【林業のライバルはパチンコ!?】
カテゴリ: 理念と利益
【 パチンコと林業  】

本州で、東京からもっと遠い場所ともいわれるこの島根県西部。

時間距離が遠いという意味だが、私は広島周りで入り、広島か
らバスで3時間、ようやく益田に到着。


本流にダムがひとつもない美しく川、高津川が流れる。ここに
は西日本で5番に入る規模の林業素材生産会社もある。


高津川流域林業活性化センター主催で開かれた講演会に呼ばれ
た。過去は、遠藤先生(鹿児島大)、赤堀氏(林材ジャーナリ
スト)、山下社長(チルチンびと)などが毎年よばれていると
いう中で、若輩者ながら私はマーケティングの話を中心に、森
林資源の活かし方、地域連携のビジネス論などを話した。


懇親会は10名ほどの人数であったが、とても嬉しい収穫があ
った。今日初めてであったとは思えないぞ林業会社、製材会社
の若(セガレ)さんたち。私と年齢も近い。ビジネスも色々と
面白いつながりが見えてきた。


そんな彼がこういった。


「古川さんのいう、
 地元の林業を3Cで考える競合ライバル視点って
 なるほどって色々思いました。」

「そういう視点でいえば、
 うちらの ライバルは パチンコなんですよ!」

「え!?」

「確かに、最近、林業は注目されている。
 うちは広葉樹が多いので、チップも含め
 仕事量も多いし、色々な販路がある。
 これほど忙しく、面白いがいまは人が足りない。
 それでもね、いま地元に大きなパチンコ屋ができて、
 そっちにいってしまうんです」

「なぜですか?」

「簡単ですよ、
 バイトは時給がいいし、
 正社員になれるっていって、そっちにいく。
 パチンコで正社員ですよ!
 僕らは、パチンコに負けるんかと思うと悔しくて。」


そう、地域雇用において若い人、優秀な人材というのは少ない。

林業4000億円、パチンコ30兆円の市場規模の差。


今日は市場規模は何かということでパチンコや裏経済の話も
講演では行ったが

利益なき理念は寝言
理念なき利益は犯罪

とはいうが、個人の目指す理念と利益の方向性(ベクトル)や
その嗜好にあれこれいうことはできない。時給の開きがどれだ
けあるか(ここでは割愛する)、契約社員か正社員か。

それは、大きいのである。


ライバルについての考え方。

「お寺」の競合は、隣のお寺ではなく、他の宗派だったり、
他の宗教だったり、いやいや(心の相談をマスコミや芸能人に
求める)細木数子やマツコデラックスであるということ。

それに近い。

だから林業にいかに「必要性、欲求性、物語性」を生み出す
ことが大切であり、会社としてマーケティング発想をしっかり
取り入れられるかがポイントである。

安定した仕事を創ること、よき会社を作ること、
それが何よりも第一だ。


だから、
きっちり誇りに想える収入源がある
カッコイイ会社を林業・木材業界でプロデュースする。
そんな仕事をしているのである。

スポンサーサイト
編集 / 2013.11.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【煽るようで煽らないマーケティング。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【煽るようで煽らないマーケティング。 】



DMを大量に発行し、その中からの数%の反響があり、セミナー
等を行い、商談に入り、受注する。 

まぁ、よくある営業方法のひとつであるが、「DMは自社のブランド
(イメージ)を棄損しないか」という質問をうけたことがある。


これに対して明確に答えられる人はいるだろうか。


マーケティング戦略とはいえど、
といったバランスをどう作るか。

実は、最初にバランスなんていうな、というのが持論だが、
それは、営業ステージによって変わるものである。


1)初期の営業
  利益なき経営の初期状態では、まず「売り」をしっかりと強く出そう!
  その中でも数%の本当の出会いが見つかる方が価値がある。
  私はそれで某林業地域と出逢ったのである。
  (確かにDM送ってくんな!というクレームもあったがひるむなということである。)


2)会社の営業ステージが後期
  (実績が増え問い合わせが増えるようになる)になると
   2つのポイントがある

   ①見込み顧客を丁寧に広い、丁寧に育てる
   ②「押してないようで押している」
    「煽っていないようで煽っている」といった表現のプロ化が必要。

これは本日あるかたから
講演やプレミアム国産材の問い合わせがあったことを思うに、
振り返るきっかけができたのであるが、
で、やはり、どんなに問い合わせが増えたとしても、ある程度に名が知れるようになっても、
やはり「広告戦略」といったものは必要である。

それが、たまたまつけたテレビで、スタジオジブリのプロデュ
ーサー鈴木氏がその点について語ってくれていた。

じつは
「押してないようで押している」
「煽っていないようで煽っている」

といったのは、宮崎駿が鈴木氏のことを評した言葉である。


プロデューサーの仕事とは何かということは割愛するが、
改めて「見てもらう」ための「伝える」とは何か。私は3つの学びを頂いた。


1)欲求(かわいい!たのしい!シンプル)
2)逆説的(裏に秘めたテーマを考えさせる)
3)監督と喧嘩する。


なぜ、魔女の宅急便のポスターに「パン屋で一人たたずみ、何か
考えているシーン」なのか、なぜ千と千尋の神隠しで「かおなし
と女の子が向き合っているシーン」なのか。これは、魔女が空を
飛ぶのは当たり前、その中で、パン屋でたたずむシーンをポスタ
ーにすることで、日常の悩む女の子を映し出し、映画が見たくな
るようにと(押していないようで)押している。


そして3つめ。喧嘩。

「もののけ姫」というタイトルは、宮崎氏と大喧嘩して、
鈴木氏が決めきったというもの。そのストーリーもそうだが、
「ここで意見が合わなかったら、今後一緒に仕事はできない」
といったプロデューサー側の覚悟。

プロデューサー、裏方である。

しかしながら、どうやってクリエーターやクライアント(顧客)
を、育てながら、共感していく時間と空間と仲間を作るか。

本日の午前中のインターン生、会社内打合せ、ビジネスパート
ナーとの打合せ、すべて含め、鈴木氏の立場を学びつつ、自ら
に課題を整理できた一日でもあった。


編集 / 2013.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【現地研修会@飛騨高山  国産材ビジネスセミナー&国産材ビジネススクール】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【現地研修会@飛騨高山 】

2日間の現地研修会は、東京国産材ビジネスセミナーと大阪の
国産材ビジネススクール(経営実践研究会)の合同で行われ、
今回で5回目

平成21年度(1回目)岐阜県恵那
平成22年度(2回目)高野山
平成23年度(3回目)新潟県新潟市/南蒲原
平成24年度(4回目)愛媛久万/高知嶺北
平成25年度(5回目)飛騨高山 

と続いています。

写真の報告と詳細は会社ブログへ
http://chiikino.jp/?p=2161


何事も継続は力なりという言葉がありますが、5年連続に参加
している人も、新規の人にも、常にビジネスのヒントと感動を
与えねばというところですが、改めて「実践」の連続において、
この今の関係があるということですね。



今回は、特にクライアントの協力のもとに、準備に時間を掛けず
に進められましたが、この1年、弊社のコンサルティングによっ
て劇的に変化した「理念」と「利益」においてのプレゼンテーシ
ョンも頂き、大変充実した時間が過ごせました。


オークビレッジの稲本正代表にもゆっくりとご案内を頂きました。


高山で操業して40年、「100年かかって育てた木は100年使える
モノに」「お椀から建物まで」「子供一人、ドングリ一粒」とい
った理念はずっと変わっていない。尊敬の領域を超える。理想主
義的な現実主義的人生。

私の父と同い年の昭和20年生まれ、肌もツヤヤカで、元気がいい。
私とも二人で話す時間を少し頂いたが、私の未来もちょっとだけ
示唆いただいた。「こうしたらいいよ」嬉しいアドバイスだ。


現地研修会。

1年に1度、みんなで集まり、頭をかち割るくらいの刺激と明
日への活力を頂くためにも、続けていきたい。

参加者のレポートが楽しみです。


 現場視察→メモ→戦略の見直し→見える化→実践

 の繰り返し。

 まさに「自分」にも言い聞かせて。


ところで、
今回の視察先のある担当の方(60代)が、最後、こういった。



「あれやこれやってやること一杯あるんです。

 そして、もう60歳を過ぎて
     私(の人生)は、先がみえています。

 だけど、動ける間に何とか、これはやりたいんです!」


という熱き言葉が一番刺さりました。

ありがとうございました!
 
編集 / 2013.11.25 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【インターン生3名、オフィスの活性化。 】
カテゴリ: 未分類
【インターン生3名、オフィスの活性化。 】


我が社には、インターン生が3名います。
そのインターン生3名と、社員1名と私という5名がそろって
オフィス業務。

初めてのこの人数はだいぶに活気があります。

業務確認
 作業
レクチャー
 作業
お掃除
 作業
おちゃ(雑談)タイム
 作業
振り返り確認

という流れでした。

午前中、1時間30分を使って以下のレクチャー。

・情報共有の意義
・吉野林業と林業ツアー(昨日の業務のシェア、写真と動画と共有)
・ロジカルシンキング
・メモの取り方
・レポートの書き方
・ビジネスフレームの提供とその応用

等をみっちりレクチャー。大学でもっと早く知っていればよか
ったと自分が思っていることを中心に、ディスカションも。

昼食後は皆で、オフィスの掃除と書類整理の時間を午後イチに。

またその後みんな黙々となって作業に集中していた後、ちょっ
とお茶タイム。進捗を確認しながら雑談。

人数が増えると色々な「オフィス時間」ができてくる。意図的
に、色々な時間をつくって、私も含めた皆が成長できるような
居場所のいい会社っていうものをもっと目指したい。

みながどんどんと、こうしたい!あぁしたい!ができるレベルまで
個のレベルを高め合いたい。

夜は、アート×地域づくり といったNPO団体と打合せ。

色々な角度からまちづくりを行っている人がいるなかで、また
新しいパートナーが増えていく。改めて、自分ひとりではない
自分だけではいかに小さいことしかできないか。

同志を増やし、学び多き日々を。



編集 / 2013.11.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【大事なことはたいてい面倒くさい。 宮崎駿 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【大事なことはたいてい面倒くさい。】


NHKプロフェッショナル特別編で宮崎駿氏の特集だった。
「風立ちぬ」を最後に引退をした70歳の宮崎氏がこの映画に
掛ける想いを伝えていくというストーリー。


最初は断った。
鈴木プロデューサーの熱意もあったことだろう。
どう宮崎駿は卒業するか
もう描けなくなるだろう。という時間も見えていた。


子供向けで女の子がどう生きるかという
顧客視点のテーマを辞め、
自分が書きたいというものを描いたのは今回が初めてだという。

自らの絵コンテを中心に、スタジオメンバーが上げてくるそれ
ぞれの1枚1枚の絵をチェックする。こうじゃない!あぁじゃ
ない!こんな動きはしない!風呂敷はこうやってもつもんじゃ
ない!自転車の動き方は違う!

関東大震災のシーンのたった4秒を描くのに1年かけたといっ
ても過言ではない。そう、そもそも東日本大震災の前にこのシ
ーンの絵コンテはできていたからだ。そもそも震災のシーンを
描くことすらやめようというスタッフもいたという。

それでもディテールにこだわった。

そこでずっとテレビカメラが追っていた宮崎氏は自分の加齢と
ともに落ちる精神力、集中力、技術力と戦いながら、ひとつひ
とつのスタッフの上げてきた絵をチェックする

「面倒くさい、あぁ、めんどくさい」 
「めんどくさいんだよね」

っとぼやく、つぶやく。それでも全身全霊を込めて、ひとつの
作業に集中される。仕事は作業の連続である。その中で


「やっぱりね、大事なことって、めんどくさいんだ」


「それでいつでも嫌になってね、
 それで、もう辞めよう、やめようって思った。
 ナウシカの時に43歳、その時にも女房にもうやめると
 完全燃焼したが、結局続けてきた。」


風立ちぬ公開前のこと。


「メンドクサイってそん時思ってても
 結局、終わった後すぐ解放されるけど、
 何もしてない時を思うとね、
 やっぱり、あの面倒臭いっていうときを
 求めちゃうもんなんだよね」


その後、映画が公開された。公開前のスタッフたち全員での
試写会を終えた、挨拶では、
「自分の映画で初めて泣きました」とスタッフへ

そして、引退会見のシーンが流れ、
またその後、工房アトリエで一人、黙々と作業している宮崎が映った。

それは、
道楽の漫画を描いているシーンだった。



幸せとは何か、仕事とは何か、卒業とは何か。
ここに凝縮されていた。


(まとめ)
・顧客の設定、卒業作品とは何か(マーケットインからプロダクトアウト)
・仕事は作業、面倒くさいの繰り返し
・「完成」に一切妥協しない。
・自分の範囲で、自分の能力で、精一杯やる。
・面倒くさいをクリアしても虚無感が残るもの
・ビジネス引退後こその道楽(好き)という存在。
編集 / 2013.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【学生向け講演も地域住民向け講演もいっしょ。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【学生向け講演も地域住民向け講演もいっしょ。 】

14日(木)は法政大学にて地域問題入門のゲスト講義、そして
16日(土)は美濃加茂市の山之上地区まちづくり協議会で講演。

どちらも
法政大学でも、美濃加茂市でも、
「となりのトトロ」「NHKドラマあまちゃん」から学べるまち
づくり入門といったところで、その具体的なシーンを例えに、


・自分軸(相対的価値基準 東京vs田舎論は無能の極み)
・時間軸(景観10年、風景100年、風土1000年を学ぶ)

・お金と正義
 理念なき利益は犯罪
 利益なき理念は寝言

・まちづくり3ステップ
 協業と体験→理念と利益→事業と雇用

・3C(住民の視点、顧客の視点、行政の視点)

・情熱=好き×憤り


といったフレームを伝えることをいくつかの「クイズ」にて
まず思考させることに、ここに具体的な事例を加えて話した。


1)地域の「価値」とは何か
2)地域を「つくる」とは何か
3)地域を「動かす」とは何か

といった流れに自分たちで定義する必要性を伝え、最後に、
自分たちの「誇り」と自分たちの「人生観(ライフプラン)」を
考え直すといったことを求める、と言った形の講演にした。


どちらも、感想文(リアクションペーパー)を頂いたが、


1)ただメモ(単語)を取る人
2)講演内容がよかった!と装飾してくれるひと
3)具体なら抽象を抽象なら具体へと変換して掛ける人
4)それを踏まえ、自分事に置き換え、具体的アクションを書く人
5)講演後に、直接、話しかけてくる人
6)反論する人

といるわけですが、その比率で、このまちづくりのその先が
見えてきます。でもって、1度だけではないお付き合いを!と
私からも申しあげています。


上勝(いろどり葉っぱ)、神子原(ローマ法王の米)など、
具体的事例を話したところで、一部だけ取り出して真似する
といった行動をせぬよう、基本概念を、色々な身近な事例、
漫画やドラマから引き出して、自分事化できるようにする。


手段と目的は
時間と立場で変わるもの。


そこに小さな成功体験、まちづくりプロセス、普遍的な学習。

私自身もプロとして何をすべきか、いつも顧客(聴講者)の
アンケートから学ばさせて頂いている、感謝です。


編集 / 2013.11.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【美杉地区で講演 「WOOD  JOB(神去りなぁなぁ日常)」のロケ地】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅

今日はある地域に「初めて」訪れた。

そうこの日は、
美杉地域(三重県)で林業講演&ワークショップの仕事だ。

ここ美杉は、この2014年初夏に公開予定の
林業エンターテイメント映画「WOOD JOB(神去りなぁなぁ日常)」
のロケ地(舞台)である。
現地の施業現場、製材所、木工施設、伊勢道の街並みを歩きながら、色々
なウラ話を聞き、公開がますます楽しみになった。

主演は、長澤まさみ、伊藤英明、染谷将太で、
あのウォーターボーイズやスイングガールズの矢口監督。

http://www.woodjob.jp/


この日も、22時を過ぎる時間まで、地域の方々と勉強会。

珍しくお酒もなしでこの時間まで、あぁだこぉだ、
もっと色々な地域の事例を教えてほしい!と積極的。

また素敵な林家、森林経営、製材メーカー、林業女子たちに出会えたこと。

自分自身が「当事者」ではないからこその交流の関係性についても、
有難いお声を今日はいただいた。
そういう人から見ていくと、地域の諸活動の面白さが見えてくるし、
同じような景色も違うように見えてくる。

また素晴らしい方がに出会えた。
遅くまで本当にありがとうございました。

まだまだ日本の林業地は魅力がいっぱいだ。

編集 / 2013.11.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【4つのオフィス時間 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【4つのオフィス時間 】


「た・け・や・み・そ♪」というジングル(音楽フレーズCM)
はみんな知ってるでしょうね。一度聴いたら忘れない。最近、
それと似てるのが、森高千里の最近のキッコーマンのCMでの
「う・ち・の・ご・は・ん♪」

うむ、似てる、じゃないな、同じだ。


たけやみそ
http://www.youtube.com/watch?v=inZfMEQv-LE


うちのごはん
http://www.youtube.com/watch?v=XlWKI3WsWCw


まぁいいや、これだったら5文字フレーズは何でも真似できるか。

今日のテーマ「オフィス時間」を、

「オ・フィ・ス・ジ・カン♪」って言ってみてください。


そのオフィス時間をどう有意義にするか。

オフィス時間、それは主に、

「作業」と「会議」

ってものがメインになるわけですが、
オフィス時間は主に、この4つの時間になってる。


目的なき作業(一人)
目的ある作業(一人)
目的ある会議(複数)
目的なき会議(複数)

ってのがあるとして、

よくいわれるのは、まず、
作業をやっているとき、
手段的行為から自己充足的行為に変えること。

同じ歩くでも、
駅まで歩く(手段的行為)→ウォーキング(自己充足的行為)
同じ本を読むでも、
参考書を読む(手段的行為)→小説を読む(自己充足的行為)
とあるように。

入力作業ってのも、単純作業っても、
で、目的なき作業をしないこと。

仕事=目的+作業ってていう、仕事ー目的=ただの作業。

いかに、自己充足的行為にするか
1)それ自体を楽しむ(タイムキーピング、小さな工夫)
2)目的を明確化する(意味づけ、位置づけ、勇気づけ)

ということ。


では、それ以外のオフィス時間。


今日は目的なき会議(フリートーク)っていうものの必要性について。


今日は、久しぶりの来客も含め、インターン生とのぷち勉強会も
含め、なんとなく雑談するっていうことが組織の活性化になる。

あれやこれやって妄想できたり、有機的につながっていったり。
6次産業化のゆくすえ、上質な文化ストーリー、林業のメディ
ア化、SNS全盛期(衰退期)時代の組織論などなど。

だいぶ多くの話ができたが、それは割愛。


・目的なき作業は是非無くしていくこと、
・目的ある会議(ゴールと時間)をきっちり決めること
・また目的なき会議(雑談)も行うこと楽しむこと

この3つがあるからこそ、持続的組織の活性化となる

じゃぁ、いつまで工夫しても、わからない、
それでも自分で目的が整理できない上司から言われるような、

・目的なき作業は?

うん、これって3年後にわかったり、10年後にわかったり
することもあるんですよね。その価値って。


結論、4つとも大事だったりするのですね。

おふぃすじかん♪

(出張が多い会社だからこそ大事にしたいものです)

編集 / 2013.11.12 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【記事に出るだけが目的か?地域ビジネスのプレスリリースについて】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【記事にでるだけが目的か。 】


記者には2種類いる。

1つのことを丁寧に掘り下げ続けるという記者と
いわゆるスクープと言われる新しさ奇抜さを追う記者といる。

それは記者とは、というより、記事とは何か、ニュースとは何か、
あるいはいわゆるメディアとは何か、といってもいいだろう。


某新聞記者からかつて
「どんな記事が載りやすいか」という話題を提供いただいた
ことがあった。


もちろん話題性があること、である。


では、一般紙において、話題性があるということはどういうこと
か、それには、大きく分けて2つあるという。

ひとつに新規性ということ。「新しい!」ということは多くの
一般の人に興味が沸く。もちろん「地と図の関係」理論からし
ても、新しい!が目立つということは、その後ろに必ず「変わ
っていない」という地(背景)の存在があることを逆に意味す
るわけで、その演出はいくばくかマーケティング理論に基づき
ながら、創作的に行う必要がある。よって、新しさのみ追う記
者(記事)にも、当然に、時代のはやりすたれがあり、飽きら
れると、とたんに記事に出なくなるということだ。


もうひとつは社会性ということ。

それは、地域の小さなネタである。顔が見えるネタである。そ
れは、国家の安定基盤になるべく教育や福祉に関することから
生み出され、経済的成功の背景として消されてしまった部分に
光をあてたことである。

一般紙でも地方紙、全国紙の地方版というものは、や
はりずっとずっと「人間愛」を中心とした社会性に対しての、
問題提起をし続けてくれている。

ただ、あったかいニュースだねっていうものであるが、実はこれ
も、新規性であるかどうかという命題をつねにはらんでいる。
社会性がある話題ってのも結局いまの時代だから注目されてる
んであって、どうせまたそれが当たり前になってきたら、記事
にならないんでしょ?ということもあろう。

ただ、ようするに現状の日々の毎日の「実際」と理想のギャップ
を埋めてくれるのが「記事」に表れてくる。


新規性と社会性が伴うものというものは、その背景に強いミッ
ションと理念がある場合が多く、それを自社メディアでストレ
ートに伝えていけば、ファンも増える。


最後に。


よって、なぜプレスリリースを書くか。

記事になりたいからではない。その記事を利用した社会性とい
う信頼と新規性というチャレンジ精神を含めた企業の無形資産
となっていくからである。

戦略的な話題と
マーケティング論と
それにあわせたテクニック論としてのプレスリリースの手法
について、地域ビジネスの現場でコンサルティングをした。

記事に乗せたいから
新聞に出たいかから
テレビに出たいから、ではない。

その先の企業であり地域のコミュニティの存続性と発展性の
ためである。目的と手段を間違えないよう。
編集 / 2013.11.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ