるから人間。

人の縁に対して、
自分だけでこうなってのではないと考えること、
多くの方の、自分とは違う、考えや思考を取り入れること。

そこに、感謝ほど大切なものはありません。

ビジネス人であるまえに
人に感謝できる人間であれと思います。

もちろん、人生は発言権獲得ゲームでもありますから、会社においても社会においても、信頼関係が出来ければこそに、ソウレンホウ不要というゾーンになりますが、あくまでも基本は基本ですから。

そして、地域に入るワカモノは、本当にバカモノにならないよう、基本は忠実にマナんで、社会のルールをきちんと身に着けてください。今週、法政大学で地域問題入門の講義(ゲスト講師)をしますが、そういうことを話そうかなとも思います。
スポンサーサイト
編集 / 2014.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ