【木曾ひのき備林(中津川市旧加子母村) 天然の森林を歩く・・・】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【木曾ひのき備林(中津川市旧加子母村) 天然の森林を歩く・・・】


このたび、林業女子の岩井さんの紹介もあり、
伊勢神宮の式年遷宮用の、天然木曾ひのき備林(旧、加子母村)、
美林じゃなくて「備林」に足を運び、
江戸時代からの施業管理方法を学びました。

最近、整備された路を歩き、
標高1000mの神宿る山林の中の樹齢1000年の桧にも逢え、
ウサギ、サルにも出逢いましたが、
ご案内の方々との縁に感謝です。


RIMG6331.jpg
まず、集合場所にて、木曾五木(ひだりから)
あすなら、こうやまき、ひのき、さわら、ねずこ 

RIMG6329.jpg
地域には、東濃檜を中心に、製材所も多い


RIMG6333_20110907163053.jpg
車で30分ほどすると、看板が
「裏木曾古事の森」という この看板が、歴史を感じる。


RIMG6334_20110907163053.jpg
なんども、閉門されたところ、開けて頂いて通る。
このあたりで、出逢った、ノウサギは、とっても小さく、
私たちを先導してくれるように、ピョンピョンと前を駆け抜けていった。


RIMG6339.jpg
最初に出逢ったのは「ひのき」と「さわら」の合体木(がったいぼく)。

RIMG6351.jpg
サワグルミ?オニグルミ? 胡桃の一種だが、とても荘厳で威風堂々とされていた。

RIMG6386.jpg
何の花?!ハートが可愛い。

RIMG6394.jpg
道中、紙芝居方式のご案内に感謝申し上げます。

RIMG6353.jpg
木曾ひのき備林[びりん] 
美林ではなくて(式年遷宮用の)備林

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この森林は、古くから我が国を代表する城郭や神社仏閣に、
最高級の木材である木曾ヒノキを供給してきた歴史のある森林です。
全国的にもこれだけのヒノキがそろった天然林は大変珍しく、
現在は「木曾ヒノキ備林」として、我が国の文化的な木造建築物への
用材供給や学術研究を目的として管理しています。

概況(平成10年調査)
面積730ha 蓄積32万㎥
主要樹種 木曾ヒノキ76%、サワラ23%
樹齢 300~40年
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とある。


RIMG6361.jpg
実は、標高1000m近い、この天然林の中に、
200~300年クラスの天然の木曾桧が、何本も聳え立つ。


RIMG6363.jpg
第62回 伊勢神宮の 式年遷宮に使われた
斧で伐採するのだが、伐採の仕方に特徴がある。


RIMG6420.jpg
次に、最近できた、別ルートの道でゆく。

RIMG6424.jpg
千年クラスの桧に会いにゆく・・・。道中も素晴らしい木々がたくさんで、
神秘的な木々エネルギーを感じた。


RIMG6431.jpg
目をつむって、深呼吸をすれば、間違いなく、心が洗われる。

RIMG6447.jpg
ようやく出逢えた、2代目(発見が2回目ということで)

RIMG6462.jpg
樹齢1000年とは思えない、胴周りの細さ。
すなわち、じっくりじっくり成長し、緻密な年輪であることは間違いない。





RIMG6523.jpg
さいごに、歌舞伎 明治座にも寄りました。

にっぽんってこういう所にあるんだな、
改めてそう感じられた一日であった。





スポンサーサイト
編集 / 2011.07.31 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【経営戦略に基づいたホームページ作成のポイント 山共 体験ツアーの準備・・・】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【経営戦略に基づいたホームページ作成のポイント】 

 ~わたしのコンサルな一日 日記 です~



株式会社山共さんの、
ホームページのリニューアルが完成いたしました。

http://www.yamakyo.com/

RIMG7796.jpg

RIMG7797.jpg

RIMG7798.jpg

RIMG7799_20110907160048.jpg


林業、製材業、木材販売業における、
マーケティングの御話を少々。


今回、
林業・製材会社、工務店等のホームページ作成ご支援をさせて頂いて、
今回で何件目の事例になるかわかりませんが、
(全部製作からアドバイスレベルも含めると10件くらいになると思いますが)


確実に


1)会社の信頼が高まる
  (という曖昧のものだけではなく) 

2)新規の受注(問い合わせ)が増える

3)(レベルの高い)新入社員の獲得につながる


ケースが増えています。

いつも申し上げておりますが、
ただ製品のチラシだけつくる、
ただホームページだけつくる のではなく、
ただブログやツイッターだけやる、というのではなく、
戦略的な方向性と優先順位と道筋が必要です。

そんな中、
今回、山共さんご支援において、
全体戦略策定し
ホームページのリニューアルをお手伝いさせて頂きましたが
ポイントは「自社の強み」って何?というところです。

~~~
今回のリニューアルに至った経緯は

①自社の理念、特徴、強みの策定
       ↓
②アプローチブック(営業ツール)の作成
       ↓
③HPに反映

という一連の流れから来るものでした。
~~~

と、山共の田口社長のブログにもありますよう、
そのやりかた(手順)については、私がご支援する際は、
必ず、上記のように行います。

http://www.yamakyo.com/staff/01/post-587.html
ぜひ参考までに
(山共 田口社長のブログ ホームページリニューアルの意味)
こちらご覧ください。

自社だけでは
見えなくなってしまいがちな「強み」について
あくまで、コンサルティングの立場として、
経営のフレームを用意しつつ、その基準をご提供し、
ともにディスカッションをして作りました。

なによりも社長の強い意志やスピードによって
今回のリニューアルがありますが、
ぜひとも、なんとなくホームページつくらなっきゃ、
強みってなんだろう、改めて木材マーケティングの基礎を知りたい、
と言う方は、ぜひ、私にご連絡ください笑。

もちろん、
ホームページ作成そのもにも、戦略と戦術が必要で
ちいさなノウハウまで、私のパートナーと共に提供しています。

さて、
そんな山共の田口氏と今日。

明日の、(東白川村、株式会社山共)の現地ツア
ーのコース設計と草刈り等の下準備を行いました。

社長と共にむちゃくちゃ歩いて、
汗をかきまくっての下準備。

RIMG6256.jpg


RIMG6257_20110907160019.jpg

田口社長は下刈機で、私はクワでしたが・・


RIMG6235.jpg
明日の間伐の場所のチェック。

RIMG6200.jpg
展示林、FSCの森






今後、観光林業という言葉を標榜しながら利益を上げていこう
とするのであれば、

なんとなくニシアワー合コンツアー、
なんとなく高野山ツアー、

というのでなく、
その共通点や、サービス強化に何が必要か。

実践しながら、その確度(仮説)を高め
ていければと、一日ご支援。


http://www.yamakyo.com/110621%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7020.pdf

母樹林公園(FSC国際森林認証の森)で森林浴をしながら、
源流地域の散策、山共(自社林)の森 で 間伐体験
美しい川、宮代キャンプ場   ~天然鮎の塩焼き~
オオサンショウウオに会えるかも!?夏の川遊び(フリータイム)
山共 製材工場見学 道の駅にて買い物


というどこにでもある内容に、色々なサプライズを計画しました。

(秘密・・・笑)

いわゆる、林業マン、製材マンでり、環境のプロではありませんし、
旅行のプロでもありません。あくまで、ホームはホーム(自分の土俵)
でどう、伝えていくかということ。ご支援。


その後、今日は時間が取れなかったため、改めて、19時から、
22時までコンサル。

次の戦略に向けて、新しい布石を立て、
また、よりゴールが明確になりました。その内容は割愛。

ただ、その中でFSCの勉強会も提供しました。

だって、FSCの森を案内するのに
FSCって何!?っていわれて、顧客の便益の視点で、
なるほど!わかりやすい!っていう説明がなかなかできません。


10の原則と56の基準

そんなのお客さんにはどうでもいい。
事業者や所有者が覚えること。

では、顧客視点では、どんな伝え方?

環境、社会、経済的に持続可能な、うんぬん?
それで伝わるだろうか。

そこで私から提供した、なるほど納得FSCの伝え方を
山共社長と考え、3通り 策定。

これが刺さるかどうか、顧客の目、顧客の生の声を
きいて反映していきたいです。

なお、本日30日(土)は、17名のツアー顧客です。
林業女子もお越し頂けるそうで、楽しみですね。







子供ズレのご家族(将来のお施主見込み)も2組。

楽しみです。

~幸せ感~

夜21時ごろに
田口社長と二人で山共之事務所で仕事をしていると
突然、会社に、社長の奥様と、二人の息子さんが、やってきました。

お土産~といって、私と社長(旦那)におやつを持ってきた奥さん。
そして、クワガタムシの籠をもって、僕に見せてくれた息子さん。

本当に、幸せな時間だと思いました。
羨ましいというか、なんというか。

私自身が、会社の指針をアドバイスする立場でありますが、
私は、彼の生き方を見せてもらい、色々教わることも多いです。

その後、22時に仕事を終えて、
飲むか!と社長に言われ、結局24時過ぎまで色々とお付き合い。



RIMG7800_20110907161041.jpg


さて、今日はツアー案内頑張りますよ~!
ということで、当日は、案内サポートとカメラマンと、充実。


2011年7月30日

■ツアー当日の様子(山共ブログ)

 http://www.yamakyo.com/staff/05/post-589.html

 

■ツアー当日の様子(バーチャル山共 動画youtube)
  
  http://www.yamakyo.com/virtual/201108/post-5.html


編集 / 2011.07.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【天竜国産材事業協同組合 水平連携事業が始動・・・】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅

FSC国際森林認証制度を取得した
天竜国産座事業協同組合を中心に、
勉強会のアドバイザーを行っております。

RIMG6144.jpg


1 天竜美林という老舗林業地域であり、素材が優れていること 
2 水平連携事業による(乾燥、モルダー)高い品質基準を創っていくこと
3 FSC国際森林認証による世界基準の信頼を保証すること


この3つによる付加価値化をどう
製造、営業と展開していくのか。
国産材の産地間競争(賑わい)時代をどう一歩前に出ていくか。



RIMG6128.jpg
補助事業の導入におけるコンサルティングや経営計画書も作成支援しましたが、
ようやく、新しい乾燥機の土地造成も進行。


RIMG6132.jpg
こちらにモルダー、グレーディングマシーンが入る予定




RIMG6151.jpg
帰りの浜松駅で出逢った、静岡県のキャラクター
8月21日は静岡県の日らしい・・・。



若手を中心に、
天竜も機運が高まっています。


新しい機械システムの導入ではなく、
旧プレーヤー(中小製材)の経営の刷新と、
新マネージメント&マーケティングの導入。
これが、林業再生、再興にポイントとなると、
吉野の有る方がおっしゃっていたが、
まさに「然りだ」というところ。



RIMG6153.jpg
近い将来、この新幹線浜松駅コンコース内にて、
天竜材(FSC材)の空間展示とプレーヤー紹介を
プロデュース支援したい。
(行政にも伝えていますが、まだまだ力不足か・・・)

RIMG6158.jpg
YAMAHAのブースはいつもカッコイイ。

RIMG6157_20110907150351.jpg
浜松市制百年なんですね。

産業規模として、
スズキ、ヤマハ、カワイのレベルに追いつくのではなく、
規模ではなく、ブランド価値として、浜松(旧天竜地域)のブランドを高めるためにも、
つねに、高みを目指して、地域支援を続けてゆきたい所存です。

天竜の皆様、
これからもよろしくお願い申し上げます。



















編集 / 2011.07.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【脱皮する吉野林業。】 
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【脱皮する。】 



7月15日(金)

炎天下の中、桜井市内にある奈良銘協の原木市場のセリに
参加しました。

R0015961.jpg




今回、ご見学させていただたいたのは、
川上村の「林道づくり」において搬出された障害木を中心の原木
でしたが、障害木(間伐材)といえども、樹齢100年クラスの
吉野檜。


最高値は、立米20万円も出ましたが、もちろん、最盛期
(昭和55年)にくらべれば、3分の1、4分の1の価格です。


DSC02771.jpg


いわゆる老舗、吉野林業。

R0015973.jpg
まさに、100年~200年クラスの美しき吉野杉。
製材すると、どんな目合いがでるのか、楽しみである。


R0015970.jpg
色が美しい、真円たる吉野杉 
「川上村 岡橋山」と赤い「刻印」が光る


さて、そんな吉野林業。
老舗ゆえ、プライドゆえか、素材の良さに頼り切ってしまい、
時流適応が遅れて、加工力やサービス展開(流通支援、情報
提供)が、遅れてしまったという。

いま、元気のいい名もなき産地からこう言われます。


「吉野に勝ったと思った」

「吉野はそのまま眠っててくれ」


さて、
この憤りを胸に、吉野の歴史にそむくことなく、
かつ、利益に変えるべき行動とは何だろうか。


かつての山林所有者(旦那)は、
寡黙が美徳でもあり、
「イエ」としての、資産運用と文化的教養が地位を確保する。
だから情報を閉じることがよしとされてきました。


それではあかん。

閉じた状況から、開いた状況へ。開くこと、受け入れること、
交わること。


翌日(土曜日)、山守交流会を行い、
私も講演を、お願いされました。

平成23年7月16日(土)


「いままで、
 皆さま代々の山守のおかげで
 何世代にもわたって
 吉野林業が成り立ってきましたこと
 お礼申し上げます。
 

 御存じの通り、昨今の林業事情は不況極まりなく
 私は、
 父や祖父のよき時代の話を聞いている限り
 なんと不幸な時代に生まれたのかと思う部分もあります。

 しかし・・。」


そのしかし・・
と続いたのは、これからの新しい林業への宣言をされました。


そして、
現在の動きの紹介

形骸化された組織や関係性に、
何かに無理矢理突出することなく
「力相応一番」でありながら、
しっかりと新しい関係性を再構築していくことが肝要です。



「しかし、
 こうやって天皇陛下のようなカタが、
 我々のような一般人(山守)に声をかけてくれて嬉しい。

 いままでまったく繋がりのなかった
 横の繋がり、山守(その息子世代も含めて)同士が集まること
 これも、素晴らしいと思う。

 まわりでとやかく言われると思うけど、

 やる気のある人だけ、新・山守として、仕事を与え、
 我々のような名ばかり山守は、
 情報面や人脈紹介などで役に立てればそれでいい。

 もう、僕たちは、かつて、
 先代は、山主さんに食わせてもらったが、
 いまの時期、もう一度、山旦那に食わせろとは言わないし、
 別の仕事をしているわけで、
 山での仕事くれ、お金くれ、とは言わないんだから。

 だからこそ、
 オープンにして行くことが大切だし、
 そこに智恵や人やお金が集まってくる。」


そんな声が懇親会にて聞けた。
開かれた吉野林業、まだ始まったばかりです。

R0015983.jpg
セリの現場風景。
もっともっと値段が上がっていくことを願って。






編集 / 2011.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【過去と夢について 】 
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【過去と夢について 】 


東大サッカー部の後輩で初のJリーガー(ファジアーノ岡山)
となった久木田くんが、先日(7月4日)、初ゴールを決めた。

皆、わが子のように喜んで、同期やOBの中では、
大きな話題をさらいました。

http://www.youtube.com/watch?v=Y3Ejglw0R4o


今年、現役が、東京大学ア式蹴球部 イヤーブックというのを
つくり、企業やOB個人からスポンサーを募り、資金を調達。
先週、イヤーブックが出元に届き、素晴らしいツールになって
いて、今年から、元日本代表、Jリーガーの林健太郎(という
か地元FC町田、小山FC、桐蔭学園、駒沢、ベルディ)が、
ヘッドコーチになるというニュースもここで知りました。

イヤーブックというのがなければ、単にお金を払うだけですが、
1年をまとめた情報誌があれば、では、また次も応援しようと
なるし、もちろん現役や久木田選手の「結果」のも寄付金の額
は比例する訳ですが、改めて、組織ってのは、歴史があって、
「現在という愛着」があるということを改めて気付かされました。

先日ツイッターでこのように書きました。


(夢1)今日改めて思った。「人を使うというのでなく、使わ
れるという幸せがある」。かつて先輩から教わったが、今日
ほどしっくりくることはなかった。
「僕はきっと今、誰かの夢の上に立っている」 ぜひ!
夢番地(RADWINPS)→ http://t.co/AXIXjR6


(夢2)私たちが一生懸命、競争し「受験」したことは無駄で
はないという。なぜなら、その競争の先に、科学者(研究者)
たちやノーベル賞受賞者らがいる。日本の教育に感謝し、
「頑張った」と思えるのであれば「僕はきっと、誰かの夢の
上に立っていた」と誇りを持っていいと。

(夢3)私たちが、甲子園を目指してきたこと、国立を目指し
てきたことが、日本のプロ野球選手、Jリーガーという人たち
を生み出してきた。「夢破れたり」ではなく「僕はきっと、誰
かの夢の上に立っていた」といえるんだ。

(夢4)過去において然りであれば現在においてもそう。自分
!自分!という主張ではなく、「頑張ってる」って心から言え
れば、間接的に将来的に、必ずこういえる。
「誰かがきっと今僕にとっての夢をかなえてくれている」「僕
もきっと誰かにとっての夢をかなえている」今の環境とRADに感謝!


改めて、本日、創業明治の会社の歴史ヒアリングを行いました。
それでも、過去の夢、現在の夢、これからの夢、
ひとつひとつの事実に

1)なぜそうなったのか
2)その後、どうなったのか

というストーリーを拾い上げることで、夢とそして現実的な役
割がまたみえてくるのです。

過去を振り返ることに意味はなく、
過去の事実に「WHY」と「AFTER」を希求していくことで「かかわり」
が見えてきました。

坂の上の雲から言うと
こういうシーンがあります。


「ロシアの大蔵大臣ウィッテは、日露戦争を予想した。その
敗戦も予想した、とウィッテ自身、その回顧録で語っている
が、そこまでは信じることができない。過ぎたことをふりか
えるとき、人間は神になりうる。こうなることを私だけは知
っていたのだ、と当時の渦中の当事者がいうほど愚劣なこと
はない。」

とはいう。

だから、これを認めながら、しっかり過去を振り返りながら、
分析し、反省をし、猛省し、事実のひとつひとつから、抽象
化(ルール化)して、未来を生き抜くために、歴史があり、
夢があるんだ、関わる全ての人に感謝して。

過去オール善ですからね。
今日も、勝負です。

私も35歳の誕生日でした。

編集 / 2011.07.06 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【助けない発言について ~揶揄には機智で返せ~ 】 
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【助けない発言について ~揶揄には機智で返せ~ 】 


なんだか世間では、松本復興大臣への非難が多いようですが、
みなさんどのように見ているのでしょうか。結局、辞任して
しまいましたね。


1 私は 松本復興相 の 味方だ
2 私は 松本復興相 は ゆるせん!!
3 どっちもどっちでしょう。
4 無関心

とあると思いますが、すべて2次情報であるがゆえに、一番
正しいメディアリテラシーとしては、「3」になるような思
考回路を持たねばなりません。

なぜなら、実際にすべてのシーンに出逢ったわけでもありません
から、切り取り、加工された、情報にうんぬんいっても、し
ょうがないですし、一部の「単語」や「口調」に文句言っても
しかたありません。


田原総一朗氏 ツイート
~~~
メディアはその甘えを批判せず、一方的に松本さんを責め立て
る。それも4日の時点ではおっかなびっくりでまるで書かない
新聞もいくつもあった。そして世論が反松本だとわかると5日
に急に大スペースで大批判した。だらしないぞと思う。
~~~


だらしないとは何だろうか。


「国と県は主従関係ではない!」

という、岩手県知事も宮城県知事も、その場では黙っていて、
結局、あとになっていう。どこかで主従関係を認めているから
あるいは、認めたくないけどココロの奥底では、金を握ってい
る国に対して「言えない」自分がいるのかわかりませんが、


揶揄には機智で返せ
 (司馬遼太郎)


という言葉を想い出しました。

後から、本人がいないところで、うだうだいうのが、結局のと
ころビジネスでも、交渉でも、弱者だと思うのです。

もし、
石原都知事クラスであれば、揶揄には揶揄で直球で返している
かもしれませんが、ウィットに富んだ回答で返せればよいだけ
なのに。



そもそも、末は博士か大臣かと言われた時代が懐かしいです。

大臣、憧れの存在じゃなくなったんでしょうかね。


★まとめ★
言われっぱなしで黙っていて
後で、外で、別の場所で、文句いってませんか?

だったら、智恵付けて、実力付けて
(本当に守りたい人のために)その時、頑張りましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のまなび■

 朝日新聞 

  50年前のNHK料理番組「きょうの料理」は 
 
  6人分だった 
  
  昨秋、国勢調査抽出速報、
   ついに一人暮らしが首位に

   一人暮らし31% 
   夫婦と子ども29%
   夫婦のみ 20%

  家族の平均人数は2.46人に。
編集 / 2011.07.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ