【遅咲きのひまわり 地域おこし協力隊 ドラマ 所感】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【遅咲きのヒマワリ(地域おこし協力隊のドラマ)の役割  】



地域再生やら地域づくり。

それに、行く人を

5パターンにわけると、


1)「最初」の変人 (イノベータ―)2.5%



2)「最新」に乗っちゃう行動者(アーリーアダプター)13.5%


  大きな壁(谷)【キャズム】がある


3)「時流」に乗る行動者(アーリーマジョリティ)34.0%


4)「遅れて」流行りに乗る行動者(レイトマジョリティ)34.0%


5)完全遅れ組(ラガード)16.0%


正規分布風になぞらえて、
イノベータ―理論とかロジャース理論とかいうものがあります。


これを頭に入れながら、


フジテレビ系の

「遅咲きのひまわり」というドラマの役割について、考えてみました。


あ、みなさん、ご覧なられました?


これ、
関東(東京)で、仕事を解雇された若者が、
「地域おこし協力隊」の募集をネットでみつけ、
四万十へゆくという設定なんですけれどね。


そこで色々な地域ならではの問題や課題にぶつかりながら、
医療の問題、経済の問題、人間関係の問題をテーマに、

うごめく、恋愛&人間ドラマ。


http://www.fujitv.co.jp/osozakino_himawari/index.html


フジテレビ系 遅咲きのひまわり 毎週火曜日夜9時放送

 
私の感想は、


「あぁ、テレビになったんだな・・・。」


で、正直これが私の実感です。


テレビになったら、終わりの始まりだということですね、


振り返ってみます。


国土庁が行った地域づくりインターン。
ワカモノ・ソトモノ・バカモノとの交流を増やそうと、
早稲田大学の宮口教授が提案し、初めて、「
田舎」への派遣事業が始まった12年前の夏。

2000年夏、私はその1期生として、
奈良県吉野郡川上村へ派遣されました。



で、その頃、私は、
地域づくりをしようとか、過疎をなくそうとか、
まちづくりビジョンを創ろうとか、
そんな崇高な理念を持っていたわけではなく、
ましてやソーシャルビジネスなんて言葉はなく、実
際のところ、フロンティア精神というか、
TOKYOの欲望の裏側にかき消された、
農山村地域こそ、いまや開拓すべくフィールドがあるのではという、
今思えば恥ずかしい傲慢な気持ちかもしれませんっでした。



若者ならではの、
小さなオレオレチャレンジだったんでしょう。。


だから、
僕らの同期やそのあたりの人たちは、
みながみなフロンティア精神やチャレンジ精神があって、それでいて
ビジネス経験が多彩であるわけではないので、ギラギラして
いるわけではないから、地域に溶け込んで、仲良くなって、
それで、その話題を、TOKYOに持ち帰って、広めると
いうことが大きな役割でした。



いま北海道にいるAくん、
R社にいるS川くん、もろもろ、
私たちの前後はそういう人類が多かったものです。


高度成長期で田舎を捨てて出てきた人たちの
子どもたちが、今度、地域(田舎)にいく。


「私たちの子どもが
 東京にいってね、
 東京の君たちが、私たちの村に来る
 不思議なもんだね・・・」


福島県の農家のおばちゃんに、
言われたこの言葉は、ずっと記憶に残っています。


「地域と都会の、新しい(出逢い)合コンである」

そういう人もいました。

目的は、交流、ただそれだけだったのですね。

いま、
交流だけではダメで、
ビジネスの側面、福祉の側面、
まさかの学校の単位という側面。
だから、
地域の受け入れ側とインターン側との想いのギャップ
理想とその現実の差が課題ですし、

また、役所(地方)も、
予算が取れる、取れないとか、
担当者が変わるという課題などなどあったのですが、
でも、その後は、他の省庁
への波及効果もあり、農林水産省、総務省と同じような事
業が展開されたのです。


大学の独自なインターン制度、
ETICやJAE等のNPO、
財団等の独自募集によるインターン制度、
そして、国の動き、集落支援制度、地域おこし協力隊。。。。

となっていま・・・。

2000年のころの仲間たちは

「前例がないから、いってやろう!」

という精神であったイノベータ―たちがいたが、
順調に、ここ10年は、アーリーアダプターによる若者が多数、地域に
足を運んでいると見えるわけです。


で、このころは、たった1年2年の後輩でも
こんな、ぶつかり合いもありました。


「いつまでもな!
 地域のインターンの話になると、
 先輩である、Aさんとか、Bさんの話題ばかりで、
 むかつくんですよ!

 (俺は俺でやってやる!!)」

と面と向かって言ってる後輩がいました。


たとえば、林業女子は、
いつまでも、京都の代表の人たちの話ばかりで、
むかつくんですよ!みたいな、人たちが出てくるわけです。


で、肉食系な人が多く、それぞれが、それぞれに
イノベータ―だという強い自負で、地域には云って、仕事を
作ってという人が出始めたのですね。


そうなれば、Mロジャーズのイノベータ―理論でいえば、
まさに、いま、キャズム(マジョリティに映るかどうか)
を超えうるかどうか、それが、
もしかしたら、この「ドラマ」に掛っているのかもしれません。




だから、
色々な人が「地域」に来ているし、
動機なんて何でもいいんですよね。


肉食系だろうが、装飾系だろうが、
草食か。失礼。でも、自己装飾系もいますね。


このドラマ、
東京の病院から、地方(四万十)に派遣された
医師「真木よう子」と、地域おこし協力隊の「生田斗真」と
のやりとりが面白いわけですが、

二人とも、関東(TOKYO)から、四万十に来て出逢うわけです。

で、
この二人の仲の悪さといい、
喧嘩っぽいところといい、それはそれで、ドラマの演出なわけですが、

人間付きあいがイヤで、

地元の飲み会を途中で真木よう子が帰るシーン。

それを、生田くんが追うのですが、


その、二人の会話に、

いろんな人の想いを詰め込んでいました。





女(東京から飛ばされた女医)「だいたいね、あんたなんでここ(しまんと)きたの?」


男(地域おこし協力隊)「え?」


女「東京で疲れて、イヤなことあったから?
  田舎に来れば人間関係がいいって思ってるわけ?」


男「そんなんじゃない!」


女「あ、わかった、
  いま流行りの、自分探しってやつ?」

男「違う!」


女「はぁわかった!田舎のためになにかを起したいとかいって
   世のために、いいことやってるって自己満足したいわけ?」


男「ちがうわい!
  地域おこし協力隊だぁ!」


女「私はね、(仕事に困ってるわけじゃない。)
  こんなイナカで医者やるために
  いきてるんじゃない!!」


そんな、
いい合いのシーンがありました。
これって、うまいなって思ったんです。

いろいろな動機があって、
人は動く、これといったポイントに一つに絞られるわけでもないし、
あれもそれもわかるなって時ね、
矢継ぎ早に、いいまくって、かけあうシーンって
意外と、そのうちの一つでも刺さるセリフがあれば、
全体の記憶が残るんですよね。

まさに、
アーリーマジョリティ受けです。
テレビってそうなんだって。


答えは簡単に見つからない
だれといきるのか
どこでいきるのか
どこに向かって進めばいいのか


この景色、
この景観をみたときの感動。

でもね、

「人間、死ぬ時は、死んじゃうんですから」

っていうセリフもありので、
ふふ、おもしろいじゃない。このドラマ。


テーマがあるとしたら、
確実に、
キャズム超えを狙うものでもあるし、
ドラマ業界がたんなるトレンディ系に飽きて、
どっぷり韓国ドラマがはやっているのを見ると、

このポジショニングも面白いのかもしれませんね。


だからこそ、
あんまりテーマに走ってほしくなくって、
私は、もっと妄想(恋愛ドロドロ)に走って、
人間ドラマっぽくしてほしいとも思っています。


あんまり言えませんが、
これ、結構、自分たちの周りで
インターンで行った時もろもろと被る部分が多くて
友人の女性関係の話とか、
インターンで事故って死にそうなった奴の話とか、
まぁ、そんな人がゴマンといるでしょうけれど、

経験者の過去回帰 か
未経験者の行動喚起か、

ふふ、たのしみですね。

私は、脇役の、国仲涼子が好きですが・・・。


ってか、あんな美人さんがたくさんいたら、
違う理由で、地域おこし協力隊も、大人気となりますな笑。



スポンサーサイト
編集 / 2012.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【岐阜県セミナーも終了、仏教×林業×ビジネスも・・・】
カテゴリ: 理念と利益
【岐阜県セミナーも終了、仏教×林業×ビジネスも・・・】


ついに終わってしまいました。

10月19日
五回にわたる岐阜県製材・木材業経営強化セミナー。

熱き岐阜県職員の想いから始まったこの企画。
その伝播は岐阜県中の業界の方々に届いたことでしょう。

そして、
ちいさな我社が、お仕事を受託させていただきましたが、
同じ岐阜県であっても、

福井県よりの方、
愛知県よりの方、
富山県よりの方、
滋賀県よりの方、ほんっと遠くから、

この研修セミナーにお越しくださいましたこと、お礼申し上げます。

自動車で1時間半~2時間半もかけてきてくださっているかたばかり。


あらたな出逢いもありました。

今回は、第5回目の最終回。

経営まとめシートにそれぞれ記入を頂き、参加者それぞれに
発表を頂き、ディスカションとプレコンサルを致しました。


私の印象としては、こういう地域や会社には、こういう課題が
あるというよりも、この岐阜県では、まさに、こういう課題と
いうよりも、理想や夢、そのために何をしたらよいかというと
ころが、見える方々ばかりでした。

今後とも、色々なつながりができて行くと思います。
改めて、よろしくお願い申し上げます。


さて、翌日。
10月20日、 岐阜→東京へ。

国産材ビジネスセミナー。

初めて、新橋の貸会議室にてセミナ
ーが行われました。人数が少なかったのですが、それゆえに、
一人一人が課題を発表する時間を設け、充実した内容となりました。


お客様の割合も女子が増えてきました。


こういった林業を知らなかった人たちが、
林業を知って、興味をもつ、そこから、
やってみたいという欲求につながっていくか。

マーケティング理論に基づいて、
岩井に、林業女子の活動を整理してもらいました。

そして、トビムシ小林さん、西原くんの講座も、
話題が多岐にわたり充実しておりました。

小林さんは法学的視点、西原くんは地理学的視点。
で、林業ビジネスを切り裂いてくれました。

ありがとうございます。

セミナーもそうですが、

気体や機運を創るだけでは、
利益(雇用)は生まれないわけで、
これからのテーマに向け、私も実際的事業化をしなければと
自分自身に、課題も頂きました。

あ、そうです。

今回、

仏教×林業×ビジネス


という視点で、特別講座として話をさせていただきました。


■仏教(僧侶)の役割
  ・葬儀屋と僧侶との関係性 
  ・廃仏毀釈(明治以降)のお寺

■山岳信仰と山岳仏教

■遣唐使と空海

■密教と顕教

■高野山
 ・山林部/寺領森林組合/高野霊木/高野六木 
 ・弘法さんという空間

■床の間とは何か?
 簡易型toconomaの可能性

■無記 
 「仏教的思想と仮説思考」


っという話をさせていただきました。

ちょっと簡素化し過ぎたのですが、
これは、しっかりとまとめ
いずれ(40歳までに)著書のようなカタチにしていきたいところです。

ただただ
マーケティングってな話をしてるだけではなく
もっともっと哲学的なところも掘り下げてみたいと
改めて自分も思いなおしました。


今回は、懇親会の後、
アミタ河野君の結婚式二次会パーティーに参加。

空手芸がなかなかおもしろかったですが、
久しぶりにたくさんのアミタ若手に会いまして、
ますます自分頑張らねば!って思いました。

色々と協業のほど
よろしくお願い申し上げます。


編集 / 2012.10.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【むらづくりビジョン 奮闘記 3つのポイント 】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)

【むらづくりビジョン 奮闘記 
           3つのポイント 】


今日も、
ある地域の方々とのヒアリング&ディスカション。


そして、現地踏査ということで、時間があるときに、歩いて
村を見て回っていました。

そのとき、農作業をしていた
地元の「おっちゃん」に声をかけられました。

その声のかけ方で、なるほどなっと、
山村地域のまちづくりのあるルールが見えました。

「まちづくり」とか「むらづくり」
商店街の活性化、山村地域の活性化、
景観整備、文化的活動の推進、経済支援、
色々とあるわけですが、
すべてにおいて共通する課題は

1 行政主導とか民間主導とか
2 利益なのか理念なのか
3 交流人口の増加なのか緩慢たる終焉なのか
4 合意形成の手法はどうあるべきか


などのテーマは必ずあるのですが、
このあたり、だいたい、「あ~。あるある」的なことを、
そろそろまとめたいなと思っています。


今日は、
この3つのことが、印象に残ったので、紹介します。


1 交流フェーズ(おっちゃんの言葉から)


  村づくりという過疎対策として考えるに
  私は、ソトモノを受け入れる「資質」というのが
  地域に必要だと考えています。


  簡単にいえば、閉じないこと。受け入れること。

  一度、東京や大阪で働いて戻ってきた人は、そういう資質があります。
  (かといって、なぜ、閉じるか。単なる資質や性格の問題ではなく、
   その理由もわからなければ地域との仕事はできないでしょう。)

そこで、地域の交流フェーズ、おさらい。


  J1 かってに交流、協業や事業も雇用も常に創出している地域
     (例:ニセコ町、かみかつ、小国町 等)

  J2 交流人口の促進があり、事業や雇用の芽が出はじめた地域
     (例:地域づくりインターンを受け入れ、雇用に繋がってきた)

  JFL 交流を始めばかり、ソトモノが来ることにまず慣れた地域

  地域リーグ以下  交流が出来ていない、ソトモノがくるとビビる地域。



  という段階があるとしたら、
  これは「資質」というより「経験」が大切になります。

  
  もう息子たちは外に出て、帰ってこない。
  だけれども、興味のある人は来てほしい。

  そういう地域の高齢者。


  たとえば、 
  大学生が色々と研究で入ってきたり、
  NPO団体やボランティア団体が環境問題で入ってきたり、


  最初は、おばあちゃんたちが、若い人が来ると喜んでいるのですが、
  そんな若いソトモノに、ボランティアでお昼ごはんを創ってあげたら
  最初はよかったが、最近は、負担になってきた。

  とか。

  今度は、学生が、学生で、ボランティア精神ふんだんできて
  高齢者に対して、福祉サービスを提供するような関係性ができた。

  だけど、今度は、学生自体がそれに対して(お金がないので)
  忙しくなれば、やらないし、負担になってきた。

  ここで、利益と理念のベクトル を決めて行く必要があります。

  まずは、交流、そして受け入れる側の捨てたくないところ。
  地域で守りたいものが見えてくるんですが、
  

  さて、話戻ります。

 だいたい、ソトモノの若い人が、山村地域を歩いている
 「怪しい」と思われて、何か尋ねられることが多いのです。


  今日は、農作業をしているおっちゃんに、声をかけられました。


 「お?なにか調査かい?」
  
 
 と声をかけられました。これは、ソトモノが来ていることに
 慣れている証拠ですね。

 ある意味、JFL→J2グループのひとつの指標でしょう。  


 「あんた誰?」とはまず聞かない。

 でも、地域でソトモノの交流がないところは、必ずそう聞
 かれるでしょう。

 私も12年前、地域づくりインターンで川上村にいったとき
 担当の役場職員だけしか顔を合わせてなかったとき

 「あんた誰?」という視線はいたるところから感じていました。
 それが徐々に変わっていったのは
 後輩たちが続いてくれたからですが

 いま3学区(3地域)それぞれに、地区ごとのビジョンと
 その共通課題を見つけるというところと、組み合わせながら
 活性化の仕事をお手伝いしています。

 その3学区とも、
 この「交流フェーズ」が違うので、
 そこをどう「共有」していくか、それがまず最初のテーマかなと思います。


2 他力本願の意見も 取り入れること。
   → そこから、意見より覚悟だ!!


 「もうね、林業なんてダメなんだよ!」


  なんていう意見もあります。こういう人は、一生懸命やって
  いるひとに、迷惑なので、さっさと去ってください。

  あるいは、以前にも私の日報に書きましたが

  「経営辞めてください」といいたいのですが、ビジョン策定
  や、まちづくりの合意形成の現場では、こういう意見を言う
  ことや、前向きな人とぶつかり合うのは大切なことです。


  いつもなら、私は、よく「しゃべる」のですが、
  こういうシーンは、自発的な発言を喚起することが
  仕事のほとんどでありますので、「聞く」に徹し
  誘導していくことに心がけています。


 今日は、「本音」のトークがかなり繰り広げられ、
 一時は、場が騒然とすることすらありましたが、
 私から、少し、利益の必要性について触れ、
 じゃぁ誰がやるの?というところに必ず行きつくわけですが、


 ある方がこういいました。


 「いま行政がやってくれている
   某むらづくりの(産業)施策は、
   私はたしかに興味があります。

  だけれども、身銭を切ってやるというまでの覚悟はない。
  
  ただし、本気でやる、やれる、という判断は、

  もう意見じゃない、覚悟なんですよ。

  そこまで、もっていけるかどうか、
  その覚悟を 自分でも高めていけるかどうか

  それがそのビジョン策定なんじゃないですか?

 行政がやれっていうからやるわけじゃない。」


この言葉が、地域から出たこと、本日の最大の収穫でした。
 

まぁ、おまけ的にいえば、
実はこの夜、京都で出逢った某研究所の研究員

インドの山岳エリア(標高4000mクラス)の
村づくりや、森林づくりの研究をしている方に出逢いましたが、
そのインドの村づくり、大変、ヒントになることがありました。

自分で考え、自分で小さな仕事を創りだし、
その対価に対してのみ、行政(村づくりの組織)が、
お金を支払う。その仕組みの生まれた背景、30歳くらいの
村長(人口2000人くらい)のリーダーシップなど
色々と教わったのですが、


そのとき、ある村の方と、彼が、話した時

「私たちは、チキンじゃない(家畜じゃない、人間なんだ)」

という言葉に出逢ったと。

反発ではなく、自負として出てきた言葉です。

ようするに
国や行政から言われたままにやるとか、
お金さえもらえればいいとか、
言われたことをやるだけでいいとか、

そういうことではなく、

自分で思考して、自発的に動く、
そういう姿勢(覚悟)を失ったら、
そんなの「動物」だという哲学が根本にあるということ。

つよい意思、哲学、自発的行動に対する根本とその覚悟。
インドに学びに行きたくなりました。




3 それでも夢を見たいよね!


 まちづくりディスカション

 だんだんとふつふつと自力本願でやる気が出てくる人と
 半分あきらめて、カタチだけの人が出てくるものです。

 これは仕方ないことです。


「現実的であり、変化が確認でき、
 そういうビジョンでありたい。
 夢を描き過ぎて、絵に描いた餅はイヤだ」


「確かに!! でも、夢は見たい!」



 そのとき、わたしこういいました


「みなさん宝くじ買います?・

 キムタクの3.9億円!?

  
 あんな確率の低い宝くじには夢を持っちゃうんですよね。


 しかも、他力本願、運次第。


 でも、
 自分の村づくりは、うまくいかないじゃないかっとか
 不安におもっちゃうし、成功しないんじゃないかと、
 
 いま、夢を無くしちゃうとか、
 マイナス発想になっちゃうとか、気持ちよくわかります。


でもね、

 1000や2000あるの「日本の山村」のなかで、
 少なくとも、映画化された「いろどり」を成功としても
 ゆずの馬路、「5」くらいの地域は、成功している訳です。
 

 まちづくりで成功する確率の方が全然高いわけですよ。

 しかも他力本願でなく、自力本願。
 覚悟があるんでしょう。

 宝くじ買って夢を見る、生活もいいですけれどね。

 自分たちで、運つかんで、成功させませんかね?

 だから、死ぬまで、宝くじあたらなくてもいいじゃない?

 くらいの度量で、

 成功することを信じて、
 やってきましょうよ!」


と。


まぁ、そのかわり、

 1)前例があるからヤルのか
 2)前例がないからヤルのかってのも、

 どっちが好みかってのもありますけれどね

と。


具体的な福祉の政策のこと、文化的景観のこと、林業の
採算性のこと、女性会のこと、子どもの教育のこと、具体的に
色々と課題が、見えてきましたが、前提に、本音をいう空気
をつくること、

そこに、哲学。


素直・勉強好き・プラス発想

じゃないとね!

どう生きるか、じゃなくて、どう死ぬかなんですよ。

むらづくりはね。

ちょっと長くなりました、支離滅裂ですみません。 
編集 / 2012.10.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【第一印象と第二印象 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【第一印象と第二印象 】


毎月、何人くらい新しい人と出会ってますか?


この8月、9月と出逢った方は、140名近くでした。名刺の
交換をした人だけでこの人数ですからもう少しいますが、いつ
もより多かったのは、セミナーや研修が多かったからですが、
一人ずつ、記憶に残るように、メモ(記録)したりしています。

さすがに、ある研修では、ほぼ一言しか話さない方には、サン
キューレターを全員に出すことは時間がないので、メールレタ
ーを送ったりしています。

そのとき、私の中での気づきですが、第一印象よりも、第二印
象(アクション)の方が記憶に残るのではということ。

第二印象は
営業フォローとか、メールの返信とかですね。



今回、高野山の案内で20名近くの方と出逢ったのですが、本
日その全員にメールにてお礼をし、記念写真をメール添付しま
した。

確かに20名のなかで、第一印象がよく、色々とはっき
りと記憶に残ったのは、


1)共通の話題があった
2)質疑応答があった
3)特徴的なキャラクターだった

などがあり、覚えていますが、実は、おくったメールによ
るサンキューメール(お礼文)について、すぐに返信をして頂
いた方が、数名いたのですが、その方々も、とっても記憶に残
ってしまいました。

第一印象がよくなかったひと
よくなかったというより、記憶になかった人ですが
最速のレスポンスをくれた方がいましたが
また記憶に残ったわけです。


何が言いたいのかといいますと、


第一印象もよく、
第二印象もよければ、完全に記憶に残るので、
次のアクションに繋がりやすいのです。

あるいは、

第一印象よりも、
第二印象の印象がよければ、記憶に残る。
お礼分や、営業フォローはスピードがポイント!


あるいは、

第一印象が良くても
第二印象がわるければ、記憶から消える。

ともいえましょうか。

これは、第一印象で、どのようなコミュニケーションをするか。
とか
大勢多数に会う時にどれだけいい関係性を創るかということは
話題にしていないので、落とし所に疑問がある方も多いかもし
れませんが、改めて、どんな方でも、1人1人にドラマがある
ので、積極的に、第一印象、第二印象をよくしていきたい。

そして、その出逢いを、大切にしていきたいものです。


「人生どのタイミングで
 主役の自分のドラマに、
 そのときエキストラだった役者が、
 脇役になることもある。
 自分にかわって主役になることもある。

 つねに、 
 一度出逢った人は、
 どこかで、自分のドラマに必要な人となりうる」


そんな教えをかつて頂いたのを思い出し、改めて、第一印象、
第二印象、その大切さを自らに知る一日でした。
編集 / 2012.10.02 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ