【吉田秀彦 ウッドデッキ 150万円】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【吉田秀彦 ウッドデッキ 150万円】


ダウンタウンの某番組で、
スター身近調査SP
自宅自慢 金額ランキング
というところに

第3位
吉田秀彦 ウッドデッキに150万円
RIMG1222.jpg

吉田さんの自慢が
とっても快く私も見ていて、木材団体的には、なんだか嬉しくなりました。

マスメディア、テレビに関しては、
知らない→知らせる という意味においては
まだまだソーシャルメディアが云々といわれても、とても
力強いし、嬉しいし、私も素直にこういうのが羨ましいという人が
増えたらいいなぁとついブログにと・・・。

まだウッドデッキ市場は外材が多いのですが、
国産材のウッドデッキに関しては、
耐久性や加工力、販路の拡大などを頑張れば、
気軽に賃貸アパート1階住まいの方も
日曜大工の延長で150万円なぞかけずに素敵な空間もできますが・・・。

やっぱりいい空間の訴求ですね。
ライフスタイルの提案ですね。






ちなみにワールドカップ
日本vsデンマーク戦の前後と美しい夕焼けと朝焼けに遭遇。


RIMG1219.jpg
・京王多摩センターの夕焼け


RIMG1224.jpg
・そして試合後直後の朝焼け



スポンサーサイト
編集 / 2010.06.25 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【儲けている人は、断定する。~タクシー運転手からの成功の秘訣~】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【儲けている人は、断定する。】


東京タクシー物語。

本日も会話調でお伝えいたします。
タクシー運転手さんからの学び講座、です。


タクシーの乗り方については、かつての日報にも書きましたの
で割愛しますので、いきなり、会話からお楽しみください。

ようするに、自分の財布が減っていくのにもかかわらずタクシ
ーに乗るのであるから、ただ輸送手段としてのみ使うのはもった
いないということなので、情報を収集しましょうということ。


今回は、儲けている人というのがテーマですが、儲ける、
儲けないは別として、一般に、成功している人とは何か、
そういうヒントを頂きましたので皆様にシェア致します。


さて、その日
東京駅八重洲口を出て、すぐ目の前の歩道橋にタクシーが止ま
っていたので、そこからサっと乗りました。


「○○○まで」


「はいよ、秋葉原の先のとこね」


「はい、しかし、いま、この場所で待ってたらたくさん
  お客さん、拾えるでしょうね。」

「えぇ、まぁ、でも止まっていられるのはちょっとだけ
 基本は駐禁ですから。危ないなと思ったら、さ~っと
移動はしてるんです」

「なるほどね、
 テリトリーは八重洲なんですか?」

「夜は歌舞伎町なんだ、エリアは都内23区なら
 どこでもいいんだよね」

「そうなんですか、すると自分の集客力の
  力量によりますね。いま、一日、5万くらいですか?」

「いやいや、最近は全然ですよ。」

「そうですか、大阪は3万行かないみたいですよ。
 東京はやはり大阪に比べればいいんですかね。」

「いやそうでもないよ、うちを始め最近の都内のタクシー会社はね
 いま、2ヶ月連続3万いかなかったら
  首を宣告されますよ。。」

「厳しいですね。」

「えぇ、平均5万6千円くらいってはじめて
  以前の給料をまぁ維持できるくらいです」

「そうすると、やはり、色々と情報収集して、
  どこでお客さんを掴めるかとかノウハウは
  どこで得てるんですか?」


「これはね、もう仲間内ですよ。当然。
 でもね、稼いでいる人に聞かなきゃダメなんですよ。
 やっぱり稼いでいる人は情報を持ってるし、
  それが確実なんだよね」

「というと?」

「いや、稼いでいる人はね、あそこが儲かるよって
 断定して教えてくれるけど、
 まぁあんまり稼いでいない人はね、
 あそこが儲かるらしいよっとか、って話すもんでね。」

「なるほど、
 情報を持っている、持っていないとかじゃなくて
 儲かっている人か、そうでないか、
 そして、儲けている人は、
 ちゃんと「断定」して言える「現場(経験)」がありますもんね」


「そう、だからまず、
 あいつ稼いでいるよっていう人と仲良くなって、
 それで実行してうまくいったら、
 お礼を言う、自分も見つけて、また教え合うんだ」


「そうですか、
 あれ?運転手さん、こちらの背中に、
 R25が置いていありますが、
    リクルートさんと契約してるんですか?」


「いやいや、知らない間に
   5冊くらいはいってたんですよ。」


「あ、これは、すごいですね。
 このテイクバックは広告料取れますのに。」

「いや、さっきのお客さまもね、読んでて
 これもらってっていい?って聞かれたんでね。
 ゴミになるのもあれですし、どうぞって笑」


「ははは、リクルートはしてやったりですね。
 (でも、捕まりますね笑)

 でも、どうせやるんだったら、ここに
 ○○タクシー 売上No10の運転手が
 教える ラーメン屋、焼き肉屋、ベスト10
 とか、つくってみてはどうでしょう? 」

「はぁ、なるほど」

「やはり、圧倒的な情報持ってますからね。
  ちなみに、運転手さんはどこが一番
    お薦めですか?」

「いや、まだタクシー2ヶ月で」


「そうですか、
ロンドンのタクシーの運転手に採用されるには、
市内の道路を熟知していなければならないので、
自転車での実地試験に合格せねばなりませんからね。」

「そうらしいですね、私は東京の道はまだまだ・・・」

「東京の場合もスピーディーに裏路を知ってると
価格分の価値で得したと思いますし、
いいお店を教えてくれたらなおさらですよね。」 


「あれ?ここでいいのかな?」


「はい、ありがとうございます」


おっと。忘れていました、トランクを開けて
大きなキャリーバックを入れるときでした。


「何か、壊れモノとかありませんか?」

とさっと降りて丁寧に対応してくれました、初め
てです。当たり前のことですが、別の業界、別の
商品の顧客体験をして分かるサービス力とは何か
ということ。

業界が停滞しているというのは嘘であり、時流に
応じた顧客のくすぐったいところは常に存在して
いるはずでしょう。


「稼いでいる人(うまくいってる人)から話を聞くんだよ」


断言されたその運転手さん、今後は、色々と新人さんに、断定
形で、儲けのポイントをお教えしているのでしょう。

ただし、教えたところは、次の時には、
儲けのカスになってしまうもんですが・・・。

本日も
 良き学びに感謝です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪3♪『本日の学び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RuiHiwat スポーツでも経営でも「意識変革」ってよく言わ
れるんだけど、それって目指すべき結果(の一部)であって手
段ではない。意識ばかり唱える指導者は無能のシグナルを送っ
ている事が多かった。意識変革に至る仕組を作り、具体的な思
考/行動変化の積重ねを促せる時に成功する。意識変革と唱え
ずとも。
編集 / 2010.06.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【日本木材青壮年連合会 全国大会のレポ。】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【日本木材青壮年連合会 全国大会のレポ。】


この全国大会に集まったのは来賓含め、700名以上。ほぼ100%
男性というこの木材業界の若手経営者が熱くるしく集う全国大
会だった。とにかく熱い男たちの集まり。


RIMG1063.jpg



そこに、林野庁長官の島田さん、国会議員さん自民、民主1名
ずつ、と政治経済上のゲストはもとより、全国から2万点ほど
も集まった中で、表彰された木工品の製作者である小中学生た
ちも加わり、

RIMG1058.jpg


RIMG1056.jpg


また宮崎県では口蹄疫の募金活動を行っている、九州木材青壮
年連合会の横断幕にも想い詰まるものあり


RIMG1096.jpg


また落合会長をはじめとした、主力メンバーの法被には、背中に大きく 


・木愛
・心意木
・熱い木持ち

RIMG1064.jpg


と書いてある。世間は、環境礼賛時代。中身が綺麗か汚いかは
別として、追い風が吹いているのは間違いない。

よくこういう。

木材利用の環境貢献は、この3つ。

 1。省エネ資材である
 2。炭素貯蓄
 3。森林整備


たとえば、単純に省エネ資材を証明するに、

1kgを加工するとき 
 (木材のエネルギーを1としたとき)

木:1
鉄:13倍
アルミニウム:155倍。


木材の加工に対するエネルギーの低さは極めて簡単に説明でき
るし、製造するときの工法別の製造時炭素放出量については、

木造が1単位とすれば、
コンクリート造は4.2倍、
鉄骨造は3.5倍になる。


また、実際の建造物において炭素の貯蔵量においては、

6トン (木造住宅)
1.6トン(鉄筋コンクリート住う卓) 
1.5トン(鉄鋼プレハブ住宅)
  【床面積136平米の住宅1棟】


といったデータを示す(伝える)事も大切ではあるが、
同時に大切なのは、


「木とは」
あたたかさ
やさしさ
軽くて強い
五感

といったこういった定性的な文学的な美しさも伝えるこ
とも必須ではある。

データ×非データ の木材営業というものの大切さを伝
えていたこの全国大会でのシンポジウムにおいて、事例
も増え、国家の応援もあるがしかし、それでも、私が記
憶に残ったのは、次期会長の落合氏の所信演説。


「確かに、この日本木青連、
54年間の活動実績とノウハウがあります。

いま、公共建築物における木材の利用促進法など
ありますが、
やはり、各個人、各会社の実力を発揮せねば
真の意味でサスティナビリティな社会を作ることはできません。

今年の、日本木青連では、
ビジネスのヒントや人脈を広げられることを中心に
様々な機会を提供していきます。」

林業も、製材業も、流通業も、混然としてきているが、
いま業界のプレーヤーの集中と選択(洗濯)が行われて
いるのは、時代の変化に対応しているかどうかだけで
あり、たまたま、時間と技術を業界(その会社)が蓄えるか、
あるいはソトに費用を派生し外注するかのどちらかであり、
それはどちらでもよく、
経営を真摯に行うところは仮説が見えているし、
結果がある。


いやはや、これを持続するために、これぞ真のサステイ
ナビリティなる会社があって、もやはり利益、質実剛健
なる経営力が必須だということは間違いありません。


「Rebirth 木青連」

(追伸)
ちなみに本年度の全国木青連の研修会での講師を数回分、担当
させて頂いているのがトビムシ(古川・小林)で、また落合会
長のご支援のもと、堂々と(依頼もあって)トビムシの営業活
動や広報もさせて頂いております。感謝です。

(追伸2)
大阪の中之島駅は、内装材が木材ですが、極めてセンスが良く
グッドデザイン賞を受賞されています。大阪国際会議場。場所
も場所でした。

RIMG1099.jpg


RIMG1008.jpg


(追伸3)
中野島駅を降りると「チケットあるよ~、あるよ~」って
まさか木青連の全国大会にチケットダフ屋?!と思ったら、
アルフィーのコンサートでした。



編集 / 2010.06.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【元サッカー日本代表、岡野(ガイナーレ鳥取)の苦悩から学ぶ。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【元日本代表、岡野の苦悩から学ぶ。
 ~不平不満をいいたいと思う人へのメッセージ~】


まず
入社してわずかな新人のころのお話。


「僕は本当はこんなんことをやりたくてこの会社に入ったん
じゃない!」という事を良く聞きます。

どこに行っても。どんな組織にいてもあるもんだ。んで、それ
云っちゃうと先輩からこう言われてしまう。


「目の前の仕事、現状の役割もできずに、何をほざいてる!」


しかし、本人はこう思う。

「やりたいこと、やれないなら、飛び出てやる!」

と思います。どんどん悪循環。若気の至りというものなか、
単なる稚拙な傲慢なのか。んで、たいてい正しい事ってありま
して、ここは我慢。役割を全うする。それしかないのだ。


私も、小さな経験で無邪気な経験であるが、林業をやりたい!
農林漁業を支援したい!地域支援をしたい!という想いで前職
の会社に入ったのですが、最初のころに行った仕事は全く別で、
木造住宅を売りたかったのに「マンションを売る」仕事や「
マンション」の管理をする仕事だったし、すごく正直に逃げた
い程のたくさんの経験をしました。


そのころは、無茶苦茶で、手のひら刷り切れたり、腕に痣ができ
たりするほど仕事をしましたし、寝たのは殆どが、会社の椅子。

夜中の11時に上司が来て、これよろしく!と言われたものの、6
時間はかかるだろう仕事の、納期は当然に朝7時。寝れないなん
てしょっちゅう。

しかし、これに勝てなければ、発言権が得られなかったし、
上司どころか、外の空気も吸えませんでした。

もちろん、

「古川、おまえサルなんだから、客の前に出せるもんか!」
とどやされ、

「しばくぞ!」と言われたのも初めてでした。

その後、動物病院、動物霊園、給食施設、などなど支援をやり
ましたが、自分のやりたい事なんてたかが知れている、なんの
技もないのに、何がやりたいことを主張しようとなんてと、猛
省が生まれてくるのです。


これらは、必要必然だといわれても、会社に騙されているのでは
と疑念すら想いましたが、しかし、だんだんとこのつまらなかっ
た仕事が面白くなってくる。

効率化という作業、まともに話すら聞いてくれない、上司と少し
ずつの信頼を得ていく。そして、このたくさんの仕事量が同期と
共に闘い、楽しくもなってきていたのです。ここからが自分の
意思です。


そして、そうかマンションの売り方が、いつか、木材の売り方に役
に立つ時がくるのです。

(人間は過去を振り返れば神様になる

by坂の上の雲、当時のロシア
の蔵相ウィッテを非難する司馬遼太郎の言葉)


そこで、たまたま見たテレビをみて、少しグっときました。

もちろんワールドカップのネタです。それが野人岡野の物語。


12年前、彼がジョホールバルの試合で、Vゴールを決めて、
日本初のワールドカップ出場を決めたのは、みなさんの記憶に
在ると思いますが、それは常に、ドーハの悲劇と対比され、歴史に
刻まれています。

その岡野選手の苦悩たるべくもの、NHKが極めて、詳しくドキュ
メンタリーにしているのを見るまで、私も知らなかったのです。


当時、加茂監督の配下のもと、日本代表はアジア最終予選までに
至るものの、代表にずっと呼ばれては、一度も使われなかった岡野
は、我慢の連続でした。スーパーサブと言われ続けたものの、代表
に召集されては、一度も試合に出ていない。そんなFWは岡野だけ
だった。

それは、逆境から何度も這い上がり、 諦めかけた夢に辿り着く
苦難と葛藤の物語。

最終予選、初戦のウズベキスタンには6-3で勝利をしたのだが、
次のUAEに0-0で引き分け、韓国戦では山口がスーパーループ
シュートを決めたものの、逆転負けし、その後、カザフスタン
そして、終了間際のロスタイムに1-1の同点にされ、ここで、
加茂監督が更迭され、岡田監督になったのです。


しかし、その時に「俺を出せ!俺を出せ!」とずっと心の中
で叫んでいた岡野はサブには入るものの、呼ばれはするもの
の一回も試合には出ていない。

テレビはその時の苦悩をずっと振替っていました。


このカザフスタン戦のときは、試合終了後に、今だから言え
るエピソードだろうが、ホテルを抜け出して、日本人サポ
ーターのいる飲み場にいって、レッズファンに同情されていた
というシーン。サポーターに支えられたので、愚痴は身内の
レッズサポーターの一部だけの吐露で済んだのだろう。


しかし、その後、ウズベキスタンでも出場機会はなく、終了前の
パワープレーでロペスのヘディングでの引き分けで首の皮を繋
いだものの、日本代表は出場枠に入れない第3位になっていた。

さらにホームのUAE戦でも引き分けに終り、もうワールド
カップはないと思ったのは殆どの国民。

しかし、その後、日本代表は韓国にアウェーで2-0で勝利で
2位に浮上。波に乗って次へということでしたが、次節、カ
ズ、ロペスの両方が2枚目のイエローで出場停止。

これで、ようやく、自分(岡野)も登場すると、本人は思っていた。


しかしである。


新たに代表に呼ばれたのは、ゴン中山と高木でした。


確かにこのとき、ゴンの先制ゴールで快勝。カズのユニフォ
ームを下にきていたゴンのアピールは記憶に残っているのだが
、実は、このとき、どれだけ岡野が傷ついていたかなどは、誰も
知らなかったはず。そう、この時は、サブにすら入れず、客席で
応援していたのです。

この試合の前に、もとレッズ同僚の水内選手に相談するシーン
がありました。

「俺は、もうこんなんだったら代表を辞めたい!
俺を試合に出せと、岡田監督に直接いいたい!」と云う相談を
していたという。その時に言われた水内選手の言葉が、友情と
愛を物語っていました。


「俺は、仙台で、戦力外通告をされ、
  サッカーを辞めなきゃならないかもしれない。

 岡野、耐えるんだ。
 岡野の役割がある。
 まだあきらめるな。

 明日は、ゴンさん高木さんが活躍するシーンを
              応援しようじゃないか。」


岡野は自分の立ち位置に気づいたのです。サッカーをやりたく
てもできない友がいる。ここで、不平不満を言っただけで、
何も解決しない。そして、サポーターに混ざって、応援をし
ているシーンが写っていましたが、私は恥ずかしいながら知
なかった。

なぜなら、その時に写っていたのは、カズでした。観客に混ざ
って、ゴンのゴールを喜んでいたカズしかテレビは写していな
かったのだから。

しかし、岡野の自分の立ち位置は、レギュラー組を応援する事。
役割はそれだ、そして、もし突然呼ばれたらその時に備えよう。
その後は、プラス発想になり、開き直り、練習に励んでいたと
いいます。

そして、再び、岡野は代表に呼ばれたのです。

そしてあのジョホールバル、第三代表決定戦。

しかし、カズと中山のツートップを外し、城とロペスを投入した
のが岡田監督だ。もうここで交替枠3人のうち2人のフォワード
を使ったことで、

岡野は
「やはり自分はまた試合に出ないのか」と思ったといいます。
しかし「でもいい、応援しよう」と、靴のひもを緩めたのです。



結果、城のゴールで追いつき、延長線になった。


そこで突然である。


北澤に代えて、
「岡野いくぞ」という岡田監督の突然の決断。


「俺?ホントに俺?試合一回も出てないのに?」

正直、いままでは出たい!出たい!と思っていたが、もう
いざそうなると、出たくない、出たくないと思ってしまう
ほどの緊張。自分の失敗で、負ければ、日本のJリーグ
日本のサッカーの未来がないと言われていただけに、緊張
の度合いは尋常ではなかったそうです。

前半、何度も「岡野!!!」と外し絶叫されるも、「1
発決めればいいから」と監督やヒデに背中を押され、最終
的にあの中田のシュートを詰めて、そしてジョホールバル
の歓喜となったのです。


歴史とは1人の人物を、誰かがある光をあてて、みるもの。

そして、努力ある過去は必要必然に、どこかで繋がるもの。


これをみると、自分はなんて小さな事でふてくされたり、
あきらめたり、してしまっているのだろうかと。

岡野選手のその知られざる部分を再度知ることで、
勇気を頂きました。

プラス発想必要必然。
力相応一番主義。

不平不満をいわず、現況にしっかり対峙して、自分なりの役割
認知を定義して、突破していく。結果がついてこなくても、
絶対に、どこかで繋がります。

ガイナーレ鳥取。いまJ2リーグの下のJFLで岡野選手は
現役でボールを追っています。私の育ったFC町田ゼルビア
の大きな敵でもあり、実は、8月1日に町田市立陸上競技場
での決選。相馬監督、FC町田と岡野の対決という構図。

そんなもと日本代表が、次の地域に夢を与え続けています。

いまの環境に居るだけで感謝しなければならない
絶対に傲慢になってはならない

当たり前ですが、
このブログ(ふるかわ日報)は常に自分に言い聞かしているものですから、
今日も、ひとつひとつ、丁寧に対峙して、自分と、そして
自分の役割と、戦って行きたいと思います。


JFL3位 FC町田  http://zelvia.jp/index2.html 
JFL1位 ガイナーレ鳥取  http://www.gainare.co.jp/               (服部もいます)
編集 / 2010.06.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【JA全農福島 中堅職員研修にて。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
JA全農福島 様の
「魁!革新塾」という中堅職員の研修で講演致しました。



研修を「修行」といい、
講師を「師匠」という、その担当課長のユニークさとチャレンジ精神。
私も刺激を受けました。

「別にね、ありがたいイイ話を聞きたいわけじゃない、おもろ
い兄ちゃんがいるじゃん!って話をしてくれればいいんだよ。」

と、事前のお打合せの際、その担当課長から。

全農の人材改革について、森林組合や林業の改革から、現場
のリアルをお伝えし、人材が人財になるために、そして、
JAが抱える問題点の共有と解決策の提示して、自分自身
がどう生きてどうトビムシという会社で、地域の課題に「対峙」
しているかを話して欲しいといわれ、堅くなった自分に対して
いって頂きました。


力相応一番主義

とはよくいったものですね。
年相応の、具体的な話をたくさん伝え、おもろいねぇと言ってもらう。
ワールドカップ日本代表の勝利という波にも乗って、講演を行いま
したが、いかがでしたでしょうか。

もがく→動く→もがく→動く 繰り返し。

プライベート丸裸なお話となりましたが、
塾生のメールなりご連絡を、お待ち申し上げます。
本日は、ありがとうございました。


RIMG0919.jpg
編集 / 2010.06.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【江戸川大学 農村地域デザイン論 講義(ゲスト講師)】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
時間とエネルギーがあふれている学生に
メッセージをということで、毎年
江戸川大学の非常勤講師(大学院時代の先輩)
の講座を一つご提供頂いて、ゲスト講師をしております。

今日は、
ワールドカップ前夜ということでしたが、
非常に、前列の方々で、熱心な学生がおりまして、
地域やインターンに行ってみたい、現場にいってみたい
という声が聞けました。


RIMG0899.jpg

そして、
私の宝もの、みなさんの感想文です。

今後の糧に、私もがんばりますね。
ありがとうございました。


ちなみに80分の講義でした。
~~~~~~
           
「自分の元に来る情報が一定の過程を経て二次情報として知り
うるという現実があることに、初めて気づき、とても驚いた。
現場と自分との間にあるものを介さず、自分の目で見たり、聞
いたりすることで人生における視野が広がること、改めて知
りました。今日は、自分の人生にとって有益な情報を知ること
ができ、とてもためになりました」

「自分で勝手に壁を創らない事が大事なんだと感じた。世界中
を旅するというよりも、日本中を旅するという生き方もいいな
と思いました。」

「私の中の好きと憤りは英語です、英語を話すのは大好きだけ
ど、伝わらないもどかしさがありますが、この苦しみを糧にし
て、将来はJICAにいって国際協力をしたいと思っています」

「田舎が長岡市ということで、親近感がわきました。私も長岡
で、河合継之助は小中学校のころ授業でたくさん調べました」

「日本の森林面積は変化していなく、蓄積量が増えているとい
うことを始めて知った、木を伐採するというのはいいことだと
は思わないが、蓄積した物はどんどん使っていくべきだと思う」

「理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言という言葉から、
同じような事業でも、自社や周りがスタンスをどう変えていっ
たのか、その結果で、事業のスタンスが際立っていくということ
など、自分が考えていた講義とは違っていて将来に参考になる
話でした。」

「日本にはヤマネコが2ついること初めて知りました」

「実際に仕事をしている人の話は、具体的でわかりやすく、
やはり実際に自分の目でしっかり見ること、人と会う事
が大切だということを改めて思った」

「1つの商品にしても、材料が何か、原価がいくらか、
付加価値をどうするか、売り方をどうするか、など
考えるべき事がたくさんあると感じ、流通の仕組みなど
よくわかった。」

「自分をデザインするという話で、
 人と会う、旅に出る、本を読む など、 
 明日からできる7つのことを実行していきたい。」

「サッカーが好きなので、サッカーの話をもっと聞きたか
ったです」

「難しいと思っていること、分解して考えたら、
意外と簡単なんだよと教えて頂いて、自分の考え方が
変わった気がしました。百の空論よりも一のスルメの
話、理念と利益と関連していて、分かりやすかった」

「これから大学を出て会社で働く中で、企業や社会
の身近なところから話をして下さって、これからの
自分にとても深く関わっていくことだらけだった」

「この講義を受ける前までは、お金に関する事(売上、
原価、消費者と生産者の関係、流通、どうしたら売上を
伸ばせるか)はくわしくなかったが、話を聞いて良く
わかって、勉強になった」

「私は大学卒業後に農業をやりたいと思っているのですが、
1人でも多くの人にとれたて野菜のおいしさを伝えたいと
思っています。今後は、インターンや農業関係のさまざま
なイベントに参加し、経験を積んでいきたいです。ありが
とうございました」

「私は自分の未来に対して、それほど深く考えたことが
なく、毎日を適当に過ごしていたが、今回の講義を最初
から最後まで熱く語っていた古川さんをみて、自分も、
熱中できる仕事ができる人間になりたいと思った」

「古川さんのコンサルやプロデュースの話の中で、
社員相談時間を創っているというのは、とても良い事と
思いました。今日のお話は忘れません。ありがとうござ
いました。」

「必要性と欲求性を高め、たくさんのストーリーを加えて
たくさんのアイディアや努力が、一つ一つの商品に詰まっ
ているんだと知ることが出来ました。」

「普段、自分が得ている情報は、テレビや雑誌、新聞、
インターネットが改めて、すべてが真実でないことが
わかりました。二次情報でんはなく、自分で色々な世
界を体感して、一次情報がいかに大切かを学びました」

「原価ってすごく現実感がありますね、とても、聞き
入りました。シイタケの話も色々と考えました。」

「古川さんは、教授とかではない、新鮮な感じを味わえ
た。」

「自分もシンポジウムにったりしてますが、フィールド
がまだ狭いので、大学関係、他大学、霧ヶ峰などの活動
だけでなく、もと顔を売る機会を創りたい」

「理念の大切さ、自分の欲求だけでは利益はあまりない
が、周囲の色々な人々と出逢い、触れ合うことで、その
場のニーズを知り、コネクションもできるから、より高
い次元に行けるのだと思う」

「今年はどこか旅行にいって新しい発見ができたらと思う」

「講義の後半の自分をデザインする7つのことは、
明日から自分んもやってみたい。とても為になった。」

「こういう仕事があるってこと、あまり知らなくて、
知れてよかったです。」

「理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言って言う言葉
初めて知りましたが、大事だなと思った。学べてよかった
です。」

「日本の木は減っていると思っていましたが、日本の
森林面積が増えていないという事実からも、海外で産
地がわからぬ木を買うのでなく、日本では木を増やし
ながら、木を使っていく方向性が、いいと思い、
そのなかで木のありがたみを改めて知ることができた」

「ダムの話ははじめて聞いた。
 ダムには、必要な人、そうでない人が存在する、
 その中で本当に大切なことが何かが見えた気がする」

「経済のライフサイクル、安定期までがひとつの勝負。
 導入期までが時間がかかるということが納得した。」

「聞くのに夢中になりました」

「情熱=好き×憤り、まさにその通りと思った。」

「私もサッカー好きで、ジェフ千葉が大ファンです。
 今日話に出たファジアーノに負けたとき、とても
 悔しかったのですが、絶対、今年は昇格しますよ。
 Wカップはどうなるでしょうか。世界の壁は厚い
ですね、今日は営業のむずかしさ、たのしさ、がわ
かりました。ありがとうございます。」

「好きな事を真剣にやって憤りや壁に出逢うまで、
やってみたい。」

「これからの生活をいかによい時間をすごすために
大学生活を過ごせたらいいと思いました。そして
好きな事をみつけていきたい」

「たくさんの話をおもしろく、可笑しく聞けて良か
ったです。声がステキです笑。」

「今日教わったことを忘れないよう頑張りたいです。」
 
編集 / 2010.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【高野山事務所 新規スタッフ募集。】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
tobimushiからのお知らせです。

  【以下、募集は終了致しました。2010年7月1日】

【高野山事務所 新規スタッフ募集】


地域プロデューサー候補、来たれ!

トビムシでは、地域プロデューサー候補を募集します。挑戦の舞台は、雲上の町・高野山。高野山の玄関口にある「高野霊木之家」を拠点に、森林資源を核とした地域の魅力を発見・発信しながら、新しい事業をつくっていく仕事です。


(トビムシのいう、地域プロデューサーとは、地域の人々と丁寧に関係性を繋ぎながら
 文化・歴史を大切にし、地域で、新しく事業をプロデュースしていく人材のことです)


(今後、バイテンでも高野山企画展や高野山森林セラピーツアーの企画、ツアー受付をおこなう予定です。)
20100610_1184979.jpg



株式会社トビムシは、「地域の眠れる資産を顕在化し、森への期待を喚起し、人々の連綿たる想いをつなぎ、世の流れを創造する」をミッションとして、全国各地で森林再生を軸にした持続可能な地域づくりをおこなっています。
そのひとつ高野山は、お大師さま(弘法大師空海)が開いた真言宗の総本山で2015年に開創1200年を迎えます。毎年120万人を超える観光客・信徒様が参上する世界遺産・高野山。この高野山の1200年の森林を守るため、トビムシは、森林・林業・木材に関連するマーケティングや、高野霊木を活かした商品開発、森林ツアーのメニュー化、そして環境宗教都市としての高野町のまちづくりや集落支援などをおこなっています。

このたびトビムシでは、高野山事務所の新スタッフ、地域プロデューサー候補を募集します。

仕事は、今年4月にグランドオープンした「高野霊木之家」を拠点に、地域の情報発信や、地域資源を活かした商品企画をおこないながら、新しい事業をつくっていくこと。この高野山という「特別な場所」で、持続可能な地域づくりに挑戦したいという方はぜひ応募してください。


20100610_1184976.jpg


高野山という場所で、地域の仕事をすることのイメージが持ちにくいかもしれません。

そこで、地域プロデューサーの先輩の声を紹介します。

「百年の森林事業」を展開する岡山県西粟倉村。トビムシの西粟倉常駐スタッフとして地域に入り、昨年10月に「挑戦する村民の伴走者」である『株式会社西粟倉・森の学校』を立ち上げた牧大介はこう言います。
「地域の未来を切り拓いていくための挑戦を次々と生み出し連鎖させていく、というのが地域プロデューサーの仕事です。そのために必要なのは、丁寧に粘り強く対話を重ねながら関係者の前向きな気持ちを醸成していく調整力、対話の積み重ねの中から地域の可能性を見出し、商品や事業のコンセプトに落とし込む企画力が求められます。高野山は、人がどう生きていくべきかを深く考え実行し、そして社会に大きな影響を与えていくことができる特別な場所だと思います。」


20100610_1184977.jpg


次に、実際に高野山で地域の仕事をしている先輩の話を紹介します。
高野山で森林セラピーツアーや高野材の等の企画をしている杉森さん。今年3月から高野山で働いている女性スタッフです。

「私はこれまで環境関連の仕事をしていました。でも、「持続可能な発展」「循環型社会」といった標語が世界中で叫ばれているけど、その具体形や道筋は地域によって違うはず、では「持続可能な地域をつくる」とは、実際にはどういうことなのだろう?という疑問を持っていました。ここ高野山は森林を基礎として宗教空間が広がり独自の社会が築かれ、日本中に向けて情報を発信してきた、世界中どこを探しても例がない地域です。今その社会の持続性が失われかけているのだとすれば、それを取り戻す方法も含めて日本中・世界中に発信することができるはずです。」


20100610_1184974.jpg



そんな杉森さんが考える高野山での仕事のやりがいは?
「ここで仕事を始めるまで、林業の現場も、地域づくりも、まして宗教のことも何も知りませんでした。そして未だに戸惑うことも多くあります。でも、森林・林業の専門家、地域づくりに邁進する人たち、宗教関係者・・・、色々な方との出会いと学びがあり、さらにこれまでそういったことに関わりのなかった人たちも巻き込んでいくフィールドがあります。出逢い、学びの活用、発信のチャンスがたくさん転がっている、ここは都会よりも恵まれた環境だと思います。」

20100610_1184973.jpg



もう一人、昨年末より高野山で仕事をしている浜渦さん。これまでウェブ制作等の仕事をしており、高野山でも主に地域の情報発信を担当しています。
「東京で6年くらい仕事をしていました。訳あって一度実家に帰り、さて東京に戻ろうかという時に、地域を見てみたいと思いました。特に田舎暮らしに憧れていたわけでもなかったのですが、「働くってなんだろう?」「お金ってなんだろう?」という問いに対する答えがあるのではないかと思い高野山へ来ました。今までの仕事のキャリアを必要としてくれています。1200年の歴史のある町で変わることなく続く信仰、その背景にある文化、日本人として「本質的な生き方」が高野山で見えてくる気がしています。」


20100610_1184975.jpg



浜渦さんの仕事は、情報発信のためのウェブやツールをつくることだけではありません。地域の方々との丁寧な対話をすることから始まり、そこにある地域の価値をかたちにして発信していくことです。
「高野山にはたくさんの資源があります。歴史、文化、宗教、自然、産業。しかし高野町はこの10年で9000人から4000人へと人口の減少が進んでいます。資源はあるがそれを上手く活かしきれず、人口の流出を止めることができていません。人が幸せに暮らすためには、受身では立ち行かなくなってきているようです。高野町は昨年から集落支援員という制度を取り入れ、外部から人を入れることで地域の活性化を図っています。トビムシも森林資源の活性化を軸にそれを支援しています。行政や民間が協力し、更に高野山の精神性でもある金剛峯寺とも連携、協調をして高野町の活性化を進めているのです。働くってなんだろう、暮らすってなんだろう。この地域の人々の想いを聞きながら、高野町の未来とそこでの生活の在り方を見つけていくのだと思います。」


RIMG0558.jpg


こんな仲間たちと、町の人々とともに、高野山という特別な場所で、地域のプロデュースにチャレンジする人材を募集しています。興味がある方はぜひ下記までご応募ください。


20100610_1184978.jpg



募集要項

株式会社トビムシ 高野山事務所スタッフ(契約社員)1名

●主な業務:地域情報発信拠点(高野霊木之家)の企画・運営・管理
 地域資源を活用した商品・事業企画開発・販売
 その他、高野町のまちづくりに関する各種業務
●職種:企画・営業職

●給与:当社規定による ※経験、年齢、能力を考慮し、当社規定にて優遇。

●期間:平成22年7月1日以降(応相談) 原則1年(期間延長あり)

●勤務地:和歌山県伊都郡高野町高野山510-1トビムシ高野山事務所および高野霊木之家
(アクセス:大阪難波駅から南海高野線で高野山駅まで特急で1時間20分)

●条件:
1 森林再生、地域再生への熱意があり、地域の方々の暮らしやその心を大切にでき、
  かつ、その地域ならではの歴史・文化を大切にできる方
2 新しいことに意欲的で、かつ積極的に行動ができる方。ビジネス経験概ね3年以上が望ましい
3 ITスキルのある方(エクセル、パワーポイントなど)
 (Photoshop、Illustrator、DreamWeaver等実務スキル保有者優遇)

●募集期間:6/10(水)~6/30(水)

●選考プロセス
第一次選考(書類選考)
 ↓
第二次選考(面接:東京又は関西)
 ↓
採用
※次の選考ステップに進まれる方のみメールにてご連絡させていただきます。
※応募に際して疑問等がある場合は、直接ご相談を承ります。東京オフィス(秋葉原)か関西のスタッフが対応いたしますので、下記連絡先までご相談ください。

●短期インターン生の募集について
契約社員の募集にあわせて、7~9月の短期インターン生も募集します。業務内容は上記業務の補助となります。勤務期間、条件等につきましては、別途ご相談させていただきますので、まずは下記応募方法でお申し込み、お問い合わせをお願いします。

●応募方法
履歴書(様式自由。本人顔写真貼付のこと)を下記連絡先までメール添付か郵送で提出してください。※短期インターンでの応募の場合は、その旨を明記してください。
・履歴書には、日中に確実に連絡可能な連絡先(携帯電話等)を明記してください。
・自身のホームページ、ブログ等、自己PRにつながるものがあれば添付できます。
※応募に際し提出された書類は原則として、返却いたしません。また、応募書類を含む個人情報はトビムシの個人情報保護方針に基づき、適切に管理いたします。

●採用に関する問合せ及び書類送付先
株式会社トビムシ
http://www.tobimushi.co.jp/
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11番14号アーツ千代田3331
Tel: 03-6240-1064 Fax: 03-6240-1065
E-mailknishihara@tobimushi.co.jp
担当:西原


編集 / 2010.06.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ