【五島列島で思ふ】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
今回はちょっと小休憩。私事もございますが、ご了承ください。

実は、私の父が突然に亡くなって一年になります。一周忌。一年は
早いものですが、その単身赴任で働いていた大好きな五島列島(上
五島)に行って参りました。初めて父が亡くなったその美しき海岸
にゆき、大好きな海で、大好きなお酒とお花を対馬海流に手向けて
お祈りをしてきました。

五島うどん、五島牛、五島つばき、
そして海鮮料理、美しい魚と戯れるダイビング
などなど、と五島列島は本当に素敵な場所です。

(ちなみに地元の方から五島杉というのも教えていただきました)

さて、ここはいま長崎から世界遺産登録をと「長崎の教会群とキリ
スト教関連遺産」が動いていますが、このキリスト教会が、五島列
島の新上五島町には29もあり、たとえば、頭ヶ島教会(かしらが
しまきょうかい)は、世界遺産(文化遺産)暫定リストを構成する
教会の1つで、石造りの建物です。

隠れキリシタンなどその当時の時代背景に由来する歴史的価値のみ
ならず、建築物としても観光客を魅了するものがあります。そうい
った意味で、キリシタンの香りが色濃く残るイメージが強い五島列
島ですが、もうひとつ、宗教的な意味合いでも、歴史文化的な意味
合いでも重要なのが遣唐使と五島のつながりから、そう、弘法大師
空海(お大師さま)の存在です。

「いかせいのち」

という総本山金剛峰寺(高野山)のメッセージを旨に、またいたる
ところでお大師様の諸説が五島にはあります。福江島の柏崎には、
現在、空海の「辞本涯」の碑が建っていますが空海が残した書物に
「死ヲ冒シテ海ニ入ル」と、出帆したことを「本涯ヲ辞ス」と記さ
れ、石碑にはその文字が刻まれています。

実際に航海を恐れて、ここから京に戻った人もいるという諸説ある
中、命を賭けてでも当時の世界最先端の「唐」へと、日本の最果て
の地を去るというその空海や遣唐使達の思い「本涯辞」という文字
がここに刻まれています。

さて私は地域再生の仕事をさせていただいてりますが、一番最初に
重要なのは「地域の歴史・文化」を知ることであり、地域の「お寺」
「神社」にお参りにいきなさいと、奈良県吉野郡のある師匠から言
われたのを思い出します。

亡くなる前の父のメモ帳には、仏教やキリスト教を意識した言葉が
多かったように思います。人生の目的とはなんだろうかと常々考え
ながら、一人ひとりとの出逢いに感謝し、人生を掛けるとは何かと
いうことを考え、森林再生・地域再生の仕事に尽力したい限りでご
ざいます。マーケティング統括という名の元に仕事をさせていただ
いておりますが、今回の(福岡と大分の仕事の合間でしたが)五島
の訪問もまた自分の原点に気づくきっかけを頂きました。

読者の皆様に感謝の意を込めて。博多より執筆。

(追伸)

一応ですが、ちょっとだけマーケティングの話を。五島の小さな、
小さな名もなき民宿の話です、今回1泊した新上五島町の小さな民
宿、本当に素敵なお部屋できれいで、料理も本当に五島ならではの
料理で、これで1泊6300円は安すぎる!ところでした。

女将さんから

「東京からですか?
 私は実は横須賀出身なんですよ」

と話が進んだときです。

「ところで、
 この宿は、インターネットでお知りになりましたか?」

と聞いてこられました。こんな田舎の漁村でも、インターネットで
の(顧客接点のヒアリング)マーケティングがあるんですね。
とても関心しました。

実は、私の妹がかつて五島を尋ねたときに、釣りをしている小学生
がいて「どっからきたの~?」と気さくに話しかけてくれ、沢山釣った
魚を、釣れない東京から来た妹に「やるよ」と言ってくれよく話を聞い
たら、「○○屋の息子だよ」と元気よく言ったことで覚えていた。
(つりが上手な息子のいる民宿は美味しいに違いないからと、また
その魚のお礼も込めて、いつか泊まろうと思っていた)ということで、
紹介してもらいました笑。



【写真集】

太古号のフロア
■博多→五島(23時30分→06時00分に上五島の青方へ)

太古号
■太古号

頭ケ島教会1
■頭ヶ島教会 この場所、この造りに感銘を受ける

頭ケ島教会2
■頭ヶ島教会 誰でも入れる

中ノ浦教会
■中ノ浦教会 椿が素敵センスがいい 他にも沢山の教会が拝観できる

RIMG6247_20090907013854.jpg
■街中でも溶け込むエメラルドグリーンの海

RIMG6276_20090907014446.jpg
■いたるところの海がきれいな上五島 (船崎海岸) 

RIMG6257.jpg
■遠浅で、ほんっとに美しい蛤浜 (残念ながら天候やや不良)
 
RIMG6201.jpg
■キレイな魚もすぐ見える

RIMG6197.jpg
■地元の小学生たちがアジ釣りに没頭(こういう子供、こういう風景、が私は好きだ。)

RIMG6204.jpg
■釣った魚を。。。

RIMG6209.jpg
■捌いてくれました。

RIMG6210.jpg
■美味い!郷土料理 箱ふぐ「カトッポ」

RIMG6213_20090907014259.jpg
■おっす。おれ、その辺で泳いでるんで。

RIMG6211.jpg
■ほんっとに地元ならではの料理、朝食も素晴らしかった。@若松島



RIMG6251.jpg
■どうだい、婚活(こんかつ)?「一輝」さん






RIMG6252.jpg
■大将のアイディア。混カツ。エビカツ、ヒレカツ、メンチカツ!コンカツ!?





CIMG0354.jpg
■福江島の弘法大師空海 



RIMG6182_20090907020217.jpg
■竜馬ゆかりの地


RIMG6225_20090907020216.jpg
■そして海が大好きな父へ。
            ありがとう。
 


そして今回も、
また沢山の上五島の皆様にお世話になりました。
ここに書けないほどの感謝をまたお伝えしつつ。
本当に、いつもいつもありがとうございます。

スポンサーサイト
編集 / 2009.08.31 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【平成22年2月に八女市に合併し、なくなる、福岡県星野村にて講演】
カテゴリ: 理念と利益
久しぶりの飛行機。

子供心に美しい空、丸い地球、上海と福岡は、日本のパイロッ
トが操縦を嫌う都市部密集地。ゆえに福岡空港、利便性が高い。
東京都町田の人が、羽田空港に行くのよりも早い時間&車で
楽につく福岡県八女郡星野村。

「ばってん、らくに韓国にいけるとです」

そんな、福岡空港に迎えに来てくださった八女郡星の村役場
職員とは、道中ずっと、地域ならではの裏話に盛り上がり、
空港から1時間20分、話題が耐えなかった。


・黒木瞳は、ここ八女郡黒木町出身だが、
 木の読み、くろ「き」瞳だが、町はくろ「ぎ」町だ。

・地元のイベントに出たり、黒木(八女郡)を応援してくれ
 よく写真を使ったりと地元の活性化に積極的だ

・道中、御茶屋さんが多く、さすがお茶の名山地
 といえども厳しい経営状況と中国のお茶が競合している現実

・八女茶のなかでも星野村産、星野の玉露茶は
 「4年連続農林水産大臣賞受賞」

・玉露茶のつくりかた

・自民党の大先生、古賀誠の聖地。福岡7区。
 道路、道路に、旗を持った選挙応援舞台がいたが
 (こんなの初めて、危機感あるのでは?) 
 →相手は、元八女市長、古賀誠の秘書、野田氏 民主党
 【民主圧勝のなか古賀氏は当選。野田氏も比例で当選。8月31日加筆】

・来年2月に八女市と合併する星野村の村政


(その他、ここには掛けない裏話も沢山頂いた)


さて講演依頼の連絡があったのは約3ヶ月前。

てっきり星野村と聞いたとき、私は、学生時代地域づくりインターンで
お世話になっていた熊本県小国町の江藤館長が、現在、副村長を
されているのを知っていた私。すぐに電話をした。

「江藤さんが、担当課にいって、僕を呼んだんですか?」
「いや、知らんよ!?」

偶然だった。

講演前日の懇親会では、星野副村長が「なんで係長、古川くんを講
師に選んだ?」と聞くと、係長いわく 「いや、林材業サミットのダイレ
クトメールが来ましてね。普通ならポイって捨てるところ、この八女林
業振興研修大会の担当になったもんだから ん?まてよ?これはい
いのでは?とよくDMを読んだら、古川さんに来て欲しいと思って」

必要必然の出逢いに感謝である。
 
本日、学生の地域づくりインターンのころから
お世話になっているゆえに緊張した。

県知事、市町村村長、議会議員、4市町村、4森林組合
筑後地区林業推進協議会、福岡県林業改良普及協会、
など200名ほどが会場に集まった。

・理念と利益
・好きと憤り
・必要性、欲求性、物語性
・顧客志向(自社、顧客、競合を意識して)
・他地域の事例
・西粟倉村の事例

をお話させていただき、
後日からできる7つのことを最後にお話させていただきました。

そのうちのひとつに
「トビムシのホームページ、ブログを見る」
「トビムシ通信」に申し込む等

というのをお伝えしたところ、さっそくにご連絡があった
村議会議員さんがいらっしゃいました。

こういう反応が一番に嬉しいです。

山口議員のブログもご紹介します。
http://ichibanboshi.h-yamaguchi.com/?day=20090827

http://www.h-yamaguchi.com/


正直申し上げて・・・・。

私が「情熱=好き×憤り」「理念なき利益は犯罪、利益なき理
念は寝言という話をした最初にした後です。

皆様、挙手をお願いいたします。

「林業が好き、木が好きな方!」
「・・・・・・」

「森林もつ多面的機能、理念に想いがあり、
  誰にも負けないで森林林業のよさを伝えられる方!」
「・・・・・・」

「いや環境のため、地球のためなんていいから、
 とにかく、木を儲けること、利益が一番だと、
 儲けることに必死だという方!」
「・・・」


私は、講演のこの質問を最初にすることで会場の中で、どの
ような想い(軸)、ベクトルを持っている人が多いかによっ
てその先の話をあわせることにしているのですが
ちょっと反応がなったのです(涙)。

私の話し方(伝え方)が下手だったのですが、
本当にこうやってご連絡&報告いただけることが
本当に嬉しいです。


講演というのは1対多数になるので、色々な御幣もあるし、
結局深いところの接点が作れないのですが、こうやって
ご連絡いただけるだけで幸いです。

副村長ともども、担当課の皆様、本当にお世話になりました。
ありががとうございます、今後とも宜しくお願い申し上げます。

やはり、講演→その後に懇親会という順番がいいですね。

なお、八女地域の皆様、
お聞き苦しい点や伝わりにくかった部分があったかもしれませんが、
ご質問ございましたら、ご遠慮なくご連絡&ご相談ください。

・長期施業委託
・森林認証制度
・共有の森ファンド
・木材のマーケティング、営業

なんでもかまいませんので、お待ち申し上げます。
むろんこの件は、
あくまでこの8月27日に星野村で講演を聴かれた方のみに
ご対応したいと思いますが、せっかくの出会いに感謝して。

今後ともご指導ご鞭撻宜しくお願い申し上げます。

【写真集】
RIMG5887.jpg
■地球の青さと丸さ、その下で何が起こっているのか。

RIMG5894.jpg
■わが国最古の歴史書「日本書紀」に“この地に女神あり、
 その名を八女津媛といい、常に山中にあり”という一節があり、これが八女という地名の由来(らしい)。

RIMG5899.jpg
■ホタルと石橋のまち 八女市上陽町
 4つの石橋。アーチが4→3→2→1と少なくなっていく。

RIMG5904.jpg
■しっかりと植林されている
(皆伐後というより、台風の被害の後の最近の植林がこの地域は多い。
山を諦めない)


RIMG6042.jpg
■これ1本、1本、手で植えた杉。まだまだ樹齢、30年くらいか
 かつては電柱(杉)の産業で栄えた。

RIMG6024.jpg
■星野村の中心地区

RIMG6034.jpg
■色々な緑。
下から、雑草→玉露茶→煎茶→雑木林→棚田→竹林→人工林(杉と桧)


RIMG6041.jpg
■棚田百選にも選ばれている@星野村

RIMG5998.jpg
■池の山荘 星野村 星の温泉館 きらら

RIMG5967.jpg
■素敵な温泉(露天風呂)

RIMG5964.jpg
■お茶!

RIMG6005.jpg
■講演にて。(東京都庁と八女地域の景色)を出して日常と非日常の話をしているところです。

RIMG6006.jpg
■講演にて。(選挙前もあってか)議員さんなども来賓で沢山。

RIMG6022.jpg
■ここです!
Yさん、福岡空港から、うきは市へと二日間、お車ありがとうございました。

RIMG6021.jpg
■星がキレイでした。




編集 / 2009.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【林材業マーケティング経営研究会(林業ビジネススクール)のメリット!】
カテゴリ: マーケティング/営業
本日(8月21日)、第三回マーケティング経営研究会
(林材業ビジネススクール)が開催されました。

小林ブログ ←はこちら。


私からは、個別案件のコンサル&プロデュースよりも、
研究会(スクール形式)がなぜいいかについて書きたいと思います。

それは、たとえば、
家庭教師よりも、塾や予備校がいいところは何かというのに似ています。

それが「参加者同士の競争・鼓舞」というメリットです。


今回で3回目、
ようやく経営研究会が乗り出してきたように思います。




やはりシャイな参加者が多いのでしょうか。

回を重ねて、それぞれに個性がでてきて、質問や意見が出て、
情報提供もどんどん増えてきています。

また懇親会のほうがドンドンと突っ込んだ質問が出てきたりで、
「やはり、懇親会が一番ですね!」
という感想メールを、毎度、毎度に参加者(会員様)から頂いております。


RIMG5850.jpg
■研究会の雰囲気 
 参加者でノートパソコンをご持参している方は
 大阪の会場まで車で3時間以上かけて、
 とある山村地域(製材・加工・木材販売業)から来てくださってます。


参加者は、山林所有者、製材業者、森林組合長(物流組合理事長)、
土木資材製造販売業、地域商社、木材販売業、など業種業界は、
細かく言えば異なりながら、同じ理念の人たちが集まっています。


「ヤフーオークションで山林を買った」

というまったくの異業界の方もこのたび参加。
その中で、嬉しい効果がありました。


参加者の挨拶より
>>>
前回から学んだ、森林多面的機能70兆円を施主さんに説
明し、市場規模からの解釈と、実際の利益とhaあたりの
資産(利益)価値を話し、木材製材プロセスを説明したところ、
施主さんの姿勢がガラッと変わっりました。
>>>

と、研究会で学んだ事例を、営業に使用できたと
報告をしていただきました。


まだマーケティングというのが何かよくわからない。自分の
事業にひとつもピンとこないのだが・・・。

という方もいらっしゃるなか、

私が、

1マーケティングとは定義が存在しない。
2あくまでも、フレーム提示で自分の具体的な業務と照らし合わせて
3利用できるところから、どんどん真似していってほしい

などと、私がお話をしていると、懇親会で、
隣の隣に座っていた参加者の方が

「××さん。今日の話とか、
 すべてが当てはまるとかじゃなくて、
 事業のひとつひとつが整理できたり、
 あ、うちだったら、これのあれが、ここにあたるな
 とかって理解してくんですよ!

 必ず、自分の事業にピンと来るところありますよ!!

 たとえば・・」


と受講者さんが我々の変わりに、
受講者同士で背中を押してくださったりもしてくれています。

メンバー同士、積極的に、質問をし、貪欲に情報収集されて
います。また、現在では、メンバー同士の取引なども一部で
は行われてきて、実利的なよき相関も生まれております。

また、
午前中は某社の個別コンサルを会議室にて行っておりましたが、

「これは経営研究会ではお話できない内容ですから、
   月次コンサルの中で、色々と紐解いてくださいね」

と社長から言われ、あくまでも1対1の対応と、研究会と、
両方をうまく使い分けてくださっております。

こういった場にて、
      個々の情報力、実践力、経営力をつけること。

それが日本の森林・林業・木材業界の再生に繋がると
信じて、お互いに、レベルを高くしていきたいと思います。

皆様、
ご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

(&参加者の皆様、ドンドンと盛り上げていきましょう)



RIMG5855.jpg

■懇親会の雰囲気
 やはりここが一番、利益に繋がる具体的な話も出てくる!


次回は、9月25日(金)です。
初回無料参加(限定5名さま)は毎月行っておりますので
是非、お気軽にお申し込みください。

【無料体験受講 随時受付中!ご希望の方はinfo@tobimushi.co.jpまで】




~おまけ~
その後、私がちょっと発見した大阪のカフェバー。
杉とか木の使い方、素敵です。
RIMG5866.jpg






編集 / 2009.08.21 / コメント: 1 / トラックバック: - / PageTop↑
【地方地域の熱い人財】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【地方地域の熱い人財】

人罪⇒人在⇒人材⇒人財

みなさま、さて、どれですか?

私が一番、感激するのはやはり、地方地域にいらっしゃる
素敵な方との出逢いである。

今日はお二人を紹介したい。

さて、デザインの視点からいう、ブランド構成要素は以下のものがあります。

1ブランドネーム 
2ロゴタイプ
3ロゴマーク
4コーポレートメッセージ
5キャラクター
6コーポレートカラー
7パッケージ
8ジングル

など

それぞれの説明は割愛するが、これらが主なものです。
しかし、これらすべては「商品力」があってこそですが、
中身なくともデザイン優先になりすぎる傾向もあります。

逆も叱りです。

地域・地場中小店は商品力があっても、このデザイン設計の
ブランド(統一性と露出度)に関して弱い。不要かも知れぬが、
最低上記の1つや2つはそろえたいところです。

しかし、商品力も営業力もその大前提に、そもそも経営でどこ
に向かっていくのか?!という戦略上の設計があってこそです。

「理念」というか。
「情熱」というか。


戦略は情熱に従う。

それがないところが多い。
途方にくれてしまっています。

すると前例の物まねだけするために、
前例がないとやらないということろが多くなってしまいます。

最近、こんな話がありました。

「FSC認証にメリットがないと思っている人が多い。
だから、動かない人が多い。

しかしこのまま動かないほうが明らかに、衰退するのみ。
 
確かに、
FSC認証がCOCと連携して、
住宅(出口)まで成功しているところはない!

そもそも、
似たような話で、
他の地域で成功している人の話を聞いて
だったら安心してやっていこうってのが間違ってる。

前例がないからいいんだ!

SGEC認証は15%で認証の家といえる。
FSC認証は基準が高い。

ハードルが高いからやりがいがあるんじゃないか。

それで
業界のスタンダードを作ろうじゃないですか。」


ちなみに上のようなことを言うのは、
私ではありません。

ある地域には、
こういった業界のリーダーがいるのです。

彼と一緒に、その企業と一緒に、地域の再生に関わる
その幸せをかみ締めて、トビムシも利潤最適の筋が見
え、持続可能な社会の構成員となれるのでしょう。

また、もう一人の方。

出逢いとは最初が肝心とはいうが、今回は二度目です。

X市の事業を行うにあたり、地方自治法に照らし合わせながら、
もちろん殆ど頭に入っていながら、その 会計配分、業務委託、随
意契約、入札、など補助(金)事業の 中身を精査し、来月の頭の
、概算要求(国から事業の補助金の 一部基金を頂き、事業を開始
する)の準備を行っていただきました。

その采配を行ったのが、産業観光課長。

過去の経験で、補助事業で行ったWEB作成、ドメイン管理な
ど事業終了後の所有権移転に関するアドバイスも頂き入札時
における、任意での希望業者への事実上随意契約へもって
いく選定方法なども卓越されております。

業務内容を一つ一つ分解し、それぞれの手法を提案さえ
してくださった。 かなり冷静で客観的でテキパキとスゴイ。

本日、特に感激したのは最後です。
本事業について


「やはり、夢を見せましょう。
 
 私たち(役所)も、
 本事業の協議会メンバーですが、
 まだまだ、この事業から見えるべく、構想がみえにくい。

 外部委託者さんも、われわれもですが、
  夢を与えてください。
 
 この事業によって、夢が見えて
  少しでも市民が、山林所有者が、消費者が、
 元気になるように、
 そんな夢を描いてください。」

急に熱くなられた。

行政職員で、「夢」と多く語る方は確かに少ないのです。
補助金事業を、面倒な仕事が増えてイヤがる自治体も多い。
作業が増えるからです。

しかし、

その作業から目的意識を高め、住民に夢を!という視点を
常に忘れていない。熱い、地域の人々からも尊敬される課
長だ。

冷静なる「実務力」と情熱ある「営業力」がある。
両輪がそろっている。

やはり地方、地方に素敵な人材、いや人財がいらっしゃる。

「地方役場はオールマイティでなくてはならない」

川上村役場のインターン事業をやったとき、ごみ処理も、
パソコン処理も、ダム関連のクレーム処理も、倉庫の片付
けも行う。すごい課長がいます。


この業界、
「いいことないんです」
という方が多い中、
「そんなことないんです」という情報を発信し続けるのも
私の仕事かもしれません。








編集 / 2009.08.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【浜松市の企業と森林林業】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
浜松駅の新幹線駅の中二階に、企業の宣伝ブースがある。
YAMAHA、SUZUKI、KAWAIなどの大手企業である。

今日は、新しく刷新されていたのがYAMAHA。いつもは、
ピアノはピアノ、バイクはバイク、住設機器は住設機器と
それぞれに展示があったが、今日は、YAMAHAグループ
全体のブランディングPR。



ヤマハのデザイン

黒へのこだわり
休日へのこだわり


ブランドコンセプトが
物理的デザインとライフデザイン統合。
わかっていながらも、気付かなかった「軸」を見出し、
「オリジナル性」を形に表している。

人を感じさせない空間でありながら、
それぞれに「家族」的なつながりが見えるのは
私だけだろうか。



090808b

090808a


そんな空間に、
大手企業と負けぬほどの
浜松市の企業(産業)も出てほしい。

といえば、旧天竜市の天竜林業である。
(と私は強く思っている)

その準備を着々としているが、
やはり文化的デザインとしては負けぬ歴史があるものの、
知的デザイン、営業PRにおいて弱いのが現実だ。

今日も浜松市の天竜区にて、
山林を守る、育てるひとたちとともに、
いや事務や経理の女性スタッフとともに、
関東からIターンされた若者とともに、社内勉強会を実施した。

これだけの熱意や知力の総和でもってして、
多くの人達に愛される森林・林業地域になれるよう
日々努力している。


090808c


商品力を高め、
営業力を高め、
知識(教養)力を深めて、持続可能な地域・企業・産業を目指す。

私も常に
いろいろとお教えいただきつつ、
このあと、クライアント企業の
お中元争奪、ボーリング大会へと参加。

都市部から通う
「通勤林業」そんな言葉があるが、
すぐ都市圏があり、すぐ山村圏がある。

老舗林業地域でありながら
FSC森林認証の取得をはじめ、
流通の整備など、積極的かつ魅力的な地域、そして人たちが多い。



編集 / 2009.08.08 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ