スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【地域ビジネスで、経営戦略策定と事業推進のために必要な4つのこと】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【地域ビジネスで、経営戦略策定と事業推進のために必要な4つのこと】


持続可能な社会を生み出す
地域再生ビジネスで大切なこと。

え?逆じゃない?

地域再生ビジネスをきっちりすれば、
持続可能な社会が生まれるんじゃないの?

こういうのを、
それぞれに関係性があるのに、
因果関係の逆転をいってしまってるシーン。

山が動いたら木が動く?
木が動いたら山が動く

みたいな議論ですね。

それから、
そもそも持続可能って何?

地域再生ビジネスを生み出すには何が必要?

何故?と、
どうやって?を、繰り返し議論すればするほど、
ふと「本来の目的」を見失ったりすることがある。

しかし、その本来の目的も、
人や立場によって違ったりする。

行政は、公益を
団体は、共益を
企業は、私益を

ある時間がたてば、何かが達成されたら、
それは急に目的でなく、手段となったりする。

だから、
地域で経営を戦略的に考えるとき、
今日の会議で感じた
以下5つのポイントを整理してみました。



1)手段と目的とは、人の立場によって変わる、
または、時間の経過によって変わるものである。
現在、どのステージか、
現在、どの枠組みか、議論とビジネス領域を明確にすべき。


それには、
明確な因果関係を見い出して、
結果と原因の関係性を可視化し、
具体的事業を更新していくこと。

その中で、陥りやすいのが
 A)因果関係の逆転(鶏か卵か)
 B)第3要因が共通原因(AであればBである、は、AであればCである、CであるからBである)

そこを抑えること。

林業再生が目的?
雇用創出が目的?
新組織設立が目的?いや手段?
売上が目的?いや手段?
利益が目的?いや手段?


何が目的変数で、
何がそれを説明する説明変数か?

林業再生のためには、
利益を生み出す具体的実行を行うことが必要で、
そのためには、新組織という動き方という手段が必要だ。
いやいや、新組織が必要ではなく、
まず、できるところから動ける体制にしていくことが重要だ。
などなど。

ホテルの集客を目的としたときに、

その手段として、

接客がよければよいのか、
料理がよければよいのか
施設がよければよいのか、
企画がよければいいのか、
立地がよければいいのか、

うちは競合他社に比べて、料理が評判がいいから、
長所伸展で、料理力を圧倒的に高めることを目指そう。

それには、いま仕入れが課題で、
仕入力を高めることを目指して、活動しよう。

一生懸命仕入れをやる、

それが、料理力のためだし、集客力のためだということ
忘れて、仕入れだけに専念したら、あれ?
何のためにやってるんだっけってなる。

でも、そもそも集客力が上がればいいのか?

ある時期、ある担当者が、
その目的を達することができれば、
それは目的から手段へとすぐ変わる。


だから、
理念があって
戦略があって
各種プロジェクトがあって
時流に合った戦術を取り、
日々のオペレーションが重要ということ。

それから、

2)そこが整理できたとしても、
枠組みの設定が必要で、
いまは「ここをやる!」っていうところを明確にしなければならい。

論文でいえば、
ア)AをいうにはBを説明する
イ)BをいうにはCを説明する
ウ)CをいうにはDを説明する

アとイは既往の研究で明白だから、
今回の研究はウをテーマとする。
「ウ」以外は枠組みの外であると。

議論を拡散させないためにも、その可視化は必要で、
そこに経営戦略としては、資源の最適配分と役割分担を明確にするのである。


次に、
論文では「背景」ばっかりご立派でっていうパターンですが、
なんとなくビジョンとかが多くなるが、


3)抽象的言語は理念策定までとし、
  実施計画にかかるときは立ち返る言語としてあればよく、
  具体的に、具体的に、詰めていく。

抽象的な言語は、
そのミッションや理念は、空を切って泳いでいるだけで、
実質的な価値を生み出さない。

実効性の高い「理念」とは何か、を考えるのではなく、
どういう「理念」がどうあれば、具体的なプランが生まれか。
どういった具体的なプランができれば、うまくいくのか。
SMARTの法則に当てはまるとうまいくのか。

「だから、もう、源流が大事とか、
持続可能な林業とかいう理念は十分わかってます!」

っていうこと。
で、それなに?具体的にどういうこと?
ってこと。徹底的に詰める。


最後に、

4)
明確な for you と for me との共存が必要だということ。


私は、
自分のためしか考えない人は嫌いです。
しかし、自分のためをすべて隠し、
人のため、人のため、とだけ言っている人はもっと嫌いです。

さらにいえば、
人のためにも、自分のためにも、
何ができるかを、関係者各位に明確にし、
実行できていない自分がもっと嫌いです。


今日、

「それは、あんたの仕事やろ!?」

といわれたこと、任せられる嬉しさと未来が見えたぞ!
って思える反面、結局、何も出来ていないという反省とありながら

「鶏か卵かどっちでもいいからまず好きなとこから動く」



<まとめ>

1手段と目的(因果関係)
2枠組みの設定
3言葉の定義(具体化)
4で、誰のため?


あとは楽しいかどうかでしょ!
どんどんとやっていきましょう!
スポンサーサイト
編集 / 2014.10.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【オフィス環境のありがたさ 競争とゲーム性を】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【オフィス環境のありがたさ】


弊社のオフィスは、新大阪駅、徒歩6分のところにあります。

先日も、クライアントが「ちょっと営業にいくのに、準備した
い作業があるから、貸して!」と寄って頂きました。今日は、
緑地公園に住む建築デザイン系の専門学校の学生がオフィスに
やってきました。

「場」があること。
ここから、広がる「縁」があること。

・立地がよい
・林業/木材/建築/マーケティング等の図書がそろっている
・色々な木材に触れられる


そういう場所ので、ぜひとも研究会メンバー等ご活用いただければ幸いです。

また、弊社のオフィスには、
私以外に、社員1名、研修生1名、
そしてインターン(アルバイト)生が4名
サポートスタッフ(総務部長)1名、がいます。

来年度以降、どういう地域に、どういう体制で、動いていくか、
試行錯誤というところでありますが、基本的には、マーケット
インとかマーケットアウトじゃなく、「この人と仕事をしたい」
と思って、顧客、社員、人物をつないでいくつもりです。

今日は、
インターン生が、とあるイベント後のアンケート入力をしていま
したが、もくもくとやっていました。

1 最初に目標時間を設定しているか
2 自分と戦えるか
3 アウトプットをイメージし、顧客が喜んでいる顔が見えるか

等とレッスンしていましたが、
せっかく、オフィスに今日は3人いるので、
残りのアンケートを3等分して、3人で、競争することに。

彼女1人があと90分かかるといっていたところ
3等分したら30分となりますが、いやいや30分以内で終わりました。

競争原理を働かせて、
そしてゲーム性を持たせて、
かつ、作業をすることによって、それぞれに、
よりよい提案をする。

(1 より効率的にアンケート分析をする方法)
(2 顧客に対するマーケティングをより深く考察)


という2点が生まれました。


だらだらと仕事をしたら
せっかくのオフィス環境も無駄です。
私自身が厳しい空気感をつくること、
あとチームワークをどうやったら生み出せるか。

「そこは自分で悩まず、色々と聞こうよ」

そう、だったら、
カフェで一人でやったほうがいい。

で、
私も久しぶりのアンケート入力という作業。

まぁ、そこで色々な気づきがありました。
自分もたまにはやらなきゃいけないですね。
集計などの単純作業。

仕事=作業+目的

です。

目的がなくなったら、ただの作業です。

でも、その作業をいかに面白くするかは、仕事自体の目的を
もつだけでなく、いかにスピードを速くするかっていうことを
ゲーム性をもって楽しんだりすればいいものです。

起業したばかりのとき、
一人しかいないとか、二人しかいないですが、
いまは、人数が増えて、色々な価値創造が
お互いに生まれつつあります。

当たり前ですが、
職場にたくさん人がいるってことは、
うらやましいことです。

オフィスがあるってことは当たり前にしてはいけないですね。

顧客と社員のために。
目の前のことをしっかりと、厳しく、楽しく、頑張りましょう!

編集 / 2014.10.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【感謝とは何か。ドラフト会議から学ぶ。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【感謝とは何か。ドラフト会議から学ぶ。】


帰宅後、
ドラフト会議のニュースを見ていました。

ロッテの2位指名。

京都大学の学生が初めてのプロ野球選手へというニュースで、
その田中英祐君の会見をみました

そこで、実は、彼は三井物産へ内定が決まって
いたという話を聞きました。

しかし、会見でのお話。


「最後まで、プロに行けるかわからぬ中、
 その将来を応援してくれながら、
 選択肢を残してくれた三井物産さんに
 この場を借りてお礼を申し上げたい」

というのと


「こういった色々な選択肢があるような
 自分に育ててくれた、両親にも改めて感謝をしています」

という2つを話されていました。

22歳。

えらいなぁ。

なかなか言えないと思う。

もちろん、これからが大変かもしれませんが、
自分で選んだ道を応援したいと思います。


そこで、テレビアナウンサー、


「(プロでうまくいなくても)
  ロッテの経営も頼みたいですね」

なんていっていましたが、
本人にとっては、いやでしょうね。

理系ですから。
いや、野球のプロですから。


安楽君楽天ってのも
育ててくれた亡き恩師、上甲監督へも報告がありましたね。

夏の甲子園、愛媛予選でまさかの3回戦負け。

安楽君が泣き崩れる中、監督
「お前は悪くない、よくやった」っていうシーンが
忘れられない夏でしたと。

その40日後に亡くなられた。

そして約束のプロへと天国への報告。
活躍してほしいし、まさに感謝はこれからでしょう。

また、
ロッテ7位指名、高崎健康福祉大学高崎高校の脇本君。

両親が離婚し、祖父母に育てられたというストーリーの紹介
そのあと、じいちゃんばあちゃんと3人でのインタビュー


「いつになるかわからないが、
 おばあちゃんたちに家を買ってあげたい」


って、いいなぁ、かっこいいなぁ、生かされているなぁ、
チャレンジし続けているなぁ。


私には言えなかっただろうな。
なぜか、
20代、戦う精神が強すぎたし、わがままだったし。

最近は、生かされてるってすごく思う。
みんながあって自分とか。

感謝ってのは、
ある意味、わがままで、
でも自分に対して一番厳しくいて、
本当に、やりきって、やりぬいて、頑張ってみて、
ふと気づいたときに
「あぁ(いろんな人に)生かされてる」
って後から気づく

それが一般的で。

常に、それが出来ている上質な人として
強い人間になれたらと
ドラフトはあくまでスタートだということでありますが、
毎年、毎年、新しい人が生まれてくるこの野球世界で、
感じた次第です。


林業・山村界にも、
人材宝庫になって
ドラフト会議ができるような日がくることを。
編集 / 2014.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【認知行動と高野山と 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【認知行動と高野山と 】

コップに水が半分いる。

「あぁ、もう半分しかない」

と考えるか

「おぉ、まだ半分もある」

と考えるか。

その認知の仕方により行動が変わる。
認知行動療法はこういう「思考」に関して
カウンセリングを進めていく。

答えは自分の中にある。
それに気付かせるだけ。

気づき方そのものが「こころの余裕」が生まれるように

過去オール善(過去はすべてよかったものととらえる)
必要必然(すべては未来のためのこと)
素直(異を受け入れ、自分が改善する)
プラス発想(事実を捉え、意味を考え、未来に動く)


高野山にて「森林セラピスト」を案内した。
文字通り釈迦に説法、空海に説法であるが、


「生かせいのち」

とか


「共利群生(きょうりぐんじょう)」
とか
「尊厳護持(そんげんごじ)」
とか

言葉を当たり前にしてはいけない。
高野山を当たり前にしてはいけない。
自分たちの「日常」を当たり前にしてはいけない。

新しい方々に伝え続けるためにも
守るところをより強く。

深く、深く。

自然とともに、
色々な方々のご縁で、
生かされているんだって思って。

認知を変えて、
行動を変えていく。


第一の認知をまず変えるために
私ができること。

今の仕事をめいいっぱいお客様(出会った方々)のためにやること。
それを強く感じた次第です。
編集 / 2014.10.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【ハワイのエネルギー&不動産事情】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【ハワイのエネルギー&不動産事情 海外視察研修】


太平洋の楽園ハワイでエネルギーを巡る社会改革が静かに起き
ています。島国ゆえに化石燃料のすべてを輸入に頼らざるを得
ないハワイは全米で最も燃料代の高い州。

「このままでは燃料代でハワイ経済が破綻する!」

危機感を抱いた議員達はエネルギーを軸にした社会変革のため
の新法を制定。2008年「ハワイクリーンエネルギーイニシアテ
ィブ」法律の条文はもちろん、2期10年の行政計画、6年分の実
績があります。

・法律が変われば社会が変わる!
・変わるライフスタイルは新法の賜物!
・1.2兆円の新たな市場づくり!
・新たな商機も生まれている
・新たな人材を育てる、教育改革に挑むハワイの今。

本日から
現地研修として
まちづくり関係、エネルギー関係、政治関係の方々と
もまれてきます。

海で一度も泳げないハワイとなりそうですが、
必ず、クライアント、ビジネスパートナーのみなさんに
還元したいと思います。

古川大輔@ハワイの某ビジネスホテル

そして、
私が日本を発った13日、奇しくも日本では、再生エネルギーの
固定買取制度の抜本的な見直し、新規の太陽光買取が凍結とい
うニュースがありましたね。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF12H02_S4A011C1NN1000/
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014101502000246.html


そんな中で、
本日は、ハワイにて、4名のかたのスピーチを聞きました。

一人は、日本の大手電気メーカー、自動車メーカーに対して、
数々のコンサルティング実績を持つ、太陽光発電システムデザ
イナー(ハワイ在住の日本人経営者)からの話題提供。ハワイ
のエネルギー事情から日本におけるスマートハウス、スマート
コミュニティの今後についてレクチャー。

二人目は、日本からハワイに定住された、不動産仲介ビジネス
を行う日本人女性&主婦で、元フルート奏者、元東大教授秘書
といった履歴を持つ方のレクチャー。現在、アメリカ本土にい
る二人の子供(18才、20歳)をハワイで育てた母の視点におけ
るハワイの教育についてという話題から、現在、大型開発をし
ているワイキキの不動産の現状についてレクチャー。

三人目は、ハワイ大学工学部の准教授。教育とEngineeringに
ついて情報交換とディスカション。明日また詳しく話を聞くが、
改めて、教育とは何か、エンジニアリングとは何か、新たな定
義を考えさせられた。

四人目は、ハワイ州の産業経済開発観光局の現地の方からの
お話。2008年に制定されたハワイクリーンエネルギーイニシア
ティブという法律に基づき、現在のハワイへの
電気自動車の普及をされている行政職員のお話。



人口130万人のハワイに、年間日本人だけで180万人の観光客が
くるという場所は、観光と軍需によって支えられています。



本土に比べてガソリン代も1.5倍~2倍は高く(日本よりはやや
安い)、電気代は本土に比べて2倍ほど高く、石油資源に頼り
きっているハワイ。

ここに2008年のハワイクリーンエネルギーイニシアティブという
議員立法による法律改正以降、2030年で、ハワイのエネルギーの
70%をクリーンエネルギーにするという目標にしています。
内訳は、再生エネルギーで30%、省エネで40%のダウンを目指すとのことですが、
成果は着々と出ており、電気自動車もようやく3000台以上普及(100万台のうち)というとこ
ろ、具体的なアクションプランが次々と進んでいます。

また、オアフ島における不動産投資も日本人が一番多く、最新
データで年間、215件、カナダは43件。投資額を見てもダントツ
の差です。ホノルルが日本の方は多く、北部の美しい場所である
ノースショアは外国からの個人の投資が入っていないとのことです。
他島を含むと、1位カナダ、2位日本、3位シンガポール、4位
が中国でありますが、3位以降は圧倒的に引き離されています。

ちなみに、
Bさん:中国は4位だったけれど、中国人は観光客の中でいま一番
ハワイでお金を使っている。270ドル(中国)、210ドル(日本)、
160ドル(カナダ)という平均数値も教えて頂きました。

中国人投資は信頼が弱いため、カナダ経由などで増えていると
いうことですが、今後はますますハワイの土地も中国人へという
ことが加速化されるとのこと。

また、この不動産投資ですが、このご時世に、さらなる開発が進
んでいます。アメリカ本土の大手不動産会社であるハワードヒュー
ズ社が開発を進めていますが、アラモアナから工場地帯だった
場所です。都市型のラグジュアリーのライフスタイルを提案で
きるのではということで開発。たくさんの高層ビルができ、
モノレールも走るそうです。いま急ピッチで工事がされています。

この近くの低層コンドミニアムを、1日で売り切ったという全米
のニュースがあったそうですが、このあたりの高層コンドミニ
アムの価格は、2.8ミリオンから18ミリオンとのことです。

2016年までに、リッツカールトンなどがまとまって完成します
が、ややバブルを感じますね。

また高級住宅地のカハラ地区では、2.5ミリオンで購入し、内装
を手がけが、8か月で、こちらで5.4ミリオンで売却されたという
事例を紹介して頂き、不動産投資も、購入⇒リノベーション⇒
売却という動きもよくみられるとのことです。


そこで、持続可能って何?みたいなところで、エネルギーの課
題を都市計画の中から紡いでいきながら、再生エネルギーを広
げていくのが、これからのハワイです。

実際に、本日、アラモアナショッピングセンターで、電気自動
車の充電スタンドが7つ設定されており、駐車場100台に1台は
義務付けられているということで、無料の充電スタンドもいく
つかありました。


まだまだ部分、部分の切り取り情報でしかないですが、
民需を動かすに、法律、州政府から動いていく事例について、
俯瞰して、取りまとめていきたいと思います。

それでは本日はここまで。
編集 / 2014.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【対談集 人が育てば、経営が伸びる 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【対談集 人が育てば、経営が伸びる 】
(全国林業改良普及協会)


この本を読んでていて思うに
鶏かた卵かというところだが
どっちかというと鶏ってなかんじか。

やはり、

「人が育てば、経営が伸びる」というより
「経営が伸びるから、人が育つ」というほうが高い。

以下事例から抜粋。


(株式会社とされいほく)
・人材育成よりまず事業体の組織づくり
・他流試合(よそで修業させる)
・徹底した理念「地域社会への貢献」
・間伐収益山元還元額提示と豊かな森づくりのセットによるプレゼンテーション

(安田林業)
・林業が好きより、山林が好き な人を採用する
・安全第一、品質納期第二、利益は第三

(多野東部森林組合)
・未来の所有者の気持ちになって考える
・お金より使命感
・コスト削減より技術力アップ
・経営に進化なければ研修は意味がない

(森の学校)
・必要な人材は、幅広く地域で事業を起こすフロンティアを感じ
 飛び込んでいける元気な子を求める
・戦略的に目につくところから間伐し「関係者へみせる」
・2年後、3年後の組織図を描かせること

~~~

各経営者からの学びからしてもまさに然り。

人が育たないんだというところこそ、
経営が進化していないということである。

他業種の事例があった。

~~
人材の育成は組織ぐるみでどのくらい「顧客」を向いているか
が問われる。

コピーやファクシミリなどの複合機でヨーロッパシェアNO1の
ブラザー工業には「お客様ご迷惑時間」という概念がある。
コールセンターに電話すると

1 まずいただいたお電話を何分で終わるか
2 修理を要する際に代品が届くまでの時間
3 最終的に修理された製品が顧客に届くまでの時間

この3つの時間を足したのを「お客様ご迷惑時間」といい、
それを限りなくゼロに近づけることを目標としている。
~~

顧客を向いた
徹底的な高い技術力と情熱。

その2つが常に進化することと、
そして経営が進化していくことと同義として
顧客に向いた「林業経営」ができていく。
というのは、何も林業に限ったことじゃない。

ここで働きたくなる!

って思われるビジネスの場づくり。
具体的にリスクを背負って動いていこうと思う。

編集 / 2014.10.08 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【林業会社ホームページ作成 経営理念から顧客創造まで、プロジェクトの進め方】
カテゴリ: 未分類
【林業会社のホームページ】


http://yanagisawa-ringyo.jp/

柳沢林業という会社のホームページ制作を支援いたしました。
ようやくに完成しました。

なぜ、ようやくか。

あくまでホームページはマーケティング戦略の一貫であり、
ホームページだけ作成するということは請け負いません。

ですのでこの林業会社にとって「顧客」とは何か。どういう
顧客のランクアップ(顧客接点とその導線)があるか、収益
構造と経営戦略をどうバランスを置くかを考えます。

一般に、マーケティングとは、
MARK(マーク)+ingですから、
的を絞るということで、その的は、

1 よい顧客
2 よい人材
3 よい投資家

にというターゲットがあるといわれます。

で「よい」とは何かとなるのですが、それが

1 時流適応
2 長所伸展
3 力相応一番主義

という戦術的な原則を踏まえて、
現状の顧客を分析し、どんな「未来に出会いたい」顧客や人材
や投資家にどう発信するか。競合他社とどう違うか。
異業種を含めたモデル
をどう取り入れるかというところから、始まります。

その中で、林業における5つの「顧客」、選ばれる林業事業体
との3つのポイントというフレームの中で、自社にお落とし込
み見える化します。

そして
WEB作成の3つのポイントである、


1(法人営業における)顧客導線と企画性
2検索(キーワード)
3デザイン

という優先順位で、具体的な作成に入っていきます。


あと大切なのは、合意形成ですね。

経営者の思い+従業員の考えというところを、
どのように決めていくか、スケジュール管理含め
それがポイントで、会社によって

1 トップダウン
2 プロジェクトチーム制による形式
3 全員参加型

とあります。

そこで、

1費用対効果
2今後の更新性

について、しっかりと企業体質に合わせて、どうやったら、
自社で自前で、写真と文章をつくっていけるか。アフターを
どうみていくか。

ということで一連のプロジェクトとなります。


また
林業といっても、林業だけで「食う」は非常に難しい時代
です。「森ではたらく!」という著書を出版させて頂きま
したが、表層的に森林が好き~というだけでは当然に、生
きていけないし、食っていけません。

現状の「年収(事業収益)」が3年後どのくらいになっているか。
収益構造で「林業:非林業(森林サービス/副業)」
の比率がどうなっているか。

そこを解きほぐしながら、
チャレンジしていく新たな林業を応援していきます。


理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言


今回は、経営理念に関して、経営者の思いをどうやって、
文書化するか、ここに時間をかけました。

現場もこなせる
素敵な女性社長です。

是非ご覧ください。
そしてこれからも応援ください。

http://yanagisawa-ringyo.jp/

さらにもう一社
株式会社ソマウッド も よろしくお願いします。

http://soma-wood.jp/


林業会社にホームページなんて要らないといわれて10年。

もうなくてはならないツールです。
安全面も含め、快適性や夢がみえるかどうか、
集約化して木を伐って出す、育てる、
どこ行っても同じじゃぁ林業は広がりません。

受注が広がった、新たな優秀な人材が入った、数々の効果を弊社はご支援させて頂いております。
http://chiikino.jp/
編集 / 2014.10.01 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。